辛い家族関係の体験談インタビュー『きさ』

ココトモメンバーインタビュー企画!
今回は「きさ」さんに辛い家族関係の体験談を聞いてみました。

まずは自己紹介をお願いします

ココトモメンバーのきさと申します。現在現役の高校生です。

幼い頃に両親が離婚して、母&姉&伯父&祖父の5人で暮らしています。

母は昔から気性が荒く、暴言は日常茶飯事… 時には激しめな暴力も。

また、過保護過干渉で日常生活や友達関係などに制限をかけられることが多く、お友達に迷惑をかけてしまうことも沢山ありました。(というか今もあります(-_-;))

友達に母のことを話して初めて自覚したのですが、母はいわゆる「毒親」というものでした。

家族関係が辛くなったきっかけを教えてください

幼い頃から暴言や暴力は日常だったので、きっかけというよりかは何故こうなったのか?をお話させていただきますね。

思い当たることは、

  • 母は祖母に自由かつ大切に育てられてきたらしいのですが、自由故にヤンチャに育ってしまい、自分の子供にはこうなってほしくないと思い自分の子供には過保護過干渉で厳しく育てることに。。
  • もともとヤンチャな母にとって暴言暴力が当たり前だったこと。
  • 両親が離婚して母が独り身。だから本来は父親に当たるあずの愚痴やストレスが子供に向けるようになってしまったこと。

大きな原因はこのくらいでしょうか。やっぱり母親の生い立ちとか、どう育ってきたか?みたいなものはすごく大事なんだな…と日々感じます。。

一番辛かった時期にはどう気持ちを保っていましたか?

どの時期が一番つらいのかはハッキリとは決められないのですが、多分「中学3年生~高校1年生あたり」だと思います。(この時期何があったのかは話が長くなりそうなのでカットさせていただきますね。)

母からは私自身を否定してくるような暴言を吐かれることが多く、徐々に自分ってそんなにダメなのかな…こんなに毎日言われるなら死んでしまったほうがいいのかな…と思っていました。

そんなときに私はTwitterをはじめました。最初はTwitterのチャット機能(DM)で無料の悩み相談をやっている団体があって、そこに辛いことを聞いてもらっていました。ですが徐々に相談員さんとのDMだけでなく、自分と趣味が合う人とも交流するようになりました。Twitter上では自分と同じような境遇の人がたくさんいて、親のことを相談したり気持ちを共感してもらえたりして初めて見つけた温かい自分の居場所でした。

高校1年生くらいだったと思うのですが、朝学校行く前にすごく親に殴られて酷い暴言も吐かれてしまって。そのときこのまま駅のホームに飛び降りたら楽になれるんじゃないか…と思ったんです。でも、そんな勇気なくて。でも辛くて。そんなときにTwitterの相談員さんに今の気持ちをありのままに伝えたら、自分の全てを受け入れてくださって、安心する言葉を沢山かけていただき落ち着いていました。

ネットは使い方を間違えれば簡単に人を殺してしまうこともできると思います。なので私がここでみなさんにTwitterでの交流を推奨することはありません。ですが、自分にとってネットというものは、辛いことがあったときの逃げ場でもあり一つの居場所です。ネットの世界があったから救われた命も沢山あるんだなと日々実感しています。

多分私もTwitterがなかったら今生きているのか不明です。

家族関係が改善した転機や出来事があれば教えてください

家族関係が完全に改善することは、多分私が家を出ない限りないですね…(今も母からの暴言暴力,過干渉はあるので…)

でも、一番つらかった時期と今とでは全然母は違くて。前は毎日毎日怒鳴っていましたが、今は落ち着いている時間も増えてきたと思います。(もちろん怒鳴られることもたくさんありますが。。)

私からは、自分が言いたいことよりも母が望んでいる行動をなるべくとるように。そして自分が辛くても母の機嫌を損ねないように笑顔でいるようにしていました。でも、多分私の小さな心がけよりも母自身の精神状態が結構安定してきたのが大きいと思います。

今、家族関係で辛い思いをしている人へ

家にいるのが苦しいって本当に辛いと思います。特に学生の方は簡単には家を出ることができないし、実質親がいなきゃ何もできないと思います。

辛くて苦しくなったら是非ココトモに来て気持ちを思いっきり吐き出してください。もし文章化するのが苦手なら、他の団体の無料電話相談なども探してみるとたくさんあります。

でも、そんな辛い気持ちを抱えているのはあなただけではないんです。他にも、孤独でいっぱいで誰かと気持ちを共有したい。と思っている人って意外にたくさんいるんです。しかも、そんな人たちを救いたいって心から思っている人もいるんです。私もその一人です。

なので、一人で抱えこまずに是非誰かに頼ってみてくださいね。

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

――インタビューは以上です。
貴重なお話を聴かせていただき、ありがとうございました。

6
ココトモメンバーたちと交流しよう♪

ココトモメンバーたちと交流するための『メンバーのお部屋』掲示板ができました。気になるメンバーと気軽にお話することができる場所なので、ぜひ色んなメンバーのお部屋に遊びに行ってみてください♪

メンバーのお部屋はこちら

コメント一覧

まだコメントがありません。

コメントを投稿する

コメントを投稿するにはログインしてください。

keyboard_arrow_up