彼女に疲れました。

コメント:3件 閲覧:3,937人 最終更新:6 ヶ月、 2 週間前 作成者:mikemikeneko

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

彼女に疲れました。
悲しすぎて書いてあることが支離滅裂になりそうです。

半年前から付き合っている彼女がいます。
僕のほうから彼女にプロポーズをし、今月に結婚する話までまとまりました。

彼女は病気のお母さまと二人暮らしで収入も多くはありません。
なので結婚資金は僕が貯めるしかない状況でした。

彼女との交際費は当然、全額自分が出しています。

とはいえ、自分の収入や貯蓄も大して多くありません。
そのため、借金をしなければお金がたりない状況でした。

彼女には自分の収入や貯蓄を話し、資産が少ない旨を伝えていました。
そのため、結婚するうえで必要なものはできる限りお金をかけないようにしたいと
話していました。

ところが先日、2人で外出しているときに彼女から、洋服を買ってほしいといわれました。
結婚を来月に控えていて、資金が少しでも必要な状況なのに、そう言ってくる彼女のことが許せなくなり、喧嘩をしてしまいました。

彼女からは男が出すのは当然のことだと言われました。
確かに彼女の状況も理解しているし、僕が出す必要があることも理解しています。
僕が尽くしていることが彼女には当たり前のことになっているのが、悲しくなりました。

自分の気持ちと彼女の気持ちにギャップがありすぎて、ついていけなくなりました。
もう疲れました。

別れようと思います。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-3件目(全3件)
  • 匿名

    まあ、落ち着いて。
    状況が困窮したときにこそ、冷たい血を通わせることが男としては重要だと思うよ。

    半年という短い期間の交際で結婚に踏み切ろうとしたのは、何か理由があるのかな?

  • 英樹
    英樹
    ココトモメンバー

    冷静になって考え直してみてはどうでしょうか?

    後でなぜそんなことで別れたんだと後悔することになりませんか?

    厳しい時期であっても甘えたくなることもあるでしょう。女心というものを理解
    できていないのではないでしょうか。そのくらいのことでも上手く付き合えないような
    関係であるなら確かにお付き合いするメリットはないのかもしれませんが。

    場数を踏むのは難しいと思うので読書をして主に女性の心について学んでみてください。
    お金のために大切なものを失ってしまうのは本末転倒ではないでしょうか。お金なんていつかは
    消えてしまう湯水の如きものです。こんなものに振り回される現代社会は悲しいですね。
    そのお金が私は好きなんですけど・・・苦笑。

  • 匿名

     mikemikenekoさん、はじめまして。
     とても頑張ってきたのだろうなというのが伝わってきます。
     いくつか感じることを書いていきます。

    >>彼女からは男が出すのは当然のことだと言われました。
     確かに彼女の状況も理解しているし、僕が出す必要があることも理解しています。
     僕が尽くしていることが彼女には当たり前のことになっているのが、悲しくなりました。
     
     男性が出すのが当然というのは、あくまでも彼女さんの価値観であって、それが世の中の絶対のルールではありませんので、そこにとらわれ過ぎて欲しくないなと思います。
     そして、これまでの暮らしの中で、もう、充分に理解を示して行動されてきたのではないかな、と私は感じます。
     加えて、尽くすというよりは犠牲になっているのではないかな?と思いました。犠牲からは良いものは生まれません。苦しくなるばかりです。

     いったん、距離を置くなどして、自分の気持ちをフラットにしてからでも結論を出すのは遅くないと思います。

     最後になりますが、疲れている部分も多々あるかと思いますので、ご自身の好きな事をする時間やリラックスできる時間が作れるといいですよね。

1-3件目(全3件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆