相談対応のガイドライン

ココトモは人の心を扱う場所であり、1人1人の活動によって成される団体です。相談活動における一切のトラブルは自己責任となるため、下記のガイドラインを守っていただくようお願いしています。違反を発見した場合には除名になる可能性があることに加えて、損害等が発生した場合には責任を取って頂く可能性がありますことご了承ください。

相談対応、10のガイドライン

1.クレドをよく理解して対応すること

「クレド」はココトモの軸となり、相談者さんはココトモのサイトに共感してくれた上で大切な悩みを打ち明けてくれます。相談者さんがどのメンバーに相談したとしても、ココトモらしさが伝わる団体を目指しています。そのため、メンバーは必ずクレドに共感できる場合のみ相談対応を行ってください。

2.相談者さんのプライバシーを守ること

相談内容は守秘をお願いします。第3者はもちろんのこと、メンバー間においても相談ヘルプを求める場合を除いては、口外しないようにお願いしています。

3.個人を特定しうる情報(住所,学校,氏名 etc…)の開示はしないこと

相談者さんだけでなく、メンバー自身も個人を特定しうる情報は開示しないようにお願いしています。特に女性の方は、ストーカー被害などの可能性もあるため十分に気をつけてください。

4.ココトモのサービスを介さない個人的な電話や対面をしないこと

ココトモでは、相談者さんとの個人的な電話・対面を禁止しています。団体での責任になるため、電話・対面での相談に関してはココトモの「電話相談」「対面相談」のサービスを介して対応をお願いします。

5.ナンパや勧誘その他迷惑行為をはたらかないこと

「悩みを話せる友達が見つかる」というコンセプトの中でも、サービス提供者と利用者としての最低限の境界線やマナーを守りましょう。

6.自分の意見を押し付けるような対応は控えよう

ボランティアといえど僕らは「与える側」であり、相談者さんは心寄り添ってくれる存在を求めてココトモに訪れます。自分が正しいと思う意見を伝える前に、真摯に相談者さんの話に耳を傾けてあげてほしいです。

7.”できない”と感じることはなるべく早く相談者さんに伝えてあげよう

相談者さんの中にはとても依存心が強いがゆえに、無理な要求をし続けてくる方もたまにいます。できないことを無理して応えようとすると、自分にも負担になってしまうだけでなく相談者さんにとっても残念な結果になってしまう場合もあるため、なるべく早く相談者さんに伝えてあげてください。

8.相談者さんを大事にするように、自分のことも大事にしてあげよう

自分のことを大事にすることで、自分のスタンスが崩れにくくなります。長期的にみた場合、相談者さんのためにも自分に余裕がある状態で対応できると好ましいです。

9.身の危険を感じたら逃げよう

相談者さんから執拗に個人情報を聞かれるなど、ストーカー行為その他で身の危険を感じたら自分の安全を最優先して逃げて構いません。メンバーの安全あっての活動なので、メール相談なら返信しなくて良いし、電話相談なら途中で切って構いません。あとのことは本部( honbu@ml.kokotomo.com )がなんとかしますのでご連絡だけくださいな。

10.自分の思う「思いやり」を大切に☆

色々書きましたが、基本的にはココトモはそれぞれの思いやりを大切にできる場でありたいので、悪意ない限りはご自身の思う「相手のため」を大切にして相談対応してください。

おまけ.感想を集めよう☆

もし、相談者さんより感想を頂けそうな場面がありましたら「無料メール相談の感想」等への記入を促して頂けたら嬉しいです。感想がたくさんあることで今後相談にくる人も安心できると思いますのでご協力お願いします☆

ページTOP