私がずっと欲しかったもの

私にはずっと欲しかったものがありました。

それは何でも言い合える友達でした。

小学校の頃から友達がすぐに変わり浅い関係しか続けられませんでした。

こんなことを言ったら嫌われる。

本当の自分を出したら避けられるかもしれない。

そう思い、いつも友達に合わせることしかしませんでした。

本当の友達をずっと作れずにいました。

友達が欲しかった、私の願い

私は人見知りが激しかったので自分から声をかけることをあまりしませんでした。

それでも、中学の時までは頑張って積極的に誰かに声をかけていました。

でも、段々上手く行かなくなり、やっぱり本当の友達は出来ませんでした。

グループの中でも無視をされることがたまにありました。

毎日学校に行く途中、今日は無視されないだろうか。。。

そんなことばかり考えていて朝、「おはよう」と声をかける時は不安で震えていました。

部活も行ってなかった私はクラスで友達が出来なかったら一人ぼっちになってしまう。

そう思って、偽りの友達とずっと偽りの関係を続けていました。

クラスが変わると本当の友達じゃないので全く関わらなくなりお互いの存在さえ意識しない程の関係になってしまいました。

こんななにも友達が出来ないのは私のせいなのだろうか?

私が嫌われるような人間だからなのだろうか?

そう思い自己嫌悪が段々増えていきました。

今も友達を作ることがとても怖いです。

私は無意識のうちに相手を傷つけているんじゃないか?

何処か嫌われるような理由が本当にあるんじゃないか?

そんなことをずっと考えてしまいます。

友達と本当の友達の違いは何?

友達と本当の友達の違いは何でしょうか?

友達や親友の定義は人それぞれです。

私が思う本当の友達とは時には間違っていることも間違ってると言えて何でも言い合える関係だと思います。

相手のことを想ってるから注意も出来る。

良いことだけじゃなくそういう事も言えるのが本当の友達なんじゃないかと思います。

言えない事も当然あると思います。

でも、この子になら話しても大丈夫。

そう思える存在が本当の友達なんじゃないかと私は思いました。

たった一人だけでいい。

何でも言い合える友達が欲しい。

辛い時、嬉しい時、一緒に泣いて、笑い合えるようなそんな関係の友達が欲しい。

その願いは小学校の時からずっと消えません。

前に書いた親友とはきっとそんな関係ではなかったのかもしれません。

私は大切なことをずっと隠していました。

それを言ったら嫌われそうで。

でも、そんなことで嫌う関係は本当の友達じゃないのかもしれません。

私は大切な友達が大切な事を話してくれたら嬉しいしそれだけ信頼してくれてるんだなと思います。

もし、私が親友の立場だったらきっと話して欲しかった。

そうなんじゃないかと最近は思うようになりました。

いつかそんな関係の友達が出来たらいいなと思います。

マノン

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら
◆元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは東京・都立大学駅にフリースクール『Riz』をオープン。
居場所がないと感じて苦しんでいる中高生たちのために、元不登校生たちが中心となって運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

マノン
マノン

高校3年生のマノンです。 通信制高校に通っています。高校に入ってから転学を繰り返しています。 私は小中といじめを経験し不登校になりました。幼なじみからのいじめや親友を失ったこともあり人間不信になりました。高校でも軽度の嫌がさせや仲間外れにあい人と話すことが苦手です。両親が不仲で家にも居場所がなく...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. ぬい 2017/10/31 20:25

    ひとつ
    とっても大切な関係
    そのひとつを得られることはとてもとても人生において大切で
    それをちゃんと守っていければいいのにと
    私は思います

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP