TATAにとっての元気になる魔法の言葉【X’masリレー】

ぬんぬんさんからのブログテーマを受け取りましたぁ。

しっかり書きますぜぃ。。

テーマは、

『元気になる魔法の言葉!』

げんきになるまほうのことば!?

ゲンキニナルマホウノコトバ??

元気になる魔法の言葉?うーん。

そんな魔法の言葉なんて無いです。(どーん)

そんなこと言ってしまったら身も蓋もないですね。

ということでテイク2!ゴホン。
私TATAにとっての元気になる魔法の言葉は『ありがとう』です。
(え?何。その普通な回答!!)

ふふふ、そうですよね、でも私は言葉そのものよりも、イメージやシチュエーションや伝え方が大事かなぁと思っているので、あまり紹介できる良い言葉ってのは思い当たらないんですよね。(ごめんなさいm(__)m)

 

例えば「ありがとう」という言葉。どういうときに使いますか?

席を譲ってくれた、ペンを貸してくれた、荷物をもってくれた、プレゼントをもらった、財布を拾ってくれた、命を助けてくれた。
些細なことから大きな恩まで感謝の気持ちを表せる手軽な言葉ですよね。
良い言葉なんですけど、日常的に使いすぎて、あまり印象に残ることって少ないかもしれません。

ただね、ちょっと伝え方、受け取り方を工夫をするだけで、それが魔法の言葉になることもあります。

イメージしてみてください。

バスで席を譲っただけなのに、その場でメモ用紙に「ありがとう(^o^)/」と手書きで書かれて渡されたらどうですか??
私なら、きっとそのメモを貰ったら、一日中ハッピーな気持ちでいれると思います。

P_20151120_174213

 

ありきたりな言葉でも、ちょっと大げさに伝えてみたり、普通はしないような伝え方をすることで特別感が出ますよね。

 

元気になる魔法の言葉なんてありません。言葉に魔法をかけるがいるだけです。
そして、誰もが魔法をかける力をもっているんじゃないかな。私はそう思いますよ。

 

ということで、みなさんもどうすれば言葉に魔法がかかるか色々やってみましょう!

きっとあなただけのオリジナルの魔法があるはずです。そんな魔法なんて思いつかないよ〜って方はTATAまで連絡を!一緒に考えましょう。

 

さてさて、次の執筆者はむちょこさんです。
お題は、『私にとってのサンタクロース』。いったい、サンタクロースとは何者なんでしょうか?私は物心ついたころから、サンタさんはいないものとして育ってきたので、昔から周りの人が信じているサンタって何なんだろう?と不思議に思っていました。むちょこさんにとってのサンタクロース。お楽しみに!

ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. TATA 2015/12/06 21:31

    ゆきえさん。
    ありがとうございます。
    ジェスチャーかぁ、良いですね!

    人に何かを伝えるのは言葉だけじゃないんですよね。言葉以外で魔法をかけましょう。

  2. ゆきえ 2015/12/06 18:26

    伝え方もたいせつ。おっしゃるとおりですね!
    次ありがとうを言う時は大げさにジェスチャーしてみようと思います☆

ココトモメンバー募集中!

ページTOP