普通になれない私

私はずっと「普通」のことがしたかったです。

私が思う普通とは、学校で友達と話して、

放課後部活して休みの日には友達と遊んで…

そんな、みんながしているようなことがしたかったんです。

私は小中といじめられていて、信頼出来る友達がいませんでした。

唯一信頼出来ていたのはこないだ失った親友です。

私の学校は文化部が少なく、家庭部と美術部しかありませんでした。

なので、運動の出来ない私は美術に入りました。

だけど、入学して2ヶ月くらいで部活で居場所をなくしました。

みんな友達同士で入っていたので私は一人になってしまいました。

そんな中、入っていける勇気もなく、たったの数ヶ月で行かなくなってしまいました。

それから、数回行ったもののやっぱり一人になり部活に行った回数は数えるほどしかありませんでした。

放課後や休みの日に遊ぶ友達もおらず、長期休みの時に数回親友と遊ぶだけでした。

どうして、私は普通のことが出来ないんだろう…と悩んでいました。

ただ、同級生が羨ましくて仕方なかったです。

でも、私は自分から普通を避けていたのかもしれません。

高校では、自分から友達を作ろうとしませんでした。

裏切られることが怖くて、自分から関わろうとしませんでした。

そしたら、感じ悪いと思われたのか軽い嫌がらせにあいました。

やっぱり、怖い。

そう思って余計に人間不信になりました。

「普通になりたい」

ずっとそう思っていたけど、最近普通って何だろうって思います。

十人いればみんな違う。

一人一人に個性がある。

だから、今は普通じゃなくてもいいなって思えるようになりました。

私が幸せだって思える日々を今は大切にしていきたいと思います。

マノン

 

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら
◆元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは東京・都立大学駅にフリースクール『Riz』をオープン。
居場所がないと感じて苦しんでいる中高生たちのために、元不登校生たちが中心となって運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

マノン
マノン

高校3年生のマノンです。 通信制高校に通っています。高校に入ってから転学を繰り返しています。 私は小中といじめを経験し不登校になりました。幼なじみからのいじめや親友を失ったこともあり人間不信になりました。高校でも軽度の嫌がさせや仲間外れにあい人と話すことが苦手です。両親が不仲で家にも居場所がなく...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. ぬい 2017/09/28 17:49

    “普通”
    その言葉には人を安心させる効果があるんじゃないかなと思います
    自分が普通でいられる安心
    でもみんな普通とどこか違っていて
    その普通と違ってしまう部分に悩んで
    結局普通に振り回されて
    でもそれが普通なのかもしれませんね

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP