自分が情けない…

コメント:5件 閲覧:2,375人 最終更新:5 ヶ月、 2 週間前 作成者:kiiisuke

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

私は中学生の時に不登校になりました。
現在は19歳です。

さすがに将来のことが不安になってきて、でも何をしたらいいのかも分からなくて…
同い年の子たちはもう働いていたり、夢に向かって頑張っていたり
そうゆうのを見ていると自分は毎日何をやってるんだろうって泣きそうになります。

私には大好きな芸能人がいるのですが、
働きもしないでその方のライブに行ったりしている自分がなんか情けなくて…
でも運良くこの悩みをその大好きな芸能人の方に聞いてもらえる機会があり、
「〇〇ちゃん焦らなくていいよ、大丈夫だよ。」って優しく励ましてもらい元気はもらえたのですが
やっぱり心のどこかではまだ悩んでいる自分がいて。

どうしたら気持ちが楽になるんでしょうか?(TT)

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-5件目(全5件)
  • JUN
    JUN

    こんばんは。
    中学生のときに不登校になったんですね。高校には進学したのか、高校は不登校だったのか、高校は卒業したのかというところまでは今の段階では私にはわからないのですが、今は働いていないということなんですね。そして、将来自分は大丈夫なのかどうか不安に感じていらっしゃる。そんなときに好きな芸能人から励まされたものの、根本的な不安はどこか残っていると感じている。そういう感じで合っていますでしょうか?
    実は私も長期の不登校の経験があります。授業や人間関係でとても苦労しました。しかし、なんとか大学に進学したり、働くことができました。
    今は具体的にはどのようなことに不安がありますか?たとえば、人間関係、学校生活、進学、アルバイト、就職などが考えられると思うのですが。

  • kiiisuke

    中学2年の時に不登校になり、高校も大学も行けていません。
    大好きな人から励まされても頑張ろうと思えない自分も情けなくて(´;ω;`)
    このままではいつまでたっても自立できなくて社会に出れる日が来ないんじゃないかって不安が頭の中をぐるぐるしています…。

  • JUN
    JUN

    こんばんは。
    中学2年のときから不登校で、それからは高校や大学にも行っていないんですね。また、励まされても頑張ろうと思えない自分に情けなく、悲しみも感じていらっしゃる。社会に出て自立する、つまり自分で働いて自分の生活費を稼げるのかということが不安で悩まされている。そういう感じでしょうか。
    具体的にどういう状況になったら、その不安はなくなりそうですか?

  • kiiisuke

    はい、そんな感じです。
    どうやったら不安がなくなるのかもよくわかんなくて…。
    焦りと不安でいっぱいです( ;∀;)

  • JUN
    JUN

    ご返信ありがとうございます。
    どうすれば不安がなくなるか自分でもよくわからない状態なんですね。焦りも感じますよね。
    興味のあることに関わる過程で社会に関わりを持たれたら、自信が少しずつ付いて不安も和らぐかもしれないですね。どう思いますか?
    たとえば、ゲームやアニメが好きな人な場合は、Twitterでその話題について誰かと話すとか、コミケに行くとか、オフ会に参加するとかしていく訳です。そして人との交流に少し慣れてきたら、漫画喫茶やイベントスタッフのアルバイトをしてみる。しばらくしてゲームのクリエイターになってみたい、あるいは声優になってみたいなど思うかもしれません。そうしたら専門学校に通って専門技術の勉強をしてみる。そして就職、あるいはフリーの個人事業主で働く。たとえばこういうプロセスが考えれるかもしれません。これはゲームやアニメが好きな人の場合の例ですけどね。こういうように今自分にできることを一つずつ行なっていくと自信が持てるようになると思えませんか。

1-5件目(全5件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆