[自問自答]始めて出来た相方と別れるべきか、付き合い続けるべきか

どうも、初めまして、作家志望の梟と申します。
少し時間ができたのでまずは日記からデビューさせていただきます。
皆様の相談に乗ってあげたいのはやまやまなのですが、自分自身のことがイッパイイッパイです。
状況を整理するためにも自分の体験談を書かせて頂きます。
この記事を書くことで気持ちの整理も入ってますが、相方や恋人と気が合わない別れたほうが自分のためかも と思っている方へちょっとした指針になれば幸いです。
 
※かなり愚痴が含まれてるかもしれません、気分を悪くしたらゴメンナサイ。
後程、口直しの記事も書かせて頂きます。
 
 
 
まずは簡単に自分の紹介から
中学校までは普通に友達も居た自分ですが、中学校以降、他の皆とは違うズレを感じるようになってしまい、孤立までは行かなかったのですが突然友達が減ったり、気がつけば軽度の鬱になっていたりと苦労ある人生を歩んでいました。
現在でも一応大事でな存在ではある親族(親戚系)から
嫌な経験をさせられ、その経験のせいで苦労することもありました。
幼少期の経験ってのはやっぱり自分を形成する大切な要素なんでしょうね。
 
と、それ+実は自分、先天性精神疾患を持って生まれていたみたいで(重度ではなかったからつい数年前まで分からなかった)中学校から友人関係にズレが生じたりしたのかなと思います。
また、それを持ってるがゆえに、普通の仕事でも苦痛に感じることも多かったり、仕事場でミスをした際、理由を反射的に言ってしまうと屁理屈だと言われたり。
このへんの感情コントロールは少しずつ制御できるようになってはきましたが
 
と、長々と失礼しました、何が言いたいかと言いますと対人面では苦労していて、今まで本当に自分を理解してくれる友人に出会えなかったのですが、今年の1月、恋人というよりは、相方と出会い、辛くも楽しい日々を過ごしております。
何故辛いという言葉が出るかに関しては、言葉のDV、モラハラを受けているような気がして、また、喧嘩になった際、必ず自分が謝らないといけない事態だったり、
相手が謝ってもそれは、自棄な謝罪で、謝意や誠意の欠片もない一言だったり
救いなのは暴力がないことぐらいです。
 
 
 
つい先日の出来事です。
自分の家にて、その相方と買ってきた弁当を食べようとしていたのですがテーブルが狭かったので弁当を開けて、弁当の蓋を弁当の下に引くと相方が大激怒して大変な事態になりました。
のちにしったのですが、家庭環境のためどうしても弁当の蓋をしくという行為が許せないそうなのです。
 
知らんがな……。 そして、そんな些細な事でブチ切れるなと……。
この後大喧嘩になり、自分は食欲をなくし、食べるのを破棄し、相方は、ほんの少しだけ食べると寝泊まりする部屋に行きました。
 
これは相方を許容するという意味でギリギリ許せたのですが、
現在悩んでいる問題が一つあります。
 
この話をする前に自分の経済状況を伝えます。
実家ぐらしで収入が10万ぐらいなのですが奨学金の返済と家に入れるお金とで月に自由に使えるお金が食費込で4万円なのですが
 
8月半ばにツイッターのとある趣味の集まり(10人前後の友人主催交流イベント)
 
高速バスという手段を使ってホテル2泊して という安価なプランでも2万円ぐらい使ってしまうのですが
 
3月と5月半ばに似たようなイベントに出席していろいろ考えた末
自分の生活費の半分を出してまで行く価値はないかなと思い(作家になれればいやというほど行けるし)
イベントまで約1ヶ月となった日、相方に行かないことを打ち明けたのですが
大喧嘩になってしまいました。 
 
そんなに行かせたいならお金を出してもらえれば良いと思いますが
それはちょっと厳しいのです、お世話になればなるほど、相方は自分のことをぞんざいに扱います。
正直、DVやモラハラを感じます。
口論になっても絶対自分が正しいと言いはるところとかが本当に腹が立ちます。
そこまでは仕方がないかなとは思ったのですが、一度話は保留になったのですが
自分自身のことで予期せぬことがおきました。
 
相方を見送った後のこと、仕事前の過眠をして、起きて、pcを起動させるとパソコンが動かなくなっていたのです。
※アニメ見たり、執筆したり、ネットサーフィンやネット友達交流したり、生活には欠かせないアイテムです。
 
当然がっかりはするのですが、そこまでがっかりはしていませんでした。
だってがっかりしてもpcが治る訳ではないですから
 
そんな状態で、嗚呼自分大人だなっ(笑)
と思いながらもこのことを説明して、そんなこんなでパソコンが使えなくなる日々は絶対嫌だから、ゴメンけどもうイベントにはほぼ参加できない。
 
と相方に報告しました。
 
すると なんて言葉が帰ってきたと思いますか?
 
その前に返事の予想をしてみましょう。
 
1 それはさんざんだったね……。 そっか もうじゃぁ無理なんだね……。
 
と参加を諦める返事
 
2 修理代たてかえるからさ、イベント行きたい……ダメかな?
 
と心配しつつお金は一時的に負担するから、代わりにイベント一緒に行こうとの提案。
 
一応、自分は、貯金はほぼなく、相方は、年上だから当然ではありますが、数百万の貯金はあります(ただ、軽度の鬱のため療養中)
 
3 1と2の中間、少しだけ修理費用持つよ その代わりイベントいけないかな?
 
みたいな提案。
 
さてさて、実際に帰ってきた返事はどれだったと思いますか?
 
 
 
正解は、4番です。
 
お金を出す類のことは一切言わず、それでも絶対イベントに行きたい! とわがままを貫いてきました。
 
え? あの、自分の夢分かる?執筆することだよ?
 
たった1日のイベントのためにpc使えない日々を1ヶ月過ごせと?
 
 
これは本当に酷いなと思いました。 
 
そして、更に相方の酷い発言は続きます。
 
相方との少ない共通の趣味でとある音楽ゲームをやるのが相方の家に泊まる際の日課になっていたのですが、それを我慢してでも行く価値があると言われ、ほとほと呆れてしまいました。
だって自分はその音楽ゲームが大好きなので
そのゲームのプレイ金額が4ヶ月やって約1万5000円ぐらいなのですが
(1週間に500円~1000円ぐらい)
 
わかりやすい例えで言えば、タバコに近いものでしょうか
(タバコを吸ったことはないですが、定期的にどうしてもやりたい!ってぐらいの)
 
うまくは言えないですが、正直、付き合いだして3ヶ月ぐらいした頃から(現在7ヶ月)些細な事で大喧嘩になり
 
譲歩し合えばいいのに、相方から譲歩されることはあんまりありませんでした。
 
相方のことは好きだけど、相方は、2番目ぐらいに自分の文章を理解してくれてるし、自分のことをわかってくれているし、ゲームセンターの息抜きに付き合ってくれるし。
 
でも、そんな要因が積み重なっても、何かがかけると正直付き合えないぐらいぎりぎりの関係ではあるのです。
 
そんなこんなでこれから相方と別れるか付き合うかを悩んでます。
もう別れたほうが良いんじゃない?ってのもあるかもしれませんが
 
自分の性格が、よほど酷いことをされない限り人を嫌えない性格で、どうしても自分から別れを切り出すということが出来ないのです。
 
自分もいることはいるのですが、ネットの友人数人と、その相方と中学校からのダチがいるぐらいです。
 
ただ中学校からのダチは、そのゲームに興味を示さないだろうなという状態。
 
相方と別れる=ゲームをする機会がなくなるということになってしまいます。
 
作家になれる目処がたっていて、数カ月後には、アルバイトから解放されて好きなタイミングでゲーセンに行けるよ! ってな励みがあれば きっぱり別れられるのかな……。
 
でも、一つ問題があって相方と付き合いだして遊びに夢中になり執筆がおろそかにもなっていたのでヘタすると別れないと延々夢を叶えられない気もして
 
人恋しいしその音楽ゲームをしたいけど今は我慢する時期なのかなぁ……。
 
と、独りで悩んでる人に元気付ける言葉を一つ。
 
貴方が孤独を感じる時、貴方はもっとも孤独ではない。
 
だったかな? 孤独というのは一種の挫折だと思います。挫折なきものに成功は訪れないです。
 
最期に、同じような悩み(DV。モラハラ)で悩んでる方や過去にそれを経験した方いましたら、ちょっとお話が聞いてみたいかもしれません。
 
何はともあれ、長文失礼しました。 相方とどうなるかこの記事を書いた結果ですが、音楽ゲームをしにいきたい気持ちもありますが、やっぱり本当の意味で愛されてないから、別れたいという気持ちが少し強く感じました。
 
高みを目指す人間が怠けてたらダメですよね!  頑張ります。
そもそも、イベントに参加しないと決めた理由も、別のことにお金を使いたいというのがあったので。 そして、実は壊れたかに思えたpcですが、パソコン本体を明けてみると、中のプラグが抜けていただけみたいでそれを挿すとなんとか元通りにはなりました。
 
しかし、貯金0だとpcが壊れた時に対応出来ないので 今から貯蓄していこうかなと思える良いキッカケになりました。
 
本当に変な記事になってすいません。  貯金のキッカケか、交際を続けるか続けないかで悩んでる人の手助けになれたのなら幸いです。 梟
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP