涙は、経験した分だけ流れるのかもしれない

ふと思ったことを、今日は書きたいと思います。

「最近、涙腺が弱くなった」
という話を耳にすると思います。

僕も最近、泣きやすくなりました。

僕は、小さい頃は泣き虫でしたが、人の死に対してほとんど泣かない子供でした。
可愛がってくれた祖父母の時もそうでした。

小さな頃からは「死」というものが与える悲しみや喪失感を理解できていなかったのだと思います。

というのも、僕が最近泣くのは自分の感情に刺さった時であり、その感情は様々な経験を通して感じたものだったからです。

人は、経験を通して感情を手にし、感情により想像力を高めていくのかもしれません。

そう考えると、僕は少しだけ人らしくなれたのかもしれませんね。

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら
◆元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは東京・都立大学駅にフリースクール『Riz』をオープン。
居場所がないと感じて苦しんでいる中高生たちのために、元不登校生たちが中心となって運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

おっくん
おっくん

大学卒業後、某伝説的ブラック企業で3年過ごし、その後、色々な会社を転々としましたが、だいたい広告系(紙・Web)の仕事をしています。 ある時は、サイトリニューアルの企画と取りまとめをしたり、ある時はECサイトの立ち上げをしたり、ある時は地域密着的な事業を手伝ったり・・・便利屋的に色々な経験をしてき...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. おっくん 2018/02/25 11:39

    ぬいさんの解釈を見て、概念的に仏教的なものを感じました。
    まだ、その言葉にちゃんと咀嚼できない自分がいるのを感じます。
    ぬいさんの解釈に、とても深いものを感じているからでしょう。
    今、言えるのは、ぬいさんがいう「尊さ」を理解する想像力を持つことができたからこそ、涙が出るのだということぐらいです。

  2. ぬい 2018/02/23 21:59

    離れたくない人と二度と会うことができなくなってしまう
    それが死別の苦しみの一つ大きな意味なんじゃないかなと私は思っています
    ただその悲しみは死別だけというわけじゃなく
    二度と戻らない関係性にも言えるんんじゃないかなと私は思います
    たとえ誰かの死であっても自分の関係のない人の死に悲しみを感じないのはそのあたりが関わっているんじゃないかなと私は思っています
    尊いものほど失うと悲しみは大きい
    けれど絶対に失わないもの存在しない
    そのための涙なのかもしれませんね

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP