ヤングケアラー

こんにちは!皆様お疲れ様です。あさきです。

相談者さんから様々な豪相談内容がたくさん届いております。対応しているときにふと思った単語があったのでご紹介させてください。

ヤングケアラーってご存知でしょうか?

小学生~18歳未成年の学生が親や兄弟の介護やケアを行いつつ、学校に通っている子供たちのことです。世話をしている家族が「いる」と回答したのは、中学2年生が5.7%、全日制高校yありたいこと2年生は4.1%と一クラスに1人か二人はいることになります。

何が言いたいかというと、少子高齢化に伴って、祖父母の世話しなければならない。親の病院に付き添わなければならない。周囲にどう助けを求めていいかわからず、精神的に苦しんでいる子供たちが多く存在していることで、「遅刻・早退・欠席、学力の低下」を招き学生らしい学校生活を送れないでいる子が多く存在しています。

ココトモで相談に来る方も10代前後男女です。親の理解が得られない。病気や介護で自分がやりたいことがうまくできない。周囲の大人が助けてくれないなどのキーワードが出てきます。ソーシャルワーカーやケアマネージャー、先生などの大人たちの支援が必要であるとアイキャッチの本にはかいてありました。日本の裏には学習もままならない子供たちが多く、こうして相談にくるのではないのかと感じました。少しでも支えになればと思い継続して活動していきたいと思います。長文失礼しました。

0
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができる場所なので、ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

まだコメントがありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up