nakuru

ADHDと発覚した彼氏とのこれから

1 145 nakuru 3 ヶ月、 1 週前

皆様こんにちわ。トピックを覗いて頂いて、ありがとうございます。文章がかなり長くなってしまいますが、アドバイス頂けたら幸いです。以下、これまでの経緯と相談です。

現在、交際2年半になるパートナーがいます。
今年の春、その彼がADHDと判明しました。
彼は5歳年上の社会人で、私は大学3年です。恋人になる前は、SNSにおける気の合う友人という間柄でした。住む場所もかなり離れているので、遠距離です。(一時期、転職により近距離になった事もありますが)

彼はこれまで2回転職をしています。それはお酒の弱い体質でその事を理解して下さる方々に恵まれなかった事、そしてADHDと発覚されるまで仕事でミスをしてしまう事によって、周囲との関係が悪化してしまうことからでした。その為、彼は鬱病や過敏性朝症候群にも悩み、それを私が懸命にサポートしてきました。特に近距離の際は、掃除や料理等を彼が留守の間にした時期もあった程です。

近距離生活が終了後は、彼も元気を取り戻しました。無事新たな職場を見つける事が出来ましたが、やはりミスを繰り返してしまう事で悩み、病院へ行った結果、ADHDと発覚したそうです。話し合いの時に、私自身が彼を大好きでしたので「これからも支え合って過ごしてゆきたい」と言ったところ、彼も涙を流し、是非そうして欲しい。自分はもう◯◯しかいないと話してくれました。

ところが、数ヶ月前にちょっとした喧嘩になってしまったのです。7月は私の大学では絶賛試験期間です。また私自身が今年度からある資格課程を受講しているので、これまでより課題やテストも非常に多く、彼にも連絡がしばらく取りにくいと話していました。それは毎年だったので、彼も了承してくれたのです。が、久々電話したところ、突然私のぬいぐるみに依存してしまう点が良くないと指摘してきたのです。確かに、私は家庭事情によって、ぬいぐるみが未だに卒業出来ていない状況でした。ただ、それは彼氏も了承してくれていたのです。本当に理解を示してくれている姿勢でした。それなのに何故そういった点に反論しだすのか、よく分からず、パニック状態になってしまいました。私はこれまでも本人に、「ぬいぐるみを介してコミュニケーション取ってしまう事も多いけど大丈夫?」と何度も確認してきた筈で、それでも「全然平気。むしろ甘えてきてくれて嬉しいよ!」と笑顔で答えてくれていたのです。もちろん、こうした依存については私も自覚しています。しかし、さすが大学といった第3者のいる場所に持ち込んだ事は一切ないですし、こうした面を見せているのは、現在の段階でパートナーだけでした。本人はその事を悩んで、他の異性で年下の友人に相談したそうです。最終的に和解は出来ましたが、その頃からギクシャクするようになってしまいました。

元々彼は語学が得意で、大学院に行く事や海外の国々を巡る事を夢見ていました。しかし、家庭の事情で1年間の海外留学が半年に変更せざるを得なくなったりしている経験があり、現在も海外旅行を有限実行出来ていない事にイライラしている様子です。
和解の数週間後、このような内容を送ってきました。
「周りが海外に行ってるなか、何でこんなクソ暑いなか自分だけ働いてるんだろ」「仕事も恋愛とかも全部置いて海外に行きたい」 この内容を送られた数週間後に、彼と会う予定もあったのですが実現は不可能でした。家族とも相当大喧嘩をしたらしく、現在家庭内で孤立しているようです。

その後、段々と私自身も彼とどう接すればいいのか分からなくなってしまい、数週間に1度のLINEをする程度にしています。ただ、近頃は彼は長期間、既読無視の状態で全く連絡を取れていません。twitterもお互い繋がっていて、そこでは元気な様子を見せているのですが交流もありません。 つい最近、彼の別のアカウントを見つけて発覚したのですが、どうやら病院にも行ってないようです。(専門医の方にどういう診断を下されたのかは聞いていないのですが) また、最近帰ってきたという1つ年上の女性の幼馴染の方と2人きりで出掛けたりしている事も知ってしまいました。来月旅行の計画も出ているといった内容も。本当に動揺が止まりません。既読無視という状況から、私が「なかった事」にされているんでしょうか。数年間、彼の為に懸命に尽くしてきました。それを否定されたような気もしてしまうのです。

ADHDの方、交際している方がADHDの方….様々な方がココトモにもいらっしゃると思いますが、私は彼とこのまま交際していってもいいのでしょうか?そして、どう向き合っていったらいいのでしょうか?

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/