私が私であること。

 

今週からバイトを始めることになりました。雪灯です。

五月病……、たぶんみごとに片足突っ込んでますね(^_^;)

でも、やらなきゃいけないことも山ほどありますから苦笑 私なりにやりこなしていくしかないかなぁ……(^_^;)

さて、そんな今回はタイトルにあるようなテーマを考えていこうと思います。

 

過去を見つめて。

先日、私には自分自身の過去を見つめ直す機会がありました。もう黒歴史みたいな過去です。周りにしてみたら悪印象を与えてしまうような、私の過去はそんな過去でした。

 

 

私は登校拒否児でした。何度も自問自答して、何度も死のうとしてきました。学校には行けず、両親や教師には一部を除いて理解されず、手首や首筋に何度もカッターを当て、マフラーで首を絞めようとしたこともあります。

 

 

終わりの見えないような、真っ暗なイバラの道を歩き続けているような感覚。それが私の過去でした。

世間一般にしてみたら、それは立派な『社会不適合者』の烙印みたいなものでしょう。うつは甘えだと、まだそんな印象も残っている現代ですから。それは仕方ない気もしますが苦笑

 

それでも、その過去があるから、私は今を生き延びているのだと、そう思える私もいるのです。

 

今を生きるということ。

私が登校拒否児になって、うつになって、何度も自殺未遂を繰り返して、最終的に見つけた結論がこれです。

 

『今を生きる』

 

確かに何度も過去に囚われて、未来のことを予見しながら生きてきました。でもね。私が生きているのは、過去でも未来でもなく『今』なんです。

 

過去に登校拒否児だったから、今その経験を生かして夢を追える。

未来に何があろうと、今やろうと思うことを全力でやってみる。

 

過去は変えられません。でも、その色をを生かしてできることはたくさんあります。

未来はまだ見えません。でも、今からやることで、色の幅は無限に広がっていきます。

そういうものかな、と思えるようになってきたのです。

 

私が私であること。

過去と向き合ってみて1番の収穫は、自分が自分であることにちょっとだけど自信を持てたことです。

誰になんと言われようと、私自身が今、『これで良かった』と思える私であることに気づけたことです。

 

私の生き方は、両親や教師には、どちらかといえば否定される生き方でしょう。

自信を持って周りに勧められる生き方なんかじゃ、きっとないでしょう。

過去の私にしてみても、汚点のような生き方だったはずです。

 

 

でも、今の私は、あの時の自分を真っ向から否定することはできないのです。あの時の私がいるから、今の私がいるのだと気づけたから。

過去は変えられなくとも、その時の思いを今、私は生かすことができます。それは私にとって、すごく嬉しいと思えることなのです。

 

いつか、過去の私にも胸を張って誇ってもらえるなら、それほど嬉しい人生はないのかなぁ。

 

 

 

 

でも1番幸せだと思えるのは、どんなときも『生きていて良かった』って、そう思える私であることなのかもしれませんね。

 

 

 

 

.*・゚雪灯.゚・*.

 

 

 

 

 

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら
◆元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは東京・都立大学駅にフリースクール『Riz』をオープン。
居場所がないと感じて苦しんでいる中高生たちのために、元不登校生たちが中心となって運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

雪灯

マイペースな女学生です。元々ティーンズプレイスで活動していましたが、縁あってココトモでも活動できることになりました。多兄妹の長女でもあり、悩みを話せる環境になく、抱え込むことも多い中でココトモに出会って今に至ります。登校拒否を繰り返したこともあるし、精神科での通院も2度経験していますが、何度も死にた...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. 雪灯 2018/05/31 19:06

    @ぬいさま
    いつもコメントありがとうございます!

    確かにそうですよね。私自身もかなり過去に引きずられてきた人間ですし、今でもトラウマがあって外食に行くことを避けてしまいます(^_^;)
    でも、それでも私は私でいいんだと認めていける人でありたいし、周りも周りでいいんだと伝えていけるような人になれたらいいなと思います。

    今回も深いコメントを本当にありがとうございました!

  2. ぬい 2018/05/24 03:15

    失敗しない人間はいない
    よくそんな言葉を聞きます
    けれど失敗を引きづらない人間もいないのかもしれません
    そして失敗に引きづられてうまく進めない人もたくさんいるのかもしれません
    確かに失敗は失敗であってそれは過去であってそれを取り戻すことはできません
    それを引きずってしまうことは仕方のないことです
    けれどそれはそれでいいんだと思います
    失敗を引きずりながら生きていく
    それはそれでいいんじゃないかなと思います
    失敗をした自分を認める
    それはとても難しいことだと思います
    それがもし瞬間的でとても脆いものだったとしても
    “自分が自分でいいんだ”と思えた瞬間はとても大切にできたらいいなって思います

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP