相談対応のガイドライン

ココトモは人の心を扱う場所です。メンバー1人1人の活動によって成される団体のため、必ず下記のガイドラインを守っていただくようお願いしています。
違反を発見した場合には除名になる可能性があることに加えて、損害等が発生した場合には責任を取って頂く可能性があることを予めご了承ください。

相談対応、10のガイドライン

1.クレドをよく理解して対応すること

「クレド」はココトモの理念です。
相談者さんはココトモの理念に共感した上で大切な悩みを相談してくれます。そのため、メンバー側も必ずココトモの理念を理解いただいたうえで相談対応をおこなってください。クレドの内容に共感できない場合は相談対応はおこなわないようお願い致します。

2.相談者さんのプライバシーを守ること

相談内容は守秘をお願いします。第三者への口外禁止はもちろんのこと、メンバー間においても相談ヘルプを求める場合を除いては口外しないようお願いしています。

3.個人を特定しうる情報(住所,学校,氏名 etc…)の開示をしないこと

相談者さんだけでなく、メンバー自身も個人を特定しうる情報は開示しないようにお願いしています。特に女性の方は、ストーカー被害などの可能性もあるため十分に気をつけてください。

4.ココトモのサービスを介さず個人的な電話や対面をしないこと

ココトモでは、相談者さんとの個人的な電話・対面を禁止しています。団体での責任になるため、ご理解ください。電話での相談に関してはココトモの「Zoom相談」サービスを介して対応をお願いします。

5.ナンパ、勧誘、その他一切の迷惑行為を行わないこと

「友達として相談にのる」というコンセプトの中でも、サービス提供者と利用者としての最低限の境界線やマナーを守りましょう。

6.自分の意見を押し付けるような対応は控えよう

相談者さんは心寄り添ってくれる存在を求めてココトモに訪れます。自分が正しいと思う意見を伝える前に、真摯に相談者さんの話に耳を傾け、共感してあげてください。

7.できないと感じることはなるべく早く相談者さんに伝えてあげよう

相談者さんの中には依存心が強く、無理な要求(例:いつも返信をすぐに返してほしい)をしてくる方もいます。
そういった相談者さんに接する際、メンバー側が「応え続けることが難しい要求」に無理して応えてしまうと自分への負担が積もっていき、長い目で見たときに対応を続けられなくなることが多いです。
そのため、できないと感じることはなるべく早く相談者さんに伝えてあげてください。

8.相談者さんを大事にするように、自分のことも大事にしてあげよう

自分のことを大事にすることで、自分のスタンスが崩れにくくなります。長期的にみた場合、相談者さんのためにも自分に余裕がある状態で対応できると好ましいです。

9.身の危険を感じたら逃げよう

相談者さんから執拗に個人情報を聞かれるなど、ストーカー行為その他で身の危険を感じたら自分の安全を最優先して逃げて構いません。チャット相談なら返信しなくて良いし、Zoom相談なら途中で切って構いません。あとのことはココトモがなんとかしますのでメンバー相談窓口ページよりご連絡だけください。

10.自分なりの思いやりを大切に☆

色々書きましたが、ココトモはメンバーそれぞれの思いやりを大切にできる場でありたいと思っています。あなたが思う「相手のため」を大切にして相談に対応してください(*´`)

keyboard_arrow_up