親子関係の謎。

最近、友達親子、ってよく聞く。

少し前まで、羨ましかった。

母親といると、イラっとすることがあった私。

母親と買い物なんて、羨ましかった。

今は、そう思わない。

子離れ出来ない親と、親離れ出来ない子供の図の場合もあると知ったから。

会社の同期とこの前反抗期について話し合った。

数ヶ月前の私と正に似ていて、自分の人生を『惰性的で考えなしに生きてきた』と自分の人生を否定して生きている。

そんな彼女の親は、会社を辞めても問い詰めたり急かしたりしない。

その話を聞いて羨ましかった。

家が居心地良い、という彼女。

羨ましかった、でも。

話していて違和感を感じた。

反抗期はなかった。

干渉してこないし、居心地が良いのに、親を信用しているというわけでもなかった。

何で何だろう?って。

最初は彼女の性格なんだと思った。

優しくて気が遣える、でも自分で自分を下げてしまう、そんなこの子は、優しいから親に反抗出来なかったんじゃないか?って。

でも考えてみて、なんか違う気がした。

干渉されな過ぎた、可能性もないだろうか?って。

昔、職場で放任主義の親を持つ人と話をしていて、不安症な親のことを話した。

『干渉されないのもね、寂しいよ』その人はそう言った。

もしかして…この子もそうなんだろうか?

憶測だし確信はない。

でも自由に生きて良くて、非難されるわけでもない家庭環境。

どうして反抗期がなかったのかな?そしてそれ以上に、なんだか親への不信感を雰囲気から勝手に推測してしまった私は、話をしていてなんだかモヤモヤしてしまった…。

今の極端なネガティヴ発言とかにも、何か繋がってる気がしてしまった。

この同期が、心配になってしまった。

子育てとか、親子関係って本当に難しい。

親からの愛情で悩んでいる人を見ると何て言ったらいいか分からなくなる。

どうしたらこの相手が楽になるのか悩む。

干渉しても干渉しなくても、親子関係はうまくいかない。

マニュアルなんてものも存在しない。

モデルもあるようでない。

大変だし試行錯誤、正解も何もない世界。

それが子育てと親育てなんだろうなと、まだ家族を持たない私はうっすら恐さと難しさを感じてる。

ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. オハナ 2015/12/22 08:38

    そうなの。え?!と思える親子関係も本人達が居心地良ければそれがベストなんだよねぇ。そんなの本人しか分からないこと、人の心は除けないからね。互いに自立、そう、それが1番!!

  2. ゆきえ 2015/12/21 13:01

    >お互いが居心地良い親子関係が1番なんだろうけど、それが違うからみんな悩むんだよねぇ…。。。
     
    たしかにおっしゃるとおりかも。親と子がそれぞれ居心地のいいと感じる距離感がちがうから、どたばたするのだよねぇ。恋愛も、そんなかんじなのかな。互いに自立しているのがいちばんだよね。

  3. オハナ 2015/12/19 14:11

    ゆきえさん☆
    難しい…どんな親子関係が良いのかなんて分からないけど、どちらかが何かしらのマイナス要素を抱えていて、それに苦しんでたり辛さや生きにくさを感じていたら、過干渉だろうが、放任だろうが良くないのかなぁ?と、思う、最近は…。
    お互いが居心地良い親子関係が1番なんだろうけど、それが違うからみんな悩むんだよねぇ…。。。

  4. ゆきえ 2015/12/18 15:54

    距離感って、むずかしいよねぇ。ぶつかるならではのよさも、きっとあるんだろうな。ちなみにうちは途中からまったく干渉されなくなった!互いに親離れ子離れしたのかも

ココトモメンバー募集中!

ページTOP