アイディ

理解できない。

コメント:58件 閲覧:6,983人 最終更新:8 ヶ月、 3 週間前 作成者:アイディ

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

私は、少し前までアイカツというゲームをやっていました。
ずっと県内トップでしたが、ある時廃人プレイヤーが現れ、1位の座を取られました。

それだけでなく、ツイッターでも負けました。
ツイートしたときの反応の数で。
私が大会に優勝したツイートをしても少ししか反応がなかったのに、廃人にはたくさんあった。あと、フォロワーの数でも負けました。
勝てないならゲームをしても意味がない。強い敗北感から、アイカツをやめました。

前置きはこのくらいにして、ここからが本題です。
私にはアイカツをやっている友人がいます。
その友人、ゲーム弱いのに、全国ランキング100位以内に入った人にだけもらえる賞品を目指して、課金までして頑張ってました。
無理に決まってんのに…。結果無理でした。

勝てるはずがないのに、頑張る理由が理解できないです。
結局、ランキング入れるのは廃人だけ。なのに、それに挑もうとする友人の気持ちが理解できないです。

負けると分かってる勝負するなんて、理解できない。
大会もそう。友人、弱くて大会に優勝したことないのに、それでも大会に参加する。なんで勝てないに決まってんのに戦おうとするか、理解できないです。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-20件目(全58件)
  • アイディ
    アイディ

    結局、強い奴だけがなんでも手に入れ、弱い奴は消えるしかない。でも、なんで戦おうとするの?わからない。

  • アイディ
    アイディ

    あとさ、そもそも、友達って何?
    ふと思った。私は友人にたくさん与えているけど、友人は私に何も与えてくれない。
    友人のために、車出したり、強いカード貸したり、欲しがってるカードをタダであげたり。でも、友人は何も返してくれない。

    ツイッターだって、別アカで喋ってばかりで、おまけに私のことをフォローしてくれない。

    てか、たくさん構ってくれるフォロワーがたくさん欲しい…

  • 匿名

    強い人には手に入れられないものを見つけたら、その答えが分かるんじゃないかな?

  • アイディ
    アイディ

    強い人には手に入れられないもの?
    うーん…。そんなもの、ないイメージしかないです。
    強ければ周りから賞賛される→仲間が増える→ツイッターでもフォロワーが増える→チヤホヤされる→孤独じゃなくなる→幸せ。

    強ければ優越感を得られる→自分がトップになった気分になる→幸せ。

    とりあえず、得られたらどうなるかを書いてみました。
    私が欲しいのは、友達…。与えるだけじゃない友達。なにかをしてあげるだけじゃない友達。

    強ければ注目される。ツイッターでフォロワー増える。友達できる。私のツイートにたくさん反応してくれる。あの廃人よりも、たくさんリプやいいねがもらえる…

  • 風草
    風草

    アイディさん、こんばんは。
    とても可愛らしいプロフィール画像を拝見し、前回もゲームのことでご相談されていたことに気付きました。
    たくさんの意見をいただけたことで、色んなことに気付くことができたご様子でしたね。
    ゲームに挑まれる友人の気持ちが理解できないとのこと。どう考えても、理解できないとお考えでしたら、無理に理解しようと考えなくても良いのではないかなと、私は思いました。
    でも内容を拝見させていただき「賞品を目指して、課金までして頑張ってました。」と
    いう文章を見て、アイディさんは、とても友人思いの優しい方なんだなと感じてしまいました。
    「理解はできないし、無理に決まっているのに・・・。」と思っていても、それでも課金し賞品を手に入れようする友人の「頑張り」は認めていた、アイディさんの優しさを感じました。
    アイディさんが感じたように、この世界には「どう考えても理解できん!」と思う人達がたくさんいます。
    しかし、理解はできずとも相手が「どんなことを考えているのか」を知ることはできます。
    その方法は「直接、本人に聞くこと。」です。
    どうして、全国ランキング100位以内に入った人にだけ貰える賞品を課金してでも挑むのか?勝てるはずもない勝負に挑むのか?を本人に聞いてみれば良いのです。
    もし聞いて「それでも理解できない!」と思っても、それはそれで良いと思います。考え方はその人の自由、行動することも自由です。負けると思っていても、参加することに意義がある、または参加することが自体が楽しいと思っている人もたくさんいます。
    分からない、理解できない。それでも知りたいと思うなら、直接本人に聞くことです。そうすることで、答えは返って来ると思いますよ。
    理解できないことを理解できないで終わろうとせず、どうしてだろうと考えられるするアイディさんの探求心に、敬服いたしました。こちらで、更に色んな意見が聞けると良いですね。
    最後までお話を読んでくださって、ありがとうございました。

  • 風草
    風草

    お話が進んでいると気付かず、コメントをしてしまい大変失礼いたしました。
    的外れなコメントだと思われた際は、私の話はスルーして下さいね。

  • アイディ
    アイディ

    お返事、ありがとうございます。
    実は今日、友人に直接聞きました。そしたら、「無理だとわかってても、やってみたかった」と返ってきました。強い奴ばかりいる大会に出るのも、同様の理由、とのことでした。

    わかるような、わからないようなです。

    あと、私は友人に優しくないですよ。だって、実は今、ちょっと友人にムカついてます。何かあったわけじゃないんです。ただ、何か自分は相手のためにいろいろしてあげてるのに、向こうは返してくれない…

    それにちょっと嫌気がさしました…

  • 風草
    風草

    アイディさん、こんばんは。
    こちらこそ、コメントを読んでくださってありがとうございました。
    ご友人に直接、答えを聞かれたのですね。ご友人が答えてくれたこと、それが「答え」でしょう。この答えに対して、アンディさんが思った考えや気持ちも大切になさって下さいね。今は分からなくても大丈夫、ただ話を聞いた通り「友人は、無理だと分かっていても、やってみたかったんだなぁ~」と考えるだけで良いのです。答えは、たったそれだけ。他には何もないのです。ただ、相手が教えてくれた言葉に対して、自分の感情や考えで着色せず、相手が話したありのままの言葉だけ受け取っていきましょう。
    そうすることで、そのうちに「あ、もしかして今のが、友人がいってたことなのかな?」と理解できるようになっていきます。
    また、ご友人に対して苛立ちを感じていらっしゃるのですね。コメントを拝見いたしましたが、車を出してあげる、強いカードを貸してあげるなど、献身的な対応をされていたのですね。
    ここからは、私がアイディさんのコメントを拝見して感じたことなので、もし的外れなことをお話ししていたら、無理に読まれる必要はありませんので、スルーなさってくださいね。
    アイディさんのコメントの中に「チヤホヤされる→孤独じゃなくなる」と書かれているのを拝見しましたが、その孤独からの恐怖から、今のように必要以上に相手に献身的な対応をされてしまうのではないかと感じました。
    しかし、相手は自分の求めている愛情を向けてくれない。おかしいじゃないか、私はこんなに尽くしてるのに、どうして皆は私を愛してくれないの?!と、周りに対して怒りをあらわにしている。その状況が、今のアイディさんのように思えてしまうのです。
    孤独なのは寂しいですよね、とても怖いですよね。このような気持ちは、皆が持っていますし、もちろん寂しさや孤独を感じることは、悪いことではありません。
    アイディさんは、探究心や考える力が備わっている方とお見受けしました。もし寂しさや孤独を感じている気持ちがあるなら、ご自身の中で強化されてしまっている孤独感や寂しい気持ちと、ゆっくり向き合ってみられてはいかがでしょうか。そうすることで、ご友人への考え方が少し変わってみえるようになるのではないかなと思いました。

  • アイディ
    アイディ

    仰る通りです。孤独の恐怖から、そういう態度をとります。

    友人を失うのが怖い。だから、何でもする。
    でも、もうすぐアイカツのゲームがリニューアルするみたいで、キャラクターが一新されたら友人はゲームをやめると言っています。

    そしたら、車を出す理由がなくなって、もう会うことも無くなるような気がします。それが一番怖いです。

    私としては、ゲームが無くなっても一緒に遊びたい。
    でも、友人はそうしてくれないかもしれない…

    車出すし、買い物付き合う。ご飯奢ってもいいから、一緒に遊びたい…
    これが正しいやり方ではないのはわかってますが、失うのが怖いです…

  • アイディ
    アイディ

    そもそも、私は友達が欲しかった。だからアイカツでずっと一位を守ってきた。
    一位になる→注目される→声をかけられる→友達ができる。
    こうしたかった。でも、廃人プレイヤーに奪われた。
    廃人プレイヤーは注目され、県内プレイヤーたちとオフ会してる様子をツイッターに上げてた。
    正直、腹が立った。私が欲しかったもの、全て手に入れて…
    一位の座も、仲間も、フォロワーも、反応も、すべて持ってる。
    私も欲しかった…

  • 風草
    風草

    アイディさん、こんばんは。
    アイディさんのお気持ち、拝見いたしました。まるで、過去の私を見ているような気持ちになりました。
    実は私も、アイディさんと同じく一位になる→注目される→友達ができるという考えを持っていた時期がありました。
    私の場合は、絵を描くことでありがたいことに何度か優勝しました。当時は、周りの友達や大人も私の絵を称賛し、注目の的でした。
    私自身、人見知りが激しく友達も少なかったものですから、「こんな私でも、絵を書いて優勝すれば人気者になれるし、こんなに人が私の周りに集まってくれるんだ!」と考えてしまったのです。
    当時の私は、姉と自分を比べられることから、家族から愛情を感じることありませんでした。自分の中に抱えていた寂しさと孤独感を、気付かずに外の世界へ向けてしまいました。そうすることで、周りの人達に愛情を求めるようになってしまったのです。
    「もっと私の事を見て!私の存在に気付いて!私の寂しさを誰か気付いて埋めてよ!」という気持ちが、ドンドン溢れてしまったのです。
    優勝しているときは、自分の欲しいものが手に入り大満足です。しかし、優勝し続けることは現実的に難しいものがあります。そのうち、ドンドン他の子達が優勝し、私の存在は薄れていく。周りの人達全てが、他の子達に取られたような気持ちになり、嫉妬心で相手に怒りを感じました。
    その後、私は絵を描くことから引退しましたが、他人から愛情を受けるために目立たないといけない、注目されないといけないと考え、必死で色んなことに挑戦しましたが結果はダメでした。
    こんなに頑張っても報われないし注目されない、愛されない、もうダメだ。こんな人生終わらせてやると考えたこともありました。
    自分の気持ちが限界に達した時、自分が本当は寂しかったんだと気付き、本音を言った瞬間に肩の荷が一気に軽くなったのを覚えています。
    しかし、周りはこんな弱くて一番ではない自分には注目してくれないと、孤独への恐怖感が、同時に湧いたんですね。
    でも、そんな心配は気にすることがありませんでした。こんな弱くてダメな自分でも、心から心配してくれる人が一人いました。たった一人なんですが、私は注目され、たくさんの人達の絶賛の声や視線よりも、その人の温かい一言や、見守ってくれた優しさにくれたことに救われたんですね。
    「こんな温かい気持ちになれる、人との付き合い方があったのか」と、その時になって初めて知りました。
    そこまで気付くのに、お恥ずかしい話ですが10年以上かかってます(笑)もちろん、今でも時々「あー!なんか寂しいなー!」と思うことは多々あります。でも「まぁ、寂しくても飯は食えるし、好きなゲームもできるし。寂しい気持ちのまま、のんびりしてていいか。」と思えるようになりました。
    人気がなくても、一番にならなくても、人は集まります。類は友を呼ぶというように、結果や情報で注目されたいと思う人の元には、同じように結果や情報が知りたい人達だけしか集まりません。
    自分の知りたい結果や情報が無くなれば、人は離れていきます。
    ただし、自分を大切にしている人達や、人の為に何かしたいと願う人達の元には、同じ気持ちの人達が集まります。
    どうしてかというと、同じ気持ちを持っている人達の元にいると安心できるからです。
    一緒にいても不安になる、恐怖を感じる場合は「自分には合っていない場所にいる」と考えてもいいかもしれませんね。
    また、相手の世話ばかりしているような気分で、自分は損ばかりしていると考えるときは、「相手のために自分ができる限界を超えている」可能性があります。
    自分に無理をさせていれば、しんどくなるのは当たり前です。まず、相手のために、自分はどこまでなら無理なくできるのかを考えることです。
    またアイディさんが思われいる「ゲームが無くなっても一緒に遊びたい」という素直な気持ちを、相手に伝えてみるのもよろしいかと思いますよ。
    自分ができる範囲で、相手に尽くしてあげた結果、相手が離れてしまったとしても、それは仕方のないことです。
    相手には相手の自由がありますので、相手の自由を尊重しましょう。
    寂しさや孤独感は、自分の本心や本音を隠してしまう程に強力な力です。そんな気持ちと上手に付き合えることで、自分や相手の弱さを受け入れることができるようになり、優しさを持って自分自身や相手と向き合えるようになりますよ。
    今までとのご友人達とのお付き合いに正しい、間違っているという判断はありません。ただ、分かることはアイディさんが今日まで頑張られたということです。
    その頑張りは、どうぞご自身で認めてあげましょうね。これからは、どうぞ自分の無理のない範囲で、ご友人と向き合ってみてはいかがでしょうか。

  • 珈琲

    一位になる→注目される→声をかけられる→友達ができる。ずいぶん他人任せですね。奪われたというより何も持っていないじゃないですか。自分の好きなものを全力で極めようとして何がいけないのですか?彼らには彼らなりの辛さや事情があるかもしれないのに、アイディさんだって最初は好きでやってたのではありませんか?
    誰にも他の人を廃人と呼ぶ資格はありません。
    何故気づかないんですか?一位になれば注目されるかもしれません。だけど、声をかけられるわけではないでしょ。もし、声をかけられたとしても今の友人と同じくあなたのカードにしか興味はない。そんな人と関われば、身帰りもないに決まってます。長く続かない。他人任せで行動してたら、タイミングなんて計っていたら、一生チャンスなんてありません。
    アイディさんが一方的にやるだけでは、受けている側はただやってもらっているだけ。それはあなたが求めてる関係じゃないはずですよ。

  • 珈琲

    自分の求めているものを見失わないでください。失う恐怖に惑わされないでください。

  • アイディ
    アイディ

    風草さん
    そうでしたか。同じ風に思ってたことがあったんですね。
    私も、そうやって、孤独を埋めたかったんです。
    友達もいません。そして、自分から話しかけるのも苦手なので…
    自分から話しかけるのが苦手、ならどうするか?
    だったら向こうから話しかけてもらえるような人間になる。
    それで行き着いた先がゲームの一位でした。
    近隣の小学生達の間でも有名人になってたみたいで、すごく嬉しかったです。

    友人には、ゲームが無くなっても一緒に遊びたいという気持ち、ちゃんと伝えます。なんか、縁が切れるような気がしてなりませんが…
    でも、そうしないと自分もスッキリしないです…

  • アイディ
    アイディ

    珈琲さん
    人任せかもしれません。でも、自分から話しかけるのも苦手です…
    どう話しかけていいかわからない。友達ができてもどう接したらいいかわからず、続かない…
    おまけに相手が自分より少しでも優位に立つと腹がたつ。
    だから、相手から話しかけてもらえる人間になろうと、注目を集めることにしました。

    あと、私の欲しいもの。やっぱり友人です。
    でも、作り方がわからない。もう、お金払ってでも友人を得たいと思ったことすらあります。
    心はなくていい。お金払って孤独が消えるなら、いくらでも払う。
    どうせ心のある友人は得られない。だったらお金払って満たしてもいい、そういう思いすら出てきました。

    あと、ツイッターでの反応も欲しい。たくさんのフォロワーが欲しくて、そういう掲示板に書き込んだりもしました。

    どうやって友達を作ったらいいか、本当にわからないんです…

  • 珈琲

    アイディさん、心のない友人は友人とは言いませんよ。友人が欲しいのに友人じゃないものと関わっている。そういうの何もしていないと言うんです。フォロワーが欲しいなら友人を作ったりする。でも、友人じゃないものと関わっている。それならフォロワーも増えません。
    孤独を経験しているのに、何故分からないんですか?
    人と関わりたい、自分を知って欲しいという気持ちを貴方は人一倍知っているはずなのに。なら、相手も同じ気持ちでしょう。何故関わるのか、何故人は話すのか、その根底には、自分を知ってもらいたいや自分の楽しさを共用したいという気持ちからです。
    なら、自分の感じたものを話し、そして聞く。そういうことを多くの人とやることによって友になってゆくのです。ゲームだけじゃない、職場だって昔の旧友だっていいでしょ。

  • アイディ
    アイディ

    自分の感じたものを話し、聞く…
    それが苦手かもしれません、私。特に聞く方。
    だから、そこを治せば、道が開けるかもしれません。

    孤独を埋めたかった、ずっと…
    一緒にいてくれるなら、心はなくてもいいと思ってた…
    それが正しいことではないとわかっていても…

  • 風草
    風草

    アイディさん、こんにちは。
    前回のコメントでは、自分の話しを長々としてしまい、大変失礼いたしました。読むことで疲れさせてしまっていたら申し訳ございません。
    まず、ハッキリ言いますが何をどうしても「孤独」というものを消すことはできません。ずーっと付き合いながら生きていくことになります。孤独の恐怖を消そうと、どんなことをしても消えません。一時的に孤独を感じなくなるときもありますが、また何度も出てきちゃうんですね。でも、この孤独っていうのは悪いものではありません。孤独を感じるからこそ「人のありがたみ」が感じられるんですね。人の優しさや温かさに触れて、人と一緒に過ごし、人と一緒に生きることで自分が満たされていくことを知ることができるんです。
    アイディさん、あなたはもう自分でも気付かないうちに、その「ありがたみ」を味わっていたのかもしれませんね。味わってしまったことで「あの時の心地よさを、もう一度味わいたい!」という気持ちが強くなってしまったのかもしれません。
    「そんな思い出はない」と思われるかもしれませんが、もう小さい頃から誰しも人の温かさや優しさに触れてるんです。そう、赤ちゃんの頃からです。
    お母さんの胸に抱かれて育つ、あのぬくもりと優しさを既に味わってしまってるんですね。なので「人と関わること=孤独や寂しさ」は、なんとセットで付いてきちゃうんです。なんか「ポテトも一緒についてきます!」っぽい感じで書いてますけど、残念ながらセットメニューなのでついてきちゃうんです(笑)
    ここで「孤独から逃げられないのか・・・」と悲しい気持ちになるかもしれませんが、孤独になる悲しさや寂しさを知ることで、人とのご縁が増えていきます。
    コメントにも書かせていただきましたが「孤独や寂しさは、皆が持っている」んです。だからこそ、人は「孤独と寂しさを埋める為に、人と関わっていきたい」と思うんです。ただ、その人との関わり方を見誤ってしまうことで問題が生じてしまい、自分や周りの人達が傷付く方向へと進んでしまうんですね。
    アイディさんは、自分でも気づいていないのかもしれませんが、人に対する優しさや温かさを知っているんです。また、そんな気持ちを相手に与えたいという思いも持っているのかもしれません。
    しかし、何かがきっかけでその気持ちを抑えてしまったことで「与えたい立場から、与えられる立場」を選択したことで、辛い思いをされているのかもしれませんね。
    これは私の勝手な想像なので、勘違いでしたらスルーして下さい。
    与えられる立場に立つと、周りから色んなものが与えられるので楽です。でも、与えられる立場というのは「相手の都合」に合わせないといけません。
    ゲームで1位になったのは、アイディさんの頑張りと努力があったからこそです。しかし、注目される、声をかけられる、というのは「相手の都合」です。アイディさんに注目することも、声をかけようと思うことも、相手の都合で決まるものです。
    そんな相手の都合ばかりに合わせていると、自分の自由がドンドン奪われてしまい苛立つのは当たり前です。
    そこで相手に当たっても、相手にとってはいい迷惑です。相手がもし自分に何かを強制することで自由を奪われている状態なら話は別です。
    しかし、相手は自由に自分の好きなことに熱中している。束縛されている訳でもないし強制されている訳でもない。それなのに、相手に対して怒りや苛立ちを感じているなら、それは「与えられる立場」に立って生きている証拠です。
    この機会に、勇気を出して「与える立場」に立ってみませんか?話すことが苦手でも構わないんです。
    人に優しさや温もりを与える方法は、あります。無理に献身的に相手にお金や物をあげなくても、こちらの掲示板で皆さんが行っているように「話を聞いてあげる、相談にのってあげる」だけでも、十分なんです。
    相手の話を聞いてあげるだけでも、相手にとっては十分にありがたいことなんですね。実際、現状のアイディさんのお話を親身に聞いてくれる人達も、いたじゃありませんか。注目されずとも、1位にならずとも、こうやって自分の弱みや寂しさを勇気を出して話すことで、話かけてくれる人達もいるんです。
    相手に過剰に献身的に勤めずとも、話を聞いてあげるだけでも相手に自分が持っている優しさや温かさを分けてあげることもできるんですね。
    人と本気で関わるのであれば、自分の孤独や寂しさと本気で向き合うことです。それを知った上で、相手も同じ気持ちを抱えていることに気付くこと。そして労わってあげることです。
    少しお返事が遅くなってしまいますが、また何かお話したいことがありましたら、是非聞かせて下さいね。

  • アイディ
    アイディ

    話を聞いてあげたりする、それがちょっと苦手です、私。
    悩み相談された時も、どう答えたらいいかわからないんです。
    相手の納得いく答え、出せなかったり。
    世間話ぐらいなら聞けますが…

    あと、誰と話したらいいか、どうやって話しかけ、何を話すか。
    どうやって話を続けるか、考え出したらキリがないです…

    聞いてあげることならできます。でも、そもそも私に話しかける人はいない…。だから聞くにも聞けない…

  • 風草
    風草

    アイディさん、こんばんは。
    お気持ちを聞かせてくださってありがとうございました。
    お話を聞かれることが苦手とのことですが、世間話ができるだけでも十分ですよ。また、相手の話しで答えが出せなくても大丈夫です。相手の話で分からないことがあれば、素直に聞けばいいのです。アイディさん、完璧な人間というものはこの世にはいませんよ。自分の話すことや考えが、全ての人間に受け入れてもらえると考えると、どんどん辛くなりますよ。この世は色んな人がいます。人の考え方は十人十色、むしろ受け入れてもらえる方がありがたいと考えた方が気が楽になります。
    また自分の考えや気持ちを話した結果、それが相手に受け入れてもらえなくてもいいんです。受け入れるか、受け入れないかは相手次第、相手の自由なんです。大切なのは「その場しのぎの考えや思いではなく、自分の気持ちや考えを素直に相手に伝えること」です。それだけで十分なのではないでしょうか。
    答えが分からなくても、相手が目の前で泣いているなら傍にいて優しく抱きしめてあげる。笑っているなら一緒に笑ってあげる。話すことや聞くことが苦手でも、傍にいてあげることで安心を与えられるのではないでしょうか。
    また話すことが苦手、聞くことが苦手という素直な気持ちを相手に話してもいいのですよ。
    「話すのが苦手だから、うまいこと言えないけどごめんね。」と素直に話すことで、自分も落ち着きますし、相手も理解してくれるかもしれません。
    それができるようになるためには、アイディさん自身も含め、皆が孤独と寂しさと戦っていると理解することが大切なんです。
    また「話しかける人はいない」と考えるのではなくて「誰かが話しかけてくれたときは、話を聞いてみようかな。」ぐらいの気持ちで良いのですよ。自分に話しかけてくれた人には心から感謝して、話を聞いてあげる。自分の素直な気持ちを話す。もし、それでご縁がなくなってもそれは相手の自由です。気にすることはありません。
    ちょっと話がそれてしまって申し訳ございませんでした。
    聞き方、話し方のテクニックが欲しいと思われた時は、インターネットや専門書などを見て、実際に試してみてはいかがでしょうか。
    アイディさんも、ゲームで1位を取られるまでは、きっと色んな情報を集めてゲームで実践されていたと思います。
    その経験を今度はゲームの世界ではではなく、アイディさん自身で色んな知識を身に付けて実践されてみてはいかがでしょうか。
    話し上手の人、聞き上手の人達のテクニックで学んで実践することで少しずつ自信が付いてくるかもしれません。
    自信が持てれば、話しかけてくれる人を待つだけではなく、自分から話しかけていくことができると思いますよ。

1-20件目(全58件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆