私が本を読む理由

1、現実逃避

10月に読んだ本

『人生のこつあれこれ』よしもとばなな 新潮文庫

『いま、なんつった?』宮藤官九郎 文春文庫

『ただならぬ午睡』江國香織(選) 光文社文庫

『白ゆき姫殺人事件』湊かなえ 集英社文庫

『東京暗闇いらっしゃいませ』狗飼恭子 角川文庫

『サイバラの部屋』西原理恵子 新潮文庫

『老いの才覚』曽野綾子 ベスト新書

『子どもの貧困』池上彰 ちくま新書

『光と影の法則』心屋仁之助 経済界

『親鸞 いまを生きる』姜尚中、田口ランディ、本多弘之 朝日新書

『本に埋もれて暮らしたい』桜庭一樹 東京創元社

計11冊。

どんだけ逃避してるんだって。

でもストレッサーにがっつり対峙するのは愚直っていうんだと思うの。

 

2、娯楽

ラノベとか。得るものや学びはなくてもそのときだけ楽しい感じ。

 

3、暇つぶし

本はいつでも私を受け入れてくれるからね。

 

4、電車で周りの人と目が合わないようにするため

読む本持たないでちょっと距離のある電車移動だと軽く絶望する。

 

5、習慣

物心ついたときから図書館に通わせてくれた母には感謝してる。母もたくさん本を読むみたい。

 

6、知りたいことを知るため

自己啓発系とか。ハウツーものとか。

 

7、精神安定剤

資格試験の前に読書断ちしたらちゃんと精神不安定になったよ。

 

8、誰かの人生を疑似体験するため

私一人の人生でできることなんてたかが知れてるし。

 

9、たった一つの言葉に出会うため

それに出会えたとき、たくさん読んできてよかったなと思える。宝探し。

 

10、本は裏切らないし

減らないし逃げない。腐らない。本は変わらない。変わるのは読んでる私の方。

 

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. なつめ 2015/11/02 17:27

    ゆきえさん!

    おそれいります(´∇`)読まない理由を探す方が難しいことに気づきました。。
    ビブリエ?!検索します☆

  2. ゆきえ 2015/11/02 10:01

    本を読む目的がこんなにたくさんあるのなら
    月に10冊読んじゃうわよね~と思いました♪
    立派な趣味ですね。すてきです。
     
    わたしは「ビブリエ」というアプリを使って
    読んだ本をデータにまとめてるのですが、
    あとあと見返すと、
    「おお~(こんだけ読んだのか~)」と
    なんだか感慨深くなりますのでおすすめです。

  3. なつめ 2015/11/02 07:06

    健さん

    自分でも理由が多くてびっくりしました 笑
    いいですね~ホッコリ♪絵本とかもいいですね(*´ー`*)

  4.  2015/11/01 22:42

    なつめさんは、本を読む理由がたくさんあるんだね!
    本も人と一緒で出会いだよね。
    良い本を読み終わった後の、あの言葉で表せないホッコリする気持ち!
    他の人も感じたことあるのかな(・ω・)
    最近本を読んでいないし、また素晴らしい本を見つけてみようかな。
    ホッコリする気持ちを味わうために。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP