離婚した妻子と復縁したい

コメント:4件 閲覧:2,460人 最終更新:6 ヶ月、 2 週間前 作成者:beck199907

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

長文になります。申し訳ございません。

1.これまでの経緯について

1年前、18年続いた婚姻生活に終止符が打たれました。
今、高校生と中学生の娘が二人いますが、妻が親権を持っています。

面会交流は3ヶ月に1度との公正証書を交わしましたが、子どもたちの気持ちを考慮してとの条項が盛り込まれており、これまで2回実現したのみです。

1度目の面会は離婚して半年経過した時に実現しましたが、その際は比較的、和やかに元妻、子どもたちとも再開することができました。

しかし、2度目の面会では、長女の高校合格祝いも兼ねて私の両親も同席させて欲しいと頼んだところ、娘達はかなり嫌だったらしく、終始機嫌の悪い再開となってしまいました。

離婚の原因はいろいろとありますが、私の浮気やDVが原因ではありません。
が、仕事上のトラブルなどにより、私の精神が不安定になり、家族を支えていくことができないので、別れて欲しいと言ったことが、何度かあります。
都度、元妻は幼子を抱えていることもあり、なんとかやり直したいと言ってくれ、私を支えてくれていました。

しかし、そんな中、私が職場の女性と仲良くなり、妻に内緒で食事に一度、行ったことが妻にバレてしまい、それが浮気と取られ、以降、まったくの信頼をなくしてしまいました。

そうした中でも、元妻はなんとか、幸せな家族でいられるようにと、自身を鼓舞してくれていたようですが、私がある病気で半年の間に5度の手術を受け、うち、半年程は身体障害者の身になりました。
障害者であった頃、私自身、度重なる手術と自由にならない身体を抱え、心身とも極限の状態になってしまいました。

その際、元家族には、すでに見放されている状態でしたので、あまりの辛さから、家族に対して、切れてしまいました。もちろん、暴力は一切振るっておらず、大声で怒鳴ったものです。

その怒鳴りが、元家族には相当な恐怖に感じたらしく、完全に愛想をつかされ、以後は元妻からは離婚しかないと言われ続け、最後の手術(身体障害者の解除)を受けた後も、それは続き、子どもたちからも、「お父さんには出て行って欲しい!」と言われる始末になってしまいました。

そこで、妻の母親と私の母親を交えた会議を開き、当面、冷却期間を置いた方がよいだろうとのことで、私が実家に帰ることになりました。

この時点では、私の認識では離婚決定ではなく、冷却期間を置くものでした。
しかし、元妻の意思は固く、冷却期間の間に弁護士に相談し、離婚の手続きを開始しようとしていたようです。
(その時、まだ私は2週間に一度、自宅近所の病院に通院しなければならない状態でしたので、別居という形は採っていましたが、通院のために2週間毎に、自宅に帰っていました)

私自身は、自ら離婚を切り出した過去はありましたが、当時(今はもっとですが)は、そのことを反省し、家族4人で幸せに暮らしたいと心から願っていました。

しかし、通院のために自宅に帰り(年末)、大掃除をしていた元妻を手伝っていた折、私から「来年は家族4人で仲良く暮らせたらいいね」と元妻に声を掛けたところ、元妻から「私は離婚しか考えていないから」と身も蓋もない返事があり、あろうことか、私が再び切れてしまいました。
元妻は、また恐怖を感じたようで、私の母親に電話をし、私に電話を変わっている隙に子どもたちを連れて、実家に逃げ帰ってしまいました。

その翌日、双方の両親(厳密には、元妻側は母親の変わりに、元妻のお兄さんでしたが)を交えた会議を開きました。

元妻側からは、とにかく離婚をさせてくれの一点張りでしたが、私も手術後のリハビリの最中で体調が最悪であったこともあり、その場では「離婚も含めるが、再度、お互いが冷静になれる期間を設けましょう」という結論で話し合いを終えました。

しかし、元妻側は「離婚しかない」と考えており、ついには代理弁護人から、いかなる理由があろうと、自宅に立ち寄ることを禁ずる、連絡は弁護人を通すことといった通知書が私宛に届いてしまい、その時点で、私の心も折れてしまい、離婚を承諾するに至りました。

しかし、私の至らなさから、元妻や子どもたちに恐怖を与えてしまい、心に大きな傷を付けてしまったことを心から反省しています。
あまりの寂しさ、悲しさ、辛さから、パニック障害をこの1年で2度、起こしてしまい、1日が月の休職も余儀なくされました。

現在も、心療内科には通院しています。

2.今の心境について

私は、元妻と子どもを心から愛しています。
二度と、同じ誤りを繰り返すまいとの近いももちろん、持っています。

元妻からは、今は「そっとしておいて欲しい」と言われ、転居先も分かりません。
連絡もPCメールで、妻としかコンタクができません。

今の状況が辛すぎて、自分の存在を消したいと思ってしまい、体調も元に戻りきっていないことから、度々、自殺が頭をよぎります。

なんとか、元妻、子どもたちと復縁し、新しい家庭を築きたいと思っています。
そうでないと、私自身、本当に生きるのが辛すぎます。

こんな情けない私ですが、どうすればよいでしょうか?

みなさんのお知恵を拝借致したく、どうぞよろしくお願い致します。

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-4件目(全4件)
  • tanpopo

    貴方から見た離婚に至る経緯などを拝見しましたが、率直に言えば、復縁を求めることを辞めた方がいいと思います。
    離婚をされて1年、貴方にとっては長く辛い期間だったかもしれません。
    離婚の原因に関しても十分反省されているかと思われます。
    ただ、元奥さまが離婚を悩み決心せざるをえなかった期間はおそらくもっと長かったのではないかと…。
    そして血のつながった父親にむかって「出て行ってほしい」と言わせるほどの悲しみがお子様にも残っていると思いますし、まだ気持ちの整理もついていないでしょう。
    ここで焦っても事態をもっと悪化させるばかりだと思います。
    今は、貴方自身の治療に専念することが先決だと思われます。

  • beck199907

    tanpopoさん

    コメントをいただき、ありがとうございます。

    復縁を辞めた方がいいとのこと。
    その理由もよく、理解しているつもりです。
    元嫁は、私の母親に向かって「どれだけ、これまで我慢してきたと思ってるんですか!もう、この人(=私のことです)とは一緒にいれないんです!いい加減に分かってください!」と訴えました。

    それだけの苦しみを、私は元妻に対して与えていた証左だと思います。
    その母親が苦しんでいる姿を娘達が見ていて、私に「出て行って欲しい」とまで言わせてしまったことも事実です。

    いかなる理由があろうとも、家族を護り切る認識が足らなかったと痛切に反省しています。

    事態を悪化させたとは思っていません。

    これまでも、何度も謝罪をしてきましたが、今一度、私自身が元家族に行ってきたことを真摯に振り返り、謝罪をしたいと考えています。

    本来であれば、会って謝罪することが一番だと思うのですが、会うこともままならない現状(連絡の手段はPCメールのみです)では、メールに手書きの謝罪文を添付して、送ることしかできません。

    元妻からは、「そっとしておいて欲しい」とコメントをもらっているのですが、ここで謝罪することも控えておいた方がいいのでしょうか?

    本当に毎日が辛く、気が狂いそう、いっそ気が狂ってしまい、死んでしまった方が楽になれると思う自分がいます…

  • tanpopo

    謝罪をなさりたい気持ちはすごく分かります。
    自分がどれだけ反省したかを知ってほしいという思いも…。
    ただ、相手の「そっとしておいてほしい」という気持ちを無視してまで直接会って謝罪したとしても、謝罪として受け取ってはもらえません。
    メールだけやり取りできるのなら、メールで謝罪をして、元奥さまやお子さまの気持ちが落ち着くのをお待ちになる方がいいと思います。

  • beck199907

    tanpopoさん

    再び、コメントをいただき、ありがとうございます。

    未だ、転居先も分からず、娘達にはLINEもブロックされている状況です。
    (妻からのLINEブロックはかろうじて、逃れていますが、こちらを利用しての連絡は禁じられています)

    無理に会っての謝罪は、それ以前の心の準備段階で嫌になってしまい、謝罪にはならないと思います。
    ご指摘のとおりだと思います。

    まずは、メールで度々のことではありますが、謝罪を行いたいと思います。

    ありがとうございます。

1-4件目(全4件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆