自責の強かった私が、涙を流すことで得たもの

はじめまして(^^)

ココトモメンバーになったばかりの「れん・七味」といいます。

最初に少し自己紹介をさせていただきますね。

私は10年程前、心療内科に5年間お世話になりました。

重度のうつ病、パニック障害、不安障害…庭の外に出るだけで、激しいパニック発作が起きるような体になってしまいました。

そんな当時の私は、感情を感じることができなくなっていました。

人からバカにされたり、傷つけられても、うまく悲しむことができなかったんですね。

悲しむ代わりに何をしていたかというと、

【自責】です。

自分はダメな人間だ、と自分をいつも責めていました。私が悪いから、こうなったんだ、と。

そうやって自分を責めるというのは辛いことのはずなんですが、長年のクセで、そうせざるを得なくなっていたんです。

何かあるたびに、自分を責めてきた。

辛いのに、やめられない。

 

なぜでしょうか?

私が、自分を守るために、それがベストな方法だと学習して、そのようになったんですね。

悲しんでも怒っても誰も助けてくれなかったから…。

諦めの感情が、うつ状態、無気力を生み出していたのです。

 

私はそんな中で、あるときこんな風に自分に語りかけました。

「私だって、無気力になりたくてなったんじゃない。自分のことをダメだと思いたくない。でも、そう思わないと生きていけなかったんだ。生きていくために、必死で身につけたやり方だったんだ。

本当は、泣きたい時も、怒りたい時も、我慢してきた。辛かったね」と。

そうして、自分のために泣いたんですね。

何かあった時、心にチクッと違和感があった時、自責が出てきたときには、

「自分を責めなくていいよ。私はいっぱいいっぱいだったんだよ。大丈夫、辛かったら泣いていいんだよ」と。

最初は、うまくいきませんでした。自責の声の方が大きくて。

でも、自分の気持ちに寄り添うことを心がけることで、少しずつ、少しずつ、自分の感情を感じる力が戻ってきました。

何が嫌で、何をしていると嬉しくて、楽しくて…と。

喜怒哀楽は繋がってますから、悲しみや怒りが放出されると、楽しいことや嬉しいこともうまく感じられるようになるんですね。

こうやって私は、自分のためにたくさん泣いて、そうして「本当の、私の感じ方」を取り戻したんですね(^^)

 

 

そして、また立ち上がろう、幸せになろうと思えたのです。

涙の中で育つ木

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP