義理の子供

コメント:1件 閲覧:245人 最終更新:2 ヶ月、 1 週前 作成者:mi8989

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

去年、連れ子3人のいる旦那と結婚しました。
結婚前2年程同棲もしており、子供達みんな喜んでくれていたので結婚したのですが。。
真ん中の長女(小5)をどうしても好きになれません。むしろ嫌悪感が酷いです。
声も話し方も表情も…全てが気に食わなくなり悪循環です。
毎日毎日反省してもっと愛情を注ごうとは思っているのですが、拒否反応というか何というか…
本人が気付いたら可哀想と思い、他の2人にもそっけない対応になってしまいます。
もちろん手などは上げませんが、冷たいお母さんだなぁ。。いつもイライラしてるなぁ。と感じてるんじゃないかと思います。
主人にも何度か言っていますが、どうにかなる。の返事しか返ってきません。
毎日毎日、朝起きて顔を合わす前、学校から帰ってくる頃、憂鬱で仕方ありません。
どうしたら嫌悪感がなくなるのでしょうか。
早く成長して出て行ってくれるのを待ち続ける毎日です。。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

replies 1 (of 1 total)
  • usako

    こんにちは(^^)

    私自身、母親が父親の連れ子のことで悩んでおりましたので、他人事とは思えずにコメント失礼します。

    的外れかもしれませんし、私の意見が全てではないこと、ご理解いただいたうえで読んでいただければ嬉しいです。

    まず、ご自分を責めないで欲しいということ。自分の実の子でも憎らしく思うことがあるといいますよね…? なぜ憎むという感情が生まれたのか、そのきっかけは何だったのか、同棲なさっていた2年間はどうだったのか、本当に子供が全面的に再婚に賛成し大喜びしていらしたのか。それが文からは分からないので何ともいえないのですが…。
    その前提の上で、すごく辛辣になるかもしれないけれど…
    まず、子供は親を選べません。離婚、再婚などで大きな変化や衝撃を受けるのはまず子供です。
    同棲期間は言葉は悪いですが、おままごとであり、結婚ののち家族となると、おままごとだけでは済まない、現実が見えてくるのかもしれません。結婚とは、嫌なことでも責任が発生するから。
    大人は自分の意思次第で、親兄弟と絶縁もできますし、交際や結婚で新しい家族を選ぶことが可能です。
    極端な話、mi8989さんがご主人と離婚すれば、今の苦しさや辛さ、上手くいかない悲しみから逃れることは可能です。
    しかし、子供はそうはいきません。お子さんが大人にならない限り、半強制的に家族と一緒なのです。

    長女さんは小学5年生とのこと。私も覚えがありますが、この年の女子は大変です。
    もしかすると、伝えたいことがあるかも知れない。けれど、お母さんであるmi8989さんと上手くいきたい… そのために、話していないことも多いかもしれないです。
    例えば、mi8989さんがやっていることと娘さんのしてほしいことがすれ違っているかも知れない。 何か学校で再婚家庭のことをからかわれたのかも知れない。  

    mi8989さんが苦しんでいるのと同様、長女さんも何かに苦しんでいるかも知れません。
    お互いが苦しい思いを抱えた状態で家族になってゆくのはお辛いことと思います。

    一度、長女さんとお二人だけでお出かけしてゆっくりお話しするというのは無理なことでしょうか?
    二人で奮発して美味しいものでも食べたり、可愛いものを買ったりすれば、息抜きが出来るかもしれないですよ(*^^)v それと、可愛い秘密を共有するとか。「ここに来たのは内緒だよ」とか。
    そのうえで、お互いの気持ちをお話しすることもいいかもしれません。

    mi8989さんは頑張りすぎて休養ができていないのかも。
    長女さんも含め、お子さんたちと長い年月をかけて親子になってゆくのもいいかも。
    いきなりじゃなくていいんですよ。

replies 1 (of 1 total)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆