雷恐怖症

コメント:4件 閲覧:1,089人 最終更新:5 ヶ月、 2 週間前 作成者:kiiisuke

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

私は雷恐怖症です。
雷が鳴り出すと何をするにも手がつかなくなり
心臓はバクバクして、冷や汗まで出てきます。

光も音も全てが怖いです。
トラウマは多分、小学生の頃に先生から
「雷は家の中にいても人に落ちることがある」って聞かされたことだと思います。
それからずーっと雷が鳴るとその言葉が頭の中にあって、
どこにいてももし自分に落ちてしまったらって考えるともう泣きそうになります(;_;)

どうすれば克服できるのでしょうか?

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-4件目(全4件)
  • JUN
    JUN

    こんばんは。
    雷の音を聞いたり、光を見たりすると恐くて何も手につかなくなってしまって困っていらっしゃるんですね。あなたが推測するところだと雷が恐い原因は小学生のときに先生から、家にいても雷が人に落ちることがある、ということを聞いた経験からだと思っていらっしゃるんですね。ご自身で原因を分析できていて素晴らしいと思います。そして、その雷恐怖症を克服して、雷が鳴っても平然としていられる自分になりたいと感じている。そういう認識で合っていますでしょうか?

  • kiiisuke

    JUNさん
    はい、おっしゃるとおりです(;_;)
    先生も別に怖がらせるわけではなかったと思うんですが
    小学生の自分には本当に怖くて怖くて…
    それを今でも引きずっています。
    雷が鳴ると何も手を付けられなくて本当に困るので
    克服したいんです(/_;)

  • JUN
    JUN

    ご返信ありがとうございます。
    小学生のときの経験を今でも引きずっていて困っていらっしゃるんですね。そして雷への恐怖を克服をしたいということですね。
    心理学において、雷に対して強すぎる恐怖を感じるのは、実際の生活ではそこまで危険ではない雷が物凄く危険なものであると脳が間違った学習を行なうからだとされています。つまり、雷に対して脳が正しい学習をすれば克服できるとされています。具体的な方法としては「系統的脱感作法」「エクスポージャー法」といった心理学における行動療法が有効です。これはどういうものかというと、たとえば、雷の鳴っている場所でしばらくじっと待機します。初めは恐怖感が強いですが、しばらくすると意外なことに恐怖感が和らぎます。雷の鳴っている場所に居るのに自分には一切雷が落ちないからです。自分に危険なことが何も起きないからです。そのようにして雷に対して「あれ、雷鳴ってるけど全然大丈夫じゃん」って思えるようになってきます。このことは雷恐怖症の人にはかなり信じにくいと思いますが、実際の医療現場で多くの人が克服しているというデータが出ています。雷恐怖症の克服をしたいということであれば、方法の一つとして有力だと思います。実際に行なってみようと思った場合は、基本的には心理カウンセラーのもとで実際にカウンセリングを受けながら「系統的脱感作法」や「エクスポージャー法」を試された方が安心してそれらを実行できるので良いと思います。いかがでしょうか?

  • kiiisuke

    そんな方法があるんですね。
    初めて知りました。
    ありがとうございます!
    雷が多い季節になってきたのでこれからまたとても不安ですが
    頑張ってみようと思います!

1-4件目(全4件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆