無意識の定位置は?のお話

a0002_008702

誰でも、「特に意識してはいないけれど、何となく落ち着く場所」というのがあると思います。

電車の中では、はじっこの席だったり。

教室の中では、壁際の位置だったり。

これが「無意識の定位置」ですね。

悪いことはないんですが、時々やっかいでして。

例えば、「彼氏(彼女)が欲しいと思っているのに、なかなかできない。」という場合。

『本人は、「私は恋人が欲しい!」と思っている。』
『でも、なかなかできない。』
『あ~、やっぱり私に恋人なんて…。』

……。

はい。
この人の「無意識の定位置」は、と言うと、それは「恋人がいない自分」です。

恋人を作るためには、自分磨きの努力や告白する労力、断られるリスクetc…があります。

それらを経験するよりだったら、(自分では気づいていないのですが)「恋人がいない自分」という立ち位置が落ち着くんですね。

だから、自覚なく恋愛のチャンスを避けます。
無意識に自分を、「恋人がいない自分」という立ち位置に置いているわけです。

……。

とは言え、別にそれが悪いことでは全然ないんですけどね。

問題なのは、自分がありたい姿と、無意識の立ち位置が違っている場合。

・恋人が欲しいのに、「恋人ができない自分」の位置に自分を置いている。

・親と本当は仲良くしたいのに、「反抗的な子」の位置に自分を置いている。

などなど…。

悩みがある方は、一度、自分の立ち位置を見直してみてはいかがでしょうか?

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. すずか 2015/08/05 00:12

    ゆきえさん>
    ありゃ(笑)

    でも、「図星=自分で自分の立ち位置を認識している」ということなので、問題はないかと^^;

    あとは、自分をどの位置に持っていくか、ですね♪

  2. ゆきえ 2015/08/04 02:22

    恋人が欲しいのに、「恋人ができない自分」の位置に自分を置いている。
     
    !!!!
     
    すずかさん、わたし図星すぎて耳が痛いよ~笑

  3. すずか 2015/08/03 23:37

    まいんさん>
    こんばんは♪
    確かに、厳しく言っちゃうと「言い訳」なんですよね^^;

    ただ、どんな場面でも、「自分は今、どんな状態(位置)にいるか」を把握することって大切だと思います。

    風邪だって、ひき始めと末期では手当の仕方も変わってきますからね。

    現状を正しく認識できたら、「違う世界が見える」第一歩が踏み出せた、と言えるかもしれませんね^^

  4. まいん 2015/08/03 01:44

    こんばんは
    恋人がほしいの例は、よく目にする事象なので分かります笑
    言い訳にしてることが「無意識の定位置」になってることってありますよね。
    なかなか耳の痛いことではあるのですが
    そこを突破できたら新しいステージに進めて
    違う世界が見えるかもしれませんね。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP