長文失礼します。

コメント:5件 閲覧:3,622人 最終更新:4 ヶ月、 1 週前 作成者:Latto

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

私の悩みは家族にあります
自分1人では辛く、相談するあてもないので
すべて書いてしまおうと思います

中1の弟、高1の私、高3の姉、母
という家族構成で、父は約二年前がんで他界しました

父はほぼ仕事で、家にいる時はずっとパソコンに向かいゲームをしていました
怒るととても怖かったです
暴力をふるい、家具を壊したりしました
母は痣をつくっていたこともありました
私は思春期に裸のままで殴られ、蹴られ、投げ飛ばされたりもしました
そんな父のせいか、怒鳴り声を聞くと体が震えてしまいます。

姉は稀にヒステリックになります。
その際は必ず首を締められました。
爪が首にくい込み血が出たことが何度かありました。
シャンプーが辛かったです。
姉は 私の方が賢い、私の方が痩せている
とか張り合ってきて、よくわかりません。
嫌われているのでしょうか。

母は父に私達が殴られていた時助けてくれませんでした
その最中は部屋の隅で爪をいじる。そんなかんじでした
私は貴方達の教育はしていない。
だから私は関係ない ということを何度も言っていました

弟は父と母がいない時、小さな頃からずっと私が面倒をみていました
今は唯一可愛い存在かもしれません。
でも、幼い頃はひどかったのです。
父は息子がほしかったらしく、弟には優しく
娘の私と姉には厳しかったです。
そんな弟が調子に乗り、銃のおもちゃで頭を何回も殴られました。
痛かったです。泣きそうでした。
でもやり返すと私が悪いことになるのでしませんでした
他にされたことは、ペンを腕に刺されたり。血が少し出てました

姉と弟に省かれることもよくありました。
父がケーキを買ってきてくれた時なんかは選ばせてくれず、余ったものを食べました
母にいいの?なんて聞かれることがありましたが
いらない、いいよ と返してました。
私が控えめになったのもこのせいかもしれませんね

私には自傷のクセがあります。
ストレス発散の方法がわからず、いつもこうしてました
切って、血を見ると落ち着くのです。
自分を傷つけると楽になりました。
皆が必要としてないのはわかってましたし、自分が楽になれたので

そんな私ですが以前、チャットにはまってしまって
近くに住んでるという男性と少ししか話していない内に
会えないか と聞かれ、
私にはネットで知り合った人と会うのにちょっとした憧れがあったので、会うことにしました。
身体目的だったようです。相手は成人でした。
1度私はいいと言ってしまいましたが、後からとても後悔しました
好きでもない人と、初めてあった人とそんなことをした自分が汚らわしい。

それで人間が怖くなってしまいました。
人と接するのが苦手です。
人の目を見れません。人が近くにいると落ち着きません。

もう自分に失うものはないので、死んでもいいかな
とか思いはじめたのですが、でもやはりそれは難しく。

こんなかんじです。
見ていただきありがとうございます。
こんな私はどうしたらいいのでしょうか。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-5件目(全5件)
  • POE

    後ろばかり見てもしょうがないので、前をみて進みましょう。

  • Latto

    コメントありがとうございます。

    やっぱりそうですよね…
    ふと、考えてしまうことがあって。
    そういうのをなくせたらなって思います

  • POE

    人間は嫌なことはずっと覚えているけど楽しかったことは直ぐに忘れます。
    考えても良いと思いますけど深く考えないようにしたほうが良いと思います。

  • Latto

    考えすぎちゃうのは幼い頃からの癖みたいなものでして…
    考えない というのは難しいです
    でも、その通りですよね。

  • POE

    答えってでないでしょ?そういう問題って皆少なからず抱えてると思うんですよ。 
    だから上手く付き合っていかないと。私なんかは適当人間て友人からよく言われますけど本当は物凄く考えるんですよ、でも疲れるんですよね考えるのって。 言うのは簡単ですけど実行するのは難しいですよね。

1-5件目(全5件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆