彼氏とのことです

コメント:9件 閲覧:1,072人 最終更新:7 ヶ月、 3 週間前 作成者:mico25

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

現在、つき合って9ヶ月になる彼氏がいます。
その人とは2年前に知り合い、告白を一度は断りましたが、1年ぐらい経ち、再度アプローチをいただきました。それから彼のことをよく知って惹かれていき、二度目の告白を受け入れました。
彼はとても優しくて良い人で、性格もお互いに合って友達つき合いも楽しくさせていただいている状態です。
しかし、母親にとても反対をされています。
理由は、私と彼がつき合い始めたのは、私が大学4年の時で、就活生という大事な時期に言い寄ってきた彼が好ましくないということです。
それに加え、そんな大事な時期に恋愛をすること自体もおかしいと言われました。私自身は、彼に支えてもらったり癒してもらったりしてまったく障害ではありません。しかし母親には、大丈夫であるという結果が出せていないため、伝わることがありませんでした。
恋愛自体も、もう22歳なんだから自己責任でやりなさいと言われましたが、交際には賛成してくれません。結婚も認めないし会わないと言います。
母親は彼に会ったことすらないのに、彼のことを反対をすることが私は悲しいし悔しいです。
自分は分かっていない部分も確かにあるかもしれませんし、大事な時期につき合い出したのは間違っていたかもしれません…
けれど、社会人になって稼ぎも安定して一人暮らしも出来るというところまでいっても、それでもまだ彼とのことを反対されたらどうするべきなのでしょうか…泣
彼は、私の親と会う気はしっかりとあります。お互いに将来のことも考えていて、本当に大好きです。

どんな意見でも構いません。
どうか、よろしくお願いします。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-9件目(全9件)
  • kanariya

    まず、彼氏とは付き合い続けましょう。
    別れるという選択肢がないなら、付き合い続ければいい。
    後々、あの時別れてなかったら・・・なんて取り返しのつかない後悔が残る恐れがありますので。
    今、お母さんは彼氏に対して、大事な娘の大事な時に邪魔をしないで!とお怒りだと思います。分かっておかないといけないのは、お母さんはあなたが憎いわけではなく、あなたが大事だから怒っているということ。そこをよく理解していただきたいです。
    そのあなたを大事に思う、お母さんと彼氏さんの関係が悪いのは辛いですよね。でも、それは時間が解決すると思うのです。
    ここで大事なのが「ほら言わんこっちゃない!」と言われないことです。「だからそんな人との付き合いは認めないと言ったのに」なんて言われないよう、真面目にお母さんを困らせないように生活してください。
    たまに彼氏さんとお金を出し合ってプレゼントを買うとか、旅行に行った際にはお土産を持っていくとか機嫌を取りつつ、うまくいくように努力してください。
    そして、お母さんはあなたが幸せになることを絶対に望んでいます。
    彼氏さんがいることによって、あなたが幸せになっている。そうお母さんに感じてもらえたら、きっと認めてもらえる。のではないでしょうか。

  • mico25

    kanariyaさん
    ご意見ありがとうございます。
    とても納得しました…
    必ず認めてもらえるよう、自身のこともしっかりしつつ粘っていこうと思います。
    本当にありがとうございました!

  • 匿名

    父親は何と言っているのかな?

  • mico25

    tokumeiさん
    コメントありがとうございます。

    父親とは、恋愛話をほとんどしないので特に何も言われていません。
    仮に、先に子どもができてしまったという問題が起こったとしても、ちゃんとその人と結婚すれば良いと言ってくれています。
    しかし父親は父親で、少し難しい問題があるのですが、私の家は宗教に入っています。そのことで父親は、同じ宗教に入ってくれる人じゃないと認めない。じゃないと後々私が苦労すると言われました。
    その宗教に入らなくても、ちゃんと理解がある人なら良い?と聞いたのですが、入ってくれる人じゃないと認めないの一点張りです…
    一方で母親は、この問題については特に何も言いません。理解があって、私が活動しても口出しせず見守ってくれる人なら良いと言われました。
    本当に色々複雑です…

  • 匿名

    彼氏が宗教に入らないと苦労するかどうかは、父親が決められることだと思うよ。
    自分の娘が無用な苦労をすることを望む親はいないはずだから。
    どんな思想を信仰しようとそれは「本人の」自由だけれども。
    それを周囲の人に強要していいということにはならない。

    自分の娘の健やかな人生を望むなら、「こうすれば良いと思うよ」というアドバイスはするものの。
    最終的には娘の意思を最大限に尊重してあげることがとても大事なことだと思うね。

    あなた自身は宗教に対してどういう印象を持ってるのかな?

  • さくちー
    さくちー

    お母さんが大事な時期に恋愛したことをいつまでも根に持つとは、私は思いません。
    私の両親も元々、私と連れの結婚に大反対していました。
    結婚して生きていけるすべがない、といわれました。
    私が精神障害を持っていてバイトすらろくに出来ないこと。
    彼にクレジットカードの返済がまだ残っていて、毎月の出費に少し負担がかかることなど。をあげられました。
    そのほかにも色々な問題があり、上記のことだけでなく、私も認める点は多々ありました。
    しかし、今まで出会った全ての人に感じなかったものを彼には感じたし、
    私が心のバランスを崩して、命を危険にさらしたときも、彼は怒鳴るのではなく的確な対応をして、後日きちんと叱ってくれました。また叱るときに「これからはこうしていけばいいんじゃないかな」とアドバイスもしてくれました。
    それは私の両親にはない、未来への希望を与えてくれる新しい叱り方でした。
    頭ごなしに、「障害のせいにするな!」と言われて育ってきた私に生きる希望のようなものを与えてくれたことを、私は両親への説得の軸としました。
    それから、これは私がそうしたかっただけなのですが、彼と一緒に住むということにこだわりました。
    遠い存在であれば、「家庭の時間を優先しなさい、一緒に住んでいるのだから」といわれることは分かりきっていました。
    私は過去に一人暮らしをしたことがあったため、県境の向こうに住んでいた彼と住むことは不安ではありませんでした。
    ただ、最初は遊びに行って少し泊めてもらうところから、その次はふたりで住居を選んで決めるステップへ、とのぼっていきました。

    とはいえ、その時点で、実は私の両親と彼はすでに顔を合わせていました。
    私が自分の命を危険にさらしたときです。
    そのときは、一番近くにいた彼が対応してくれましたが、両親もかけつけてくれたようです
    (そのときの記憶は曖昧で、よく覚えていません)
    そのときの紳士な対応に両親は驚いたのだと思います。

    両親と彼を引き合わせた私の行為は、許されるものではありませんが、そんな酷い状況の中であれ、人の内面というのは他の人に対して多少曲がってもきちんと解釈されるのだと思いました。

    宗教に関することは私の口からは何もいえません。
    宗教にこだわる親、学歴にこだわる親、家柄にこだわる親、
    結婚に限らず言えば、相手の性別にこだわる親もいるかもしれません。
    しかしそれでも、子供は相手にぞっこんなのです。
    なにかしら、相手の内面に惹かれる部分があるからこそ好きだし、付き合っているのだと思います。

    長くなりましたが
    反対されたらどうしたらいいか? という投稿主さんの最後の質問に対しては
    諦めずに交際を続けて、親の批判ばかりでなく良い面も交えながら、交際相手の方と作戦を練る
    のが一番かと思います。

  • mico25

    tokumeiさん
    お返事ありがとうございます。

    確かに、入っている宗教に関しても父親の方が詳しいのでそこは否めません…
    最終的に自由だというのも確かなのですが、ずっと行っていたものを途中でやめることに罪悪感を感じてしまうんです。罰が当たるのではないかと…
    できれば、大丈夫ならやめたいなと思ってしまっているので…

    宗教自体というより、自分の入っている宗教に対してなんですが、人生の勉強ができる貴重なものだと思っています。

  • mico25

    さくちーさん
    コメントありがとうございます。

    お聞かせくださりありがとうございました。やはり、恋愛も十人十色なのだと実感しました…
    そして、諦めないで続けるという粘り強さも必要だと改めて分かりました。
    彼を好きで、別れないで続けていくという選択肢を選んでいるのは間違っていない自信がつきました。
    また、さくちーさんが言ってくださるように作成も考えていこうと思います…
    ありがとうございました。

  • 匿名

    思想信条の自由はこの国の場合、基本的に個人に帰属しているよね。
    なので宗教に関して言及するつもりはないのだけれど。
    個人的な経験上、人が本質的に「前進」「変化」「進化」するときというのは。
    意識的でないにしろ、必ず何かを「捨てている」と思う。

    人はもともと変化を嫌う生き物だし、既存の居心地のいい習慣に安住し続けるのも。
    ひとつの正しい生き方なのかも知れないけれど。

    まあ、最後の2行が書けるなら他人がどうこう言うことではないね。

    がんばって。

1-9件目(全9件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆