夢見る少女(でいたい)

相手に妥協して、まぁまぁな彼と結婚する。

キュン死より、安定。

ドキドキより、安心感。

危なっかしい彼よりも、正社員でしっかりした彼と…。

マンガのような恋愛なんて、幻想で、夢物語。

そんなことしてくれる男の人なんていないよ。

 

 

…こんな常識っぽいことを、一心に信じて真面目にやってきても、結婚出来るとか、幸せになれるとか、叶わないのは、なぜなんでしょう?

仕事が楽しい!!!好きなことを仕事に!!!なんて言葉に憧れ、実現するにあたり必死に食らいついて頑張って、アドバイスをよく聞いたり、そのアドバイスに実はズキズキ傷つくことがあって、それでも頑張っていたけれど、聞いていた人達がみんな男性であって、女性的なものを一切手放して頑張っていたことに気付いたのは、何年も後でした。

今も、そんな『女』であることを、忘れてしまうことは多い。

仕事に生きるも良いし、働くのが楽しいに男女差なんてないのだけど…。『女性的な部分』は、男性に勝つ為ではなくて、女性的に活かすもの。

そんな風に、ここ何ヶ月かでやっと思ったりするようになったし、がんちゃんにも、少女マンガにも、恋愛胸キュン映画に、キュンキュンする自分が、実は凄く楽しいことに、自分で罪悪感を実は感じていたことに、ずっと気付かずにいました。

そんなことしてたら、婚期を逃すと思った。

バカにされると思った。

自立できないと思った。

仕事は、バリバリ出来ないと、と思った。

女性的な部分が、強いかどうかは人それぞれだけれど、きっと私は自分が思ってる以上に、その部分が強い。

イケメンはやっぱり好きだし、抑えててもテンションは上がる。

好きな人へのスキンシップは多い方が嬉しいし、甘えるのが大好き。

妥協して好きになるとか、結婚するとか訳が分からなくて、どんくらい妥協したらいいのか、いい加減が分からない。(完璧主義なところもあいまって、加減はより分からない)

本気で好きになって、100パーセントにならないと、その恋には挑めないし、好きになった人がいても、マンガとかドラマとかにキュンするなと言われても困る。

大人な対応。キュンとか考えずに、サラッと大人に恋愛して、芸能人なんか追っかけてないで…。

そんな風に、すべきだと思っていた。

それを、全部辞めたのは、割と自分にそんな風にやんややんや言っていた子達と、離れたからだ。

自分を女性扱いしない環境から、離れた時、自分が女であることを、やっと受け容れられるようになった。

我慢していた事を、これで良いと思えるようになった。

この先、出来るなら…出来れば、自分を大事にしない人間と、一緒になりたいとか、凄く好きだと思いたくない。

色んなものにキュンキュンして、うるさくても、それが楽しそうで良いと思ってもらえるように。

自分も、相手の何か特性を、受け容れられるようにしたい。

我慢や無理、頑張りは、何年も続くもんじゃない。

人のどこを、誰が、やかましいと言うのか、賑やかで良いと言うのか、そんなものは、人によって様々だ。

夢見がちな女は結婚出来ない。

私はいつから、そんなことを刷り込まれたように生きるようになったんだろう?

色んな人から言われたことに、自分でフィルターをかけて、タブーにしたことは、きっとこれ以外にも沢山ある。

キュンキュンすることを積極的に増やしてから、自分がどういうものが好きか?自分が沢山見えてくるようになって、人への感性がより鋭くなった気がする。

自分の心が動くものに接する機会を増やすことは、自分を知ることであり、自分が幸せになる鍵を増やしていくことだ。

片思いを収束させてから、半年近くが経った。

終わった〜という感覚から、またあんな風に強く惹かれる恋愛がしたいと思う。

結婚。前はもっとこの言葉に強く想いを抱いていたけれど、この一瞬が幸せであり、長い目で人生を考えることが向かないと知ってから、長くかかるだろう結婚には、良くも悪くも想いが薄くなった。

私が嫁に行く。そんな日が来たら良いし、そんな日来なくて、今仲のいい友達の子供がめっちゃ可愛いので、その子を愛でて人生を終えたらしょーがないのかな?なんて気持ちも湧いてきている。

ここ最近、友人知人を見ていると、自分にとって結婚や子供を持つことが実際どうなのか?色々考えてもしょーがないのに、考えてしまうことがある。

第二子、新居戸建、保育園料、保育園問題。

この先も、きっと色んな話を聞くんだろう。

まだ1、2歳前後が多いけれど、数年経てばまたもんだいは変わるんだろう?

金銭的な問題、家庭問題、出せばいくらでも出せるしきっと心配は尽きない。人と比べることも増えるんだろう。

私は未婚だけど、だからこそまだ、恋ができる。

前回の片思いは辛かったけれど、本当に実り多き恋だった。

またあの時もっていた恋愛感情が、辛かった感情でもあったのに、最近恋しい。

恋愛マンガとか、色々読んでるせいもあるけど、極論『恋っていいな♡』と思った。

向こうの給料だの性格だの仕事だのなんだの、この年齢なら突っ込まれる面倒な社会的条件が山程つきまとう可能性もあるけれど。

そーゆーの一旦抜きに、恋愛っていいな、人を好きになる、やっぱり好き、どうしようもなく好きっていう感情。

持ってる人を見ると、なんとも言えない羨ましさがある。

美しい、可愛い。なんとも言えない幸せそうな感じを受ける。

本人は、もしや辛いかもしれないけれど、人の感情の中では、やっぱり凄く良いものだなぁと思う。

理由がある、好きって気持ちもあれば、

よく分からないけど、なんか強烈に好きって気持ちもある。

どっちでも良いけど、なんか、凄く良いよね。

見ててこっちも、やっぱりキュンキュンするし、夢を見させてもらえるんですよ笑笑

愛される方が女性は幸せ、なんて言うけれど、

愛は求めるもんじゃない、なんていうのと良く言われていて。

自分に愛は与えるべきだ。なんて、自己肯定感とか絡む世界では言われていて。

どれ信じたら良いか分からないけれど。

私は夢見るタイプなので

やっぱり愛されたいですw

安心するんだよね、やっぱり。自分が深く好きになっちゃうタイプだから、自分の方が重いんだなと思うと、不安になるw

自己啓発本とかで言うと、これあんまり良くなさそうに書かれているけれど。

自分が心地いいほうを選ぼうと思う。

妄想とかも、割とガチで叶うって言うので…

妄想もキュンとするのも、甘えるのも、なにもかもどこか否定した時と、今とでは、入ってくる情報が偉い真逆だなぁと最近思います。

いろーんな情報求めて色々彷徨ってて、今もよく彷徨うことがあるけれど、

まぁ、要は自分の場合は、甘えたいんだなぁと思いますw愛されることに喜びを感じる。

これ、男性だと、女性を幸せにしたり愛することで喜びを感じる。とよく言われるらしいので、男性と話してるとよくごっちゃになりますw

まぁ、男性と話してる、よりは、人と話してる、からなぁ。男女で会話してることを、よく忘れますw

性別違う前に、お互い『人』ですからね…。

そこんところ、意識しないと、私勝手に傷つくことがあるんですw

私も、これを読んでいるあなたも、『世界』は違う。

違う世界観を、誰しもが持っていて、そこに男女だの血液型だの星座だの、長女だと一人っ子だの、いろーんな要素が含まれて、1人の人間です。

尊敬出来たり、自分にとって心地いい世界観を持っている人間と、末永く一緒にもしいることが出来たら、それが良いのかもしれない。

でも結婚すべきとか、子供持つべき、もっと言えば『恋はすべき』なんて言うのもちょっと違う気がするので。

私はとりあえず、キュンとしたりすることを増やしながら、誰かを深ーく好きになるって良いよね!ってことを、最近漠然と思っていて、このブログにひたすら書きました。

恋愛でなくても、人を好きになるって、やっぱ良いよね!恋したい!って気持ち、今すごく共感できる!

出来れば、次の恋は、楽しくする為に…自分を整えて行きます!!!

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら
◆元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
ココトモは東京・都立大学駅にフリースクール『Riz』をオープン。
居場所がないと感じて苦しんでいる中高生たちのために、元不登校生たちが中心となって運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

オハナ
オハナ

初めまして。 オハナと申します。 ライフチェンジカウンセラーとして、自信がない人や、生きにくさを感じている人…そんな人を笑顔にしたり前向きにしたりする仕事をしています。ココトモの次のステップを後押しするチャレトモのほうでは、キャリアアドバイザーとして活動しています。 私は、『救う』と言うよりは...

ただいま注目されているブログはこちら

同じカテゴリーの最新ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全3件のコメント

  1. オハナ 2018/10/31 15:59

    ぬいさん★
    ぎゃっ!!!曲がバレてる…w著作権とか気になって、タイトルは変えてます…。
    昔は好きじゃなかったなぁ…夢見がちな自分の性格…。

    自分が止めたのに、恋愛体質の友達が突っ走ってた時、恋愛に対しての印象って悪くなりました。勝手ですよねw
    心配してるとか、あるけれど…全てを投げ捨てて、目の前のこの人が好き!なんてドラマチックなもの、正直今思うと、結構憧れる…笑笑
    結婚考えるなら、そんな強烈な恋愛はタブー視されるけど、やっぱりそんな強い想いがないなら、そもそもずっと寄り添いたいと、私は思わないかもしれない。
    いろーんな本とか、ブログとか、情報ありますよね。自分の恋愛に自信がなかったから凄く読み漁っていて、今も見るけど、やっぱり自分が何となく感じてたこととかに戻ってきちゃった。メソッドとか、思ったより関係ないですね。

    好きなんだから好き!そんな論理とか破綻した感じ、今なら無責任に応援しちゃいそうな気がします。
    結果どうなるかなんて分からないけれど、そんな真っ直ぐで素直な想い、接する機会があれば応援したいし、私もそんな真っ直ぐな恋愛がまたしたいと思います。もしまた、傷つくことがあっても、それすらも後からで良いから、楽しい思い出にしていきたいと。

  2. ぬい 2018/10/31 14:40

    鏡の中 今も震えてる あの日の私がいる 夢見る少女じゃいられない~♪
    いい曲ですよね
    恋愛をどのように考えているか
    それも人の数だけ答えがあるんだと思います
    そして多くの人が興味をもつカテゴリーだからこそ
    いろんな恋愛の鉄則が開発されて流布されるんじゃないかなと思います
    けれどどんな鉄則も好きという気持ちの前には非力なのかもしれません
    好きなんだから好き
    未来なんかどうなってもいい
    そう思わせる何かが恋愛にはあるのかもしれません
    そういう強い思い故にいろいろ失敗もあるのかもしれませんが
    苦しみも愛おしさもぜんぶひっくるめて楽しめればそれが一番なような気がします

  3. 夢見る少女(でいたい) | dear anri 2018/10/31 03:01

    […] Source: 無料悩み相談&掲示板『ココトモ』-メール・電話・恋愛相談多め 夢見る少女(でいたい) […]

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/
ページTOP