人の目で世界を見てみる

世界に恋をすると生きやすくなるよ

ザルツブルグの小枝の話を知っていますか?
ザルツは塩。ブルグは砦。
ザルツブルグはオーストリアの、塩で栄えた都市らしい。

「ザルツブルグの塩坑で、廃坑の奥深くへ冬枯れで葉の落ちた樹の枝を投げ込み、二、三か月して引き出してみると、それは輝かしい結晶におおわれている

恋をすると、ザルツブルクの小枝に結晶ができるような現象が起こる。文学も同じだ。それを読んだ者の心の中に、ザルツブルクの小枝が作られ、その者はこの世に恋をするようになる。」

と、スタンダールが『恋愛論』の中で語っています。

———–ここまではウィキペディアやグーグルからの受け売り————–

自分の胸の内にザルツブルクの小枝があると、世界を生きやすくなる。

悩んでるときって
背中が丸まって視野が狭くなって
解けない問題を机にかじりついて解こうとしているようなもの。

ちょっと散歩でもして、「いったんそこから目をそらす」と、
新しい考えが浮かぶかもしれないでしょう?

目そらさせてくれるもの
新しい世界の見方を教えてくれるものが
音楽だったり文学だったり
絵画やマンガや
写真やダンスや
ゲームや建築や
「芸術」や「アート」として一括りされるもの
なんじゃないかと思ったのですよ。

かくいう私も高校生のとき、消極的に死にとても近い状況にあって、
村山由佳さんの『星々の舟』に命拾いしてもらったよ。

「この本読んでからでも死ぬのは遅くないかもしれない」って。
ほんとは生きる理由がほしかったから。

恋は盲目と言いますし、そもそもが勘違いだったり都合のいい解釈の連続だったりもすると思うの。
でも世界に、勘違いでも、恋をすると、生きやすくなると思うよ。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. なつめ 2015/10/24 19:10

    ゆきえさん!

    いいですねぇハートマークのめがね 笑
    自分の世界を見る目も変わるし、周りの人にもよい変化を与えられそうです☆

  2. ゆきえ 2015/10/24 08:30

    ほおお、世界に恋をする!すてきなことばですね。
    ハートマークのめがねを買ってみたらなにか変わるかしら…笑

  3. なつめ 2015/10/23 15:23

    かのんさん!

    大木が結晶になったら強そうですね 笑
    小枝をたくさん持つのもいいかもです(*´ー`*)

    私はココトモでみなさんのブログ読むだけでもちょっとずつ結晶化してもらっているような気がします☆

  4. かのん 2015/10/22 23:51

    小枝程度なら結晶化できても、私にとってこの世界は大木(笑)
    でも世界に恋をすると生きやすいというのは頷けます。私も世界に恋できる人間になりたいものです。

ココトモメンバー募集中!