欲しい物は、既にあった。

恋愛DVDやら映画を4本身終えて(「兄に愛されすぎて困ってます」だけ、3回リピートしましたw)もうGWが終わるオハナですwwww

そんな私のGWはどうでも良くて、恋愛云々なんて事とは無関係の『ある事実』に最近気付きました。

それを話す上で、私の願いについて少しお話しさせてください。

私は数年前から、『言葉も何も通じない海外で、宿も決めず、本当に自由きままなバックパッカーや放浪者みたいな感じで、旅したい。

そこで、会う人会う人と、その一瞬だけ、一期一会の出会いと、会話(深くても浅くても良い)をして、旅して生きたい』みたいな願望が、ずっとありました。

別に、この生き方は不可能ではありません。

昔、前の彼と九州一周車内泊旅行した時も、なんか放浪旅みたいな感じがしたし、あんな感じで当てもなくフラフラするって良いなぁという思いがずっとありました。

でもね、私、荷物とにかく多いんですよ。

減らせばいーじゃん、と言われるだろうけど、一時的に減らせても、やっぱりね…。

お風呂毎日出来れば入りたいとか、パックしたいとか、ボディクリーム塗りたいとか。

どーでもいい事ばかり気になってね。

私、その生活そんなにやりたいわけじゃないんだろうって、思ってしました。

でね、最近、実は違う形で、この『放浪するように色んな人と話して、生きる』みたいなことを地味に実現していることに気付きました。

形が違い過ぎて、1年気付かなかったんですけど、つい最近、『あぁ!!!!今やってるわ!!!!』と思いました。

対面相談を通じて、私似たようなことをやってるんです。

出会う人は、会ったことある人もいるけど、初めましての人がほとんど。

一度会って、その後2度目と会う人もいるけど、ほとんどの人が一期一会の関係で終わる。

その場が、本当に素敵な雰囲気で終わったり、実はそうでもなかったり、それは私の感覚や相手の感覚によるもので、分からない。何か保証がある訳でもないけれど…。

もちろん、責任感を持ってやっていることではあるけど。

でもやっぱり、偶然でも奇跡的でも、ココトモのサイトを通じて出会い、この一瞬が最初で最後かもしれないけれど、わざわざ話しに来てくれて、なんなら私の話もちょっと聞いてもらうことが出来て…

その内容が、悩みであったり、重いものでもあるけれど、ココトモのサイトにいる人間を信用してくれて、わざわざ話してくれるって、よくよく考えてみれば有難いことだなぁと思う。

だって、道端で例えば『あなたの悩みを、聞かせてくれませんか?一緒に話してみませんか?』なんて、言ったものなら、多分警察を呼ばれるだろうw

旅行先、ではないけれど。

言葉も、日本語だけれど。

初めて出会った人が、目の前にいて、相手の話を聞いたり、自分の話を聞いたり、そんな会話をして、次はどうなるか分からない。一期一会。

一期一会だからこそ、なるべく伝えたいことは、伝えるようにしている。

やっている中で、色々思うことはある。

なんか逐一フォホーメールしたほうがいいのかな?なんてビジネス的なこととかも色々考えるけど、こうして出会って、伝えたいこと伝えたし、何か感じてくれたら、その人は勝手に変化していくし、何も感じてくれなかったとしても、また違う誰かにその人は出会ったり、自分で見つけたりして、幸せに向かうんだろうと思う。

フォローと言って、何か送ると、相手にプレッシャー与えるような気がするって、個人的な気持ちもある。

でも、相手から何か連絡が来たら、返すようにはしている。

それが、お礼であったり、2度目の出会いだったり、色々…。

正に、人との出会いの旅行だ。

それは別にぶっちゃけ、対面相談に限った話だけではないのかもしれない。

毎日の会社、変わり映えしない人間関係、変わらない仕事。

そんな日々に嫌気がさしたり、止めたくなったりすることはよくある話だと思う。

でももし、私が何年か願っていたことが、実はこうして叶っていて、日々の日常すら、本当は『人間旅行』だなんて考えたら、凄く楽しくなった。

日々、色んな人と話して旅行している。

対面の時もあれば、ツイッターで、顔も知らない人とやり取りしたり、大好きな漫画家さんとやり取りしてテンションが上がることもある。

毎日、誰かと関わり、一期一会か、もしくは同じ人でもやり取りを重ねて、新鮮な日々を、旅行を楽しんでいるとしたら…

それは、私にとって、凄く凄く嬉しいことだ。

欲しいものがある時、自分でシチュエーションを想像したり、そのイメージをありありと思い浮かべる。

砂漠っぽいところで、帽子を被り、どこかの国の人と話す場面を想像していた私は、今、夢が実は叶っていることに、気付かなかった笑

想像していたものとは、少し違うかもしれないけど、なりたかったものに、私はなっている。

欲しかったものは、手に入れている。

滅多に出来ない機会も貰い、人と話し、時には会話の中でその人が大きく変わる姿を見る事も出来る、そんな幸せにも出会える。

時には、私が自分の悩みやコンプレックスを打ち明けて、思いがけない打開策や、切り抜ける言葉や励ましを貰うこともある。

その人の笑顔を見ると嬉しい。

人の違う人生に触れることは、喜びだと思う。

私は、相手の人生を生きられないから。

沢山の価値観や視野は、人から教えてもらうしかない。

だから、教えてもらえる機会を、多く設けることが出来るのは、多分自分が思ってるよりずっと、幸せなんだと思う。

これからも、きっと生きる限り、色んな願望や欲が出て来て、人と比べ、苦しくなることもあるだろうけど、

実はもうあるよ?ということに、望む数と同じかそれ以上気付くことが出来れば、

私は凄く幸せな人生を歩んでいける気がする。

 

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら
◆元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは東京・都立大学駅にフリースクール『Riz』をオープン。
居場所がないと感じて苦しんでいる中高生たちのために、元不登校生たちが中心となって運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

オハナ
オハナ

初めまして。 オハナと申します。 ライフチェンジカウンセラーとして、自信がない人や、生きにくさを感じている人…そんな人を笑顔にしたり前向きにしたりする仕事をしています。ココトモの次のステップを後押しするチャレトモのほうでは、キャリアアドバイザーとして活動しています。 私は、『救う』と言うよりは...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. オハナ 2018/05/07 21:25

    ぬいさん☆
    遠くにある『夢』や『目標』を追うことが、どこか大人で、カッコいいことだと思ってました。

    自分が、もう全部持ってるって、思えても中々まだ実際分かっていなかったりもするんですよね。で、急に理解したり、拓けたりする。

    こういう発見、見つけると凄く楽しいんです!こういう発見や、小さな事を積み重ねて生きたいなぁって、発見する度に思いますね!!!!

  2. ぬい 2018/05/07 19:03

    灯台下暗し
    そこにあるのに気づかなくて
    気づいてみたらそこにあって
    けれどそれに気づけるってとても素敵なことだなって思います
    遠くのものを追いかけるのもそれは素晴らしいことだけれど
    自分の持っているものを整理してみるのも
    発見があるのかもですね

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP