認めたくない自分(//∇//)

ze001

「認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちというものを」

これはアニメ、ガンダムの登場人物、シャアの言ったあまりに有名なセリフ。

自分のコンプレックスや、人に見られたくない部分、認めたくない部分ってあるよね。

今日はね、銀行いったんだ。ATMでカード使うのに相性番号いるじゃない? ぼくは結構うっかり屋なんで、忘れちゃったのね。 3回入力チャンスがあるんだけど、ぜんぜんわからない。 パスワードがわからなくなると、結局カードの再発行をする羽目になるんだ。 それをここ一年で4回くらいやらかしちゃってる。 だから、また窓口に「すいませーん…」っていうのが恥ずかしかったんだ。 だって、「え?またこの人?アフォじゃないのー?」って思われると思ったから。あはは

さらに、カード使えないから、ATMは現金振込みで一々入力する羽目になるよね。 でもそのときに窓口の可愛いお姉さんが、「ATMおねがいしまーす!」って補助の人を呼んでくれたのさ。 んで、親切にATMの操作を教えてくれるんだけど、なんか恥ずかしい。 「そのくらいわかるよぉ。えー、まるで田舎者じゃないかー、晒し者ヤダー」(いや、十分田舎なんだけどねw)

物覚えがいい、機械の操作には長けている、と思われたい自分像があるんだけど、 僕は実際は忘れっぽくて、ATM操作は別に得意ではないんだよね。 そして、そういう特徴を欠点とおもってるから恥ずかしいんだよな。

恥ずかしかったり、人から指摘されて腹が立ったりするときは大抵こういう気持ちが隠れてるきがする。

 

・・・なーんて悩み相談ブログっぽいまとめにしてみました。

(でも、ほんとは銀行で恥ずかしい思いをしたっていう日記を書くのは恥ずかしいからこういう風に書きました。白状します(*´д`*))

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP