考えるより感覚、無難よりもバカを。

こんばんは、ココトモメンバーの結婚式に行って来て、プチケーキを10個以上食べてお腹が重いオハナです。(当たり前w)

同じくメンバーの人と笑いあったり、そのメンバーのお子さんが天使みたいだったりして、とにかく幸せな1日でした。

プラス、昨今の結婚式に関する自分にとって初めての経験も多く、色々発見がありました。

今日した経験は幸せそのものですが、2ヶ月前に書いたブログの時より、今の私は最悪です。(ただ、「最悪」という言い方も語弊があるが…)

まず、親の交通事故後に、事故の後遺症で親が入院、手術。

私が、粉瘤の施術後に、更にあちこちによく分からない出来物が出来まくって、手術までは行ってないけど、病院に通いまくって、ここ2週間で3箇所に代わる代わる腫れ物が出来ている始末でカオス。

仕事が残業続きで、リーダーやら関係者やらと週末何回?のペースで話し合い、とりあえず辞める運びになっています。

ひとまず胃がやられて、ひどい腹痛に見舞われることもう数えきれない毎日。

最悪です。

呪われてるか?とたまに疑いたくなるくらい。

食べ物美味しくない。(主に会社のランチ時。今日のデザートブッフェをしこたま食べたのは、多分、奇跡、だと思う…)

こんな状態でもかろうじてジムは行かなきゃ的な気持ちと行きたい気持ちで何とか行けてるけど、午前中は起きられない感じで休日はすぐに終わります。

会社側の配慮で仕事内容が変わり、何とか年末までは仕事を続けられそうにはなりましたが、ここに来て、12月末までやるか、来年1月まで仕事頑張るか悩んでました。

気持ちも体調も、年末まで希望。なぜなら、もう体の不調が原因不明過ぎて、仕事のせいにしてる感じだから。何がいいのか分からんけど、辞めてみないともう分からんから。

でも、取り壊し予定のアパートの後にどこに住むか、と言うかどう生きるか?決まらず、家を探す余裕もなく…みたいな2ヶ月を過ごしてて、来年1月まで頑張れば、家を悩む時間も作れて、お金も入るし良いのではないか…?

悩んで悩んで15日に結論出す予定が来週に先送りになり…。

で、今日の結婚式。

私のテーブルでココトモメンバーが興味深いことを言いました。

「悩んでる決めたことって、あんまりうまく行かないことが多い」と「無難な方選んでしまうと、なんか違うって思ったりする」みたいなこと。(会話の流れなので、ちょいと言葉は違うけど…)

悩んで考えて決めることは決して悪いことじゃありません。でも、私の性格上はあまりうまくいきません。

悩んでるって、無難な方に引っ張られたりすることが私の場合はすごく多くて…

今回言葉をくれた人も、結婚においても家に関しても直感派だったので、私の心を大いに打ちました。

私は、直感で思ったことから逃げようとします。その選択が、危なかったり怖かったりリスキーだったりすることが多い気がして。

周りに否定されそうな気がして。

馬鹿にされるのが怖くて。

うまくいかなかったら、もしその選択がダメだったら、どうしたら良いか分からないから。

事故後の親に頼るわけにもいかないし、そもそも頼りたい気持ちもないから。

だから、独りだから。経済的に頼る人もいないから。

だから、無難で少しでもお金で得しそうで、安全そうなほうに、逃げたくなる。

安全が悪いんじゃなくて、私は「逃げたくなる」んです。

選択するのではなく、逃げる。

周りの同意が得られそうな方へ。得をするほうへ。

でもその代わり、自分の意思や体調を無視したり、不幸せな時間を背負うような選択に向かうことが多い。

誰かにとっては、私の思う「無難」は正解の道なのでしょう。

でも私は違うみたい。

それが、これまで生きてきて、自分で納得が出来ました。

今日結婚式に参加して、その人の言葉を聞いた時、年末で今の仕事を辞める選択が、私にとって自分の決断としては正しいと納得が出来ました。

家も生き方も仕事も何もかも。一旦今年一杯が、私のリミットでしょう。

勿論変わるかもしれない。でもきっと、一旦年末、もしくは2月くらいまでは、恐らく私の人生は変わったり悩んだりアップダウンが激しそうです。

疲れた、休みたい。

これが「本厄だから」と思うこともできるけど、今年頭にイケメン神主に厄祓いしてもらい、完全にそこで私の「厄年」は終わりを告げました。この感覚も、自分だけの納得した答えだけに過ぎません。

でもなぜか、この意味不明な「本厄終わった説」は私の中で揺るがないw

んでもって、今の私は自分を「最悪」だと本心では思ってません。

三代目の岩ちゃんを間近で見た今年。体型のコンプレックスを払拭した今年。ずっと欲しかった感覚を得られる方法を見つけた今年。生まれ変わったらモデルみたいになりたいという気持ちが満たされた今年。親に「綺麗になった」と初めて外見を褒められた今年。

仕事が延々苦痛でも、今年あった幸せはちゃんと言えます。でも今は心身共に酷いです。「何これ?」と毎日毎時間思ったりもします。

今日青いバラ(染めたやつね。)を買った時、「あまり見なくて珍しい色ですね!」って話しかけられて凄く嬉しかったです。その瞬間、「このバラ買って良かった!」と思いました。私は、自分の好きなものと誰かとの思いがけない予想外のコミュニケーションが起きた時に、無性に幸せを感じ、良い意味で人は人とか変わらざるを得ないことと、その幸せを感じます。

多分、私は自分が思ってる以上に凄く単純でシンプルです。私は私を難しくしまっているし、「普通の仕事」はそれを悪化させることが多いです。。。

今の私は、仕事も家も捨てるチャンスがあります。一旦自分の人生を、誰にも邪魔されることなく自由に選べる。強いて言うなら「お金」と「体調不良」が邪魔してるくらい。

この前別の人と話して、私にとって「自由」って意外に「不幸」なんだと思いました。選択肢が多いこと、なんでも選べることって、幸せでもあり不幸でもあるんだと思いました。

もし今の私に、彼氏とか婚約者がいたら、もう少し選択肢が狭まって、その分幸せだったのかもしれない、なーんてことも思います。

きっと今の私は、誰より自由で、誰にも縛られてなくて、幸せで、不幸です。

悩みまくってて、でも悩んでる間は多分答えは出ない。きっと、今の状況を決断する時は、悩み抜いて答えを出すことはないし、悩んでるってことは私は今それに関する答えをそもそも私が持っていないことを意味している気がします。

無難なほうを選択することも同じ。バカな選択を取る方が、私は本当は好き。そうしないのは、いつも恐いだけ。

恐い理由を探し、人から否定される言葉を想像してはそれで一々傷つき、一々おびえてしまう。

人間らしいとも言えるけれど、本当はそんなつまんないことは私は望んでいない。

バカな、12月末で辞める選択をして、お金がなくなり家がなくなり仕事がなくなり、生きることができなくなったとしても、私が最後まで自分を嫌いにならないほうを、自分が誇らしくなる選択が出来れば…

33歳を迎える日が、アパートの退去期限。極端だけど、バカで楽しくネタになりそうな選択をして、それで32歳の間に死ぬことと、無難を取りまくって60歳で疲れて死ぬこと、私は32歳で死ぬ方が自分がその終わりの瞬間、幸せになれるんじゃないか?と思います。

質を取る。質も時間も何かも欲しいけれど、1つしかもし選べないのなら、質を、幸せを取る勇気が私は欲しい。

こっから、私が純粋に思ったことを書きます。

自由の中に、生死が含まれると、私は思っています。

生きるも死ぬのも、今の私は自由です。責任なんかないから。旦那も子供もいない。仕事さえも手放したら、私は本当に「やらなきゃいけないこと」から自由になり、そのままだと常識的にはお金もなくなり生きていくことは難しくなります。

ぐるぐる繰り返す体調不良、何が原因なのか分からないし、どうすればある程度健康なまま仕事が続けられるのか?生きられるのか?今の私には分からなくてとっても辛いです。

この体が手放せるなら…と思う。

生きてることが幸せか?と問われれば、私は「NO」と答えるでしょう、今なら、ですが。

生きていれば幸せになれるわけでもないし、ボランティアをすれば、人に何かをしてあげれば幸せになれるとも限らない。

1つだけ最近知ったことは、人助けみたいなことして幸せになれるか分からないけど、そんな類のことをした瞬間、相手と向き合ったその時間や瞬間に「幸せを味わえる」ことは分かりました。

何かしたから幸せになれる法則はないけれど、「幸せな時間を限りがあっても味わうことが出来る」のは真実のようか気がします。

お金って、生きる為に必要なのに、死ぬ時には多く持っていれば持っている程後悔する可能性も高いような気がしました。(子供いたり相続したい人がいる時は別だろうけど…)

仕事しながら、お金の為に頑張ってる周りと自分を感じて、いつもお金や幸せについて、悶々考えていることがあります。

私が生きるのに、幸せに感じる時間に必要なものってなんだろうな?

その答えを、私はまだ知りません。

多分、教えてくれるのは、自分ではない「他人」という、有難い存在なのだと思います。

その「他人」という存在に出会う為にも、私は自分の中の恐怖に負けずに、バカで直感的な選択を、出来る限りしたいと思ってます。

私はまだまだ自分の取り扱い方や、どういう時にどんな選択をするか、分かっていません。だからこそ、これまでと逆をしてみていきたいと思いました。

今日、私にとって1つの「答え」をくれたココトモメンバーには、とても感謝したいし、恋愛やら結婚は本当に「フィーリング」が大事なんだなと思いました。

日付変わってしまったけれど、周りにも自分にも幸あれって感じです。

こんな不幸な感覚がまた1ヶ月後、半年後、1年後、どうなっていることやら…。

今よりもう少し悩んでいない自分でいられれば…そんな未来を切に願います。。。

繋がりもなく取り止めもない話をつらつら…。また何か節目があった時にでも、理解できたことをここに出せたら良いな、なんて思います。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. オハナ 2019/11/26 19:12

    ぬいさん⭐︎
    考え抜いたら悩み抜いた先に答えを見つける人も、そっちのほうが合っている人もいるんだと思います。
    自分の行動の軸が何なのか?最近本で読んだ「自分の取扱説明書」みたいなものが何なのか、知っておくのは良いのかなぁ?と感じました。
    それを踏まえると、私の向かう先は「フィーリング」なのかなぁ?と思います。
    瞬間的に選び取った方に吉がある、そしてそっちのほうが奥深い、それが私にとっての正解、そんな気がします。
    ぬいさんにとっての「正解」を、それを知っているのはきっとぬいさん本人なんだと思います。

  2. ぬい 2019/11/20 21:43

    フィーリング
    直観的なものの決め方ってとても大事かもしれませんね
    自分が今その瞬間どう感じているのか
    そこは自分の行動の軸になりうるものなのかもしれません
    その行動指針が実現可能かどうかはわかりませんが
    けれど、自分がほんとうに望んでいること
    それに気づくことができる感性はとても大事なのかもしれません
    フィーリングは瞬間的な感覚なのかもしれませんが
    奥深いもののような気もします

ココトモメンバー募集中!

ページTOP