【回答募集中☆】1歩踏み出すには何が必要か

コメント:5件 閲覧:1,512人 最終更新:9 ヶ月、 3 週間前 作成者:過去のメンバー

◆ココトモニュース!
自立を支援するシェアハウス『ココカラハウス』を東京に!ただいま「入居者」「スポンサー」募集中!詳細はこちら

みなさんまたまたこんにちは!
さやはです。

今週の募集テーマは
『1歩踏み出すには何が必要か』です!

緊張してしまって1歩目を踏み出すことに
ためらってしまうことはありませんか?
その大事な1歩を踏み出すには
何が必要なのでしょうか。
皆さんの意見を教えてください♪

【応募方法】
掲示板コメント欄に下記の情報を入力してください。

・ニックネーム
・1歩踏み出すには何が必要か

みなさまからのご投稿、お待ちしております♪

ココトモ姉妹サイト「ティーズプレイス」では、【10代限定】の交換日記も運用中!よかったら覗いてみてね☆

⇒ティーンズプレイスを見てみる

◆当サイト「ココトモ」では、個別のお悩み相談も対応しています
◆その他の「人気コンテンツ」はこちら

コメント一覧

1-5件目(全5件)
  • momonnga

    怖くても不安でもいいということ。踏み出す勇気が本の少しでもあればいい。

  • ぬい
    ぬい
    ココトモメンバー

    とある心理学のサイトを読んだのですが
    人間には大きく4つのタイプがあるみたいです
    一つは“組織のために頑張るタイプ”
    一つは“自分の好きなことを極めるために頑張るタイプ”
    一つは“自分の能力を発揮するために頑張るタイプ”
    一つは“人生の意味を探求するタイプ”
    まあ4つに分類できるかどうかは別にして
    人が頑張ろうと思える理由
    それは人と同じじゃなくていいし
    それは人と合わせようとしても難しいし
    どんなふうになら頑張れるか
    その自分のやり方を見つけていくことが大切なんじゃないかなって思います

  • TARA
    TARA

    TARAと申します。
    私の尊敬する人の言葉を借りて述べたいと思います。

    もし余命が残り半年と宣告されたら、
    それでも出世したい、車が欲しい
    マイホームが欲しい、となるだろうか?
     
    大事な人との時間がもっと欲しい
    大事な人の笑顔が見たいってなりませんか?
      
    理屈っぽい考え事に時間を費やすのではなく、
    経験したかった事に時間を使いませんか?
      
    傷つかない道ばかりを選ぶのではなく、
    やりたい道を選ぶのではありませんか?
      
    ネットや批判に心を奪われるよりも、
    今この瞬間を精一杯 味わうのではありませんか?
      
    自分を守りながら会話するのではなく、
    二度と会えないと思って相手と話し、
    素直に気持ちを表すのではありませんか?
      
    いずれは必ず旅立つ日は来るのだから、
    いつも最期の日のための
    思い出づくりだと考えて 心を込める。
      
    できるだけ後悔を残さないように
    一瞬一瞬を大切に
    自分に忠実に生きていきたいですね

    何が必要か、ですが、
    明日が来ることを当たり前と思わない心だと思います。

    いつでもやれることは、いつかやれなくなります。

    でも、いつかやれなくなることは、今はできます。
      

  • ねむ
    ねむ

    ・ニックネーム
    ねむ

    ・1歩踏み出すには何が必要か
    1.どんな小さなことでもとりあえずやってみること

    2.安心して試すことができる場所

  • ishii
    ishii

    私は仕事で足場も手を持つところない三階建ての
    建築現場で、骨組みだけなので下は丸見えで、前を向いて仕事は
    しません。下を向いて柱の上で仕事をします。
    嫌でも見えてしまいます。
    高所恐怖所の私が、その上で足を一本出すのが大変です。
    その時私は、楽しいと自己暗示にかけます。
    一歩だけでも、成長した自分にほめています。
    こんな事を味わえるのがうれしいです。

1-5件目(全5件)

コメントを残す

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

おすすめブログコーナー

メンバー推薦 タメになる おすすめ本

ココトモメンバー募集中!

ココトモは、相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になり、お互いの助け合いで繋がっていく場所を目指しています。是非、あなたの力を貸してください!「自分にできるかな…」そんな不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆