変わらないものなんてない。

あれ?なんか楽しくない?

大学時代からの仲の良い友人。

久々の再会。

私は、この日を楽しみにしていました。

でも会話をしていて、ふと、

『なんか、楽しくないな』

と思ってしまったのです。

長い付き合いの友人に相談するって、とても参考になると思っていました。

自分の事をよく理解しているから、アドバイスも大事なものになるだろうって。

でも違った。

友人のアドバイスは、私が聞きたくないもので。

世間の一般論で、耳タコなもっともな意見で。

当たり前の意見で。

親も言うような意見で…。

過去を掘り返されるような意見で…

何度も時計を見てしまった、早く時間が過ぎないかと…

いつもなら、帰りたくなくて見る時計を

その日は、逆の意味で見てしまった。

なんて自分は失礼なんだろう?と。

だって、自分が今嫌な場所、苦しい場所に置かれていて、その場所から脱却する為に、アドバイスを貰う。

なのに、私は、言われる事にとても嫌悪感を抱いていて、合わないと感じている。違和感を感じている。

いつもなら、『そうだよなぁ〜やっぱその道が無難だよなぁ〜安全だよなぁ〜』と納得するのに。

『なぁ〜んか違うんだよなぁ〜』と、前には思わなかった、変な違和感を抱いた。

どうしてだろう?自分に疑問を持った。

でも同時に答えは出た。

『私はこの友人と合わなくなっているんだ』

欲しい答えを、前はこの友人達は持っていたけど、今の私は変わってしまったんだ。

今悩んでいる事の答えを、この友人達には聞けない。その答えを持っているのは、この友人達ではないんだと。

私の周りは、やりたい事があるとか好きな事を持っている友人は少なくて、今まで言われる事にも、だからと言ってそんなにギャップや違和感を感じる事もなかった。

仕事を辞めたら、また次を探す。まぁ、少し休みたかったら、お金が大丈夫なら少し休んでもいいけど、とりあえず転職だよね。次はどうするの?また事務とかでもいいんじゃない?前やってた仕事に戻ってもいいんじゃない?

ううん、私が聞きたいのは、そうじゃないの。

もっと選択肢が実は一杯ある事を、私は知ってしまった。

人間って、どこかの会社に常に属していて、まぁワーホリにお金あるなら行ってもいいけど、でもまぁ社員になるのが基本当たり前っちゃ当たり前で…

でもそれだけじゃないって、生きるとか、幸せとか、それだけでは語れなくて。

もっと人生って、沢山種類やドラマやストーリーや方法や、やり方や、なんかもっと沢山あるんじゃないの?って。

確かに私には、もう時間もお金もないのだから、その意見は正論なんだけど。

もっと何か、他の意見が欲しかったんだと、友人からアドバイスを受けて、自分の求めているものがそこにない事を知った。

最近聞いた言葉で、

『自分が欲しい言葉を、その経験がない人に聞いても無駄なんだ』と。

色々な経験をしたり人生を右往左往歩んだ事ない人に、

『もっと色々な人生がある。模索してもいんじゃない?もっと緩く生きてもいいんじゃない?』

そんな言葉をもとめる私が、実は自分勝手なんじゃないかと。

相手に失礼だったんじゃないか?って。

そんな風に思った。

数年前にも同じような雰囲気になった事は恐らくあって、その時私はきっともっとすんなり言われた事を受け入れていた。

それが当然だって、もっと素直に受け止めていた。

今はもう、変わってしまったんだ。

きっと、向こうもまた多少変わっていて、私はもっともっと変わってしまったんだ。

変わらない人はいなくて、自分もどんなに嫌でも変わっていく。

変わる事が当然で、数年前の非常識が常識になっていたりする。

でも変わったからって、その人のアドバイスが自分にしっくりこなくても。

それはその人の人生から出た一理論には変わりないし、違う価値観という事で、別に私は友達を辞める訳ではない。

否定するわけでもないし、私は否定されたわけでもない。

多少なりとも嫌な気持ちにはなったけれど、自分が落ち着くまで会うのを止めたほうがいいとも思ったけれど、

人と合わないとか、価値観が違うって、人と付き合う上で絶対避ける事は出来ないから。

その人の好きなところが、なくなるわけじゃないから。

人として、どうなの?私はそれ許さない。そんな気持ちが、余程芽生えない限りは、きっとその人との繋がりは絶たないだろうなぁと思う。

変化も受け入れられる関係こそが、一生のご縁だと思いたい。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. オハナ 2015/10/06 21:55

    なつめさん、コメントありがとうございます☆
    そうですね、流動的です、生きている限り。当たり前で当然で、仕方ない事で止められない事なんですよね。いつまでも学生でもないし、社会人にもなれば、親になる。みんな変わっていく。
    何の躊躇なく誘える関係は良いですよね〜。私はちょっと誘いにくい子が激増してしまっていますσ(^_^;)昔みたいに行かない。難しいですよね。
    認め合える関係は大事にしていきたいです。

  2. なつめ 2015/10/06 10:30

    心当たりがあったので、気になりました。

    私は人間関係は流動的なものだと思っているので、会わなくなるのも合わなくなるのも自然なことだと思います。学生時代は共通経験があっても、卒業してしまえば異なる日常を生きる同士ですからね。

    ふっと会いたくなったとき、なんの躊躇もなく誘える関係って、いいですよね~。自分も受け入れてるだけじゃなくて、受け入れてもらってる。人としての芯とか人間性を認めあっている。

    そして人間関係はひろがっていくから、おもしろいんだと思います(’-’*)♪

ココトモメンバー募集中!