私が動物を大好きになった理由

こんにちは、マノンです。

私は高1の時、動物のことが学べる学校に通っていました。

今回はその学校での出来事、担当犬とのことを書きたいと思います。

たったの半年間でしたがとても勉強になり

動物との関わり方やお世話の大変さを色々知りました。

当時はトリマーになりたくてトリマー科に入学しました。

その学校はたくさんの犬がいるので一人ずつ担当犬がつきました。

動物の勉強がしたい、あの学校を選んだ理由

私は小さい頃から動物が大好きでしたが家族に動物が苦手な人がいて

メダカなどしか飼ったことがありませんでした。

小学校で飼育していたうさぎのお世話係などをするようになってから

さらに動物が好きになり、よくペットショップに行っては癒されていました。

中3の秋にその学校を見つけて行きたいと思い見学まで行きましたが

その直後入院したので結局4月からは別の通信制高校に入学しました。

その後、家庭の事情も少しあり転校することになった時

私はどうしても動物の勉強がしたくてその学校を選びました。

転入で入ったので半年間学んで来たみんなと違い

分からないことだらけでした。

でも、転入生が滅多にいなかった学校だったので

先生も聞いても教えてくれなくて聞けるような友達もいませんでした。

自分がみんなに置いていかれてる感じがして辛かったです。

転入ということもあり、クラスにも馴染めず

次第に孤立して軽い嫌がらせにも合いました。

担任の先生とも上手くいかず学校が辛くて仕方なかったです。

担当犬との出会い。私が初めてお世話をした犬。

転校して少し経って、担当犬が決まりました。

ミニチュアダックスフンドの担当になりました。

12歳という高齢犬でしたが

とても大人しくおりこうな可愛い犬でした。

実習がほとんどの学校だったので担当犬といる時間も長く

土日も当番以外でも担当犬に会いに行ったりしていました。

初めて犬のお世話をした私は色々大変なことが多かったですが

毎日犬のいる生活が嬉しくて仕方なかったです。

クラスに馴染めなくても、一人ぼっちでも担当犬が居たから学校に行けました。

どんなに辛くても待って居てくれたから。

動物の力は凄いなぁと改めて感じました。

学校を辞めた理由。本当は辞めたくなかった…。

担当犬のおかげで学校には行けていましたが

それでも毎日が辛かったです。

休み時間、お昼休みと全部一人でした。

お昼休みは外に出ても良かったので

私はいつも近くのスーパーのベンチで一人お弁当を食べていました。

雨の日はパン屋さんの中でパンを食べました。

学校にいることが辛かったです。

みんなで楽しそうにコンビニにお昼を買いに行く姿を見て

泣きそうになり、教室で笑いながらお弁当を食べている

クラスメイトを見ると苦しくなりました。

そんな日々が続き嫌になりました。

1月、冬休みの補習の時飼育当番で来ていたクラスメイトに

実習道具を隠され、結局見つかりませんでした。

その出来事があってから怖くなり嫌われてることを知りました。

そして3月の初め頃。

私は学校を辞めたいと思い始めました。

あと2年間も耐えられるとは思えず他の学校に行けば友達が出来るんじゃないかと

勝手に思って期待していました。

でも、大好きな動物と離れるのは嫌でした。

もちろん、担当犬と二度と会えなくなることも。

散々悩みました。

ギリギリまで考えました。

それでも3月の中旬頃、私は学校を辞めることを決め転学届けを担任から貰いました。

単位を取るのにギリギリだったこともあり

春休み中毎日のように補習を受けに学校に行っていました。

担当犬とも毎日会えてクラスメイトが誰も居ない学校はとても楽しかった。

3月31日まで学校に行きました。

最後、担当犬と一日中遊び夕方にお別れをして帰りの電車で泣きました。

こんなことで辞めてしまう自分の弱さが嫌で担当犬に二度と会えなくなるのが悲しくて…

帰ったら大泣きしました。

それぐらい悩んで決めたことですがやっぱり後悔しています。

辞めなければ良かったと…。

担当犬と出会って変わったこと

今年の6月、偶然担当犬の去年の担当者さんのTwitterを見つけ

繋がってみたら担当犬が1週間前に亡くなったことを教えてくれました。

担当犬は不整脈などを持っていて私がいた頃も度々入院していました。

13歳でした。

その元担当者さんはとてもいい人だったので担当犬もたくさん愛されて

天国に行けたんだと思います。

それでもやっぱり悔しかった。

私が辞めなかったら担当犬とお別れを出来たのにって

その学校は亡くなった犬の慰霊祭を毎年やります。

私はもう生徒ではないのでそれにも出れません。

辞めなかったらもう一度担当犬に会えたのにって。

悲しくて、悔しくて泣きました。

だけど、学校を辞めた私は亡くなったことを知れないと思っていました。

今までもずっと分からなくて心配していましたが

1週間で知れたこと、凄い偶然だなぁと思いました。

そして知れたことは良かったんだと思います。

知った時は凄く悲しかったし今でも悲しいですが

担当犬が頑張って生きてきて、たくさん愛されていたことも知れたので。

もしかしたら担当犬が教えてくれたのかなって思います。

偶然、担当犬の元担当者さんとSNSで繋がり知れた。

それは本当は偶然じゃなくて担当犬が…って思います。

担当犬と過ごした時間があったので

私はドッグトレーナーになりたいという夢を持てて

専門学校もこの前AO入試で決まりました。

きっと、あの学校に入っていなかったら、担当犬に出会っていなかったら

私は動物関係の仕事をしたいとは思わなかったと思います。

動物のお世話をするようになって可愛いだけじゃないと言うことも知り

大変なこともたくさんあったけど

それでも私はやっぱり動物関係の仕事がしたいと思うようになり

ドッグトレーナーになりたいと思いました。

半年間で辞めてしまいましたがあの学校に入ったことは後悔していません。

この先、専門学校でも動物の勉強をしながら頑張りたいと思います。

マノン

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら
◆元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは東京・都立大学駅にフリースクール『Riz』をオープン。
居場所がないと感じて苦しんでいる中高生たちのために、元不登校生たちが中心となって運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

マノン
マノン

高校3年生のマノンです。 通信制高校に通っています。高校に入ってから転学を繰り返しています。 私は小中といじめを経験し不登校になりました。幼なじみからのいじめや親友を失ったこともあり人間不信になりました。高校でも軽度の嫌がさせや仲間外れにあい人と話すことが苦手です。両親が不仲で家にも居場所がなく...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. ぬい 2018/07/31 19:46

    夢があるって素敵なことだと思います
    ドックトレーナーの夢
    ぜひ頑張ってかなえてください

  2. samotoki 2018/07/23 22:29

    すごいなぁ、えらいなぁって。
    応援してます。

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP