正しいやる気、モチベーションって何だろう?

こんにちは、NAOKIです。
メールを書くのもずいぶんと久しぶりだなぁ。
今回は勉強や好きなことをやるときのモチベーションの持ち方について僕が感じたことを書いていきたいと思います。

 

モチベーションとは?

モチベーションとは、よくやる気とも言い換えられますね。
何か目標に向けて頑張ろうとするエネルギーの源ですね。
学校の受験、資格試験、スポーツの大会など、取り組むのが大変なことはたくさんあります。
でも●●大学に入りたい、大会で優勝したいなどのモチベーションがあれば、辛いことなども乗り切れる可能性が高くなりますね。

 

正しいモチベーションとは?

しかし、自分のモチベーションは本当に正しいのか不安になることはよくあると思います。
「そんなやる気を持つのは間違っている!」などと人になじられてモチベーションが何か見失ってしまう人もいるかもしれません。

ところで正しいモチベーションとは何でしょうか?
他人のモチベーションに対して間違っていると非難する人は正しいモチベーションがどのようなものであるか説明できるのでしょうか?

正しいモチベーションとは自分が一番やる気や気力を持てるようになるモチベーションだと思います。
例えば先ほどの受験の例でいえば、●●大学に行って××教授のゼミに参加したいというモチベーションよりも、サークルに入って友達をたくさん作りたいというモチベーションの方が頑張れる気持ちを持てるということであれば後者のモチベーションの方が正しいモチベーションであるといえます。
いいじゃないですか。不純なモチベーションだって。
可愛い彼女、カッコいい彼氏を作りたい、本音を言えば僕もこのような不純なモチベーションの方がやる気が出ます。(笑)
あとは人にバカにされたくないとか、見返してやるとかそういうのも勉強のモチベーションになりますね。こんなこと勉強好きな人に言ったら怒られそうだけど。
不純なモチベーションばかりで大丈夫なのかと思う人がいるかもしれませんけど、大丈夫ですよ。
結局のところ正しいモチベーションを持っていても辛いことは消えるわけではありません。
でも、正しいモチベーションがあれば辛いことがあっても乗り切れる可能性が高くなります。辛いことを乗り切れば自分に自信を持てるようにもなります。自分に自信を持てるようになれば他の辛いことも頑張って取り組める気力を持てるようにもなります。
よっぽど誰かをぶん殴ってやりたいとか人に迷惑がかかるようなモチベーションでなければいいんですよ。

正しいモチベーションを見つけるには

じゃあ、正しいモチベーションを見つけるにはどうしたらよいのか、ということですが、これに関しては
人のせいにせずに自分で考えて見つけてくださいとしか言えません。
無責任なことを言うなよ、と言いたい人もいるかもしれませんがこれしか方法がないのですよ。
人の事情を正確に理解していないうちから勝手に、あなたのモチベーションは●●だから××しなさい、と言う方が無責任だと思いますよ。
ある人自身が人と話をしていった方が正しいモチベーションを見つけやすいということであれば、こちらも力になれるように話を聞きます。とにかく自分で正しいモチベーションを見つけなければならないという気持ちは必要ですから。
間違ったことを押し付けても他人は責任を取ってくれません。僕だって他人の無責任な行動や言葉で自分の人生をメチャクチャにされたくありません。自分の人生を納得して生きるために正しいモチベーションを考えるのは必要だと思います。そして自分以外の誰かが正しいモチベーションを見つけられずに悩んでいるというのであれば可能な範囲で力になりたいと考えています。

結論

もう一度言います。
正しいモチベーションとは自分がやる気、気力を持てるモチベーションです。そして正しいモチベーションは最終的には他人に答えを出してもらうのではなく自分で納得できるものを見つけ出す必要があります。
それがどうしても一人だけではできそうにないということであれば信頼できる人を見つけて相談すればよいと思います。
他人のせいにするな、ということは決して他人を信用するなというわけではありません。他人の中には良い人、嫌な人がいます。その中には良い人もいるから、良い人を見つけてその人に相談すればよいということです。

せっかくの人生ですから自分が一番頑張れるきっかけを見つけて人生を正しく生きていきましょうよ。
それでは失礼します。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. NAOKI 2016/02/18 19:06

    鷹れんさん、コメントありがとうございます。正しいモチベーションを持つことはある意味、自分の軸を確立することにも繋がるのかもしれませんね。

    正しいモチベーションが見つかったら後は意外と楽ということは僕も同感です。
    というのも正しいモチベーションを見つけた時点で目標を達成するのに必要な大部分は揃ってると思うからです。
    正しいモチベーションを見つけた時ではなく、正しいモチベーションを見つけようと行動を始めた瞬間から目的への道は始まっているのかもしれませんね(^^)

  2. 鷹れん 2016/02/17 23:29

    「正しいモチベーション」・・・ううむ、考えさせられますなぁ。
    私はいつもたったひとつで、「知的好奇心を満たす」っていうことだけに注目して生きているのですが(笑)、
    以前、友人と「やりたいこと・本気になれること」があるって幸せだよねぇという話をしました。やりたいことがわからないって、人生の軸がないみたいで心細いのかなぁって。

    モチベーションが見つかってからって案外単純で、実はモチベーションになるものを見つけるまでの、スタート地点に立つまでの準備が大変なのかもしれないですね。

  3. NAOKI 2016/02/12 22:59

    ぬいさん、コメントありがとうございます。間違ったモチベーションとして自分に嘘を吐いたものがあるという考えは僕にもあります。自分に嘘を吐くことは、とてもしんどいし、自分の本当の声が埋もれてしまう可能性を高めてしまうと思うんです。

    現代社会は色々な情報が無責任に飛び交っているため特にそんな可能性を高めてしまう環境があると感じています。

    自分の本音とじっくり向き合える環境を自分で作ることは必要ですね。
    時には自分の正しいモチベーションを見つけることをモチベーションにするのも全然アリですね。

  4. ぬい 2016/02/12 21:47

    “正しい”ものがあれば“間違ってる”ものがある
    “間違ってる”モチベーションとは?
    きっとそれは自分に嘘をつくことだと思います
    自分に嘘をついて頑張る
    それはとっても辛いことだと思います
    皆が“正しい”モチベーションに気づくことはなかなかできないのかもしれません
    けれど自分の本当の声に気づけることがあればいいなって思います

ココトモメンバー募集中!

ページTOP