お悩み婚活/りんご編~はじまりのおわり~

2 71 なな 1 ヶ月前

こんばんは。
絶賛婚活中の、バツイチメンタル激弱30代女です。
いつも見てくださっているかた、初めて見てくださるかた、覗きに来てくださりありがとうございます。

わたしのページにあるアーカイブにはまだ解決していないもの、これから向き合うべきもの、進行中のものを残していますが、「りんご編」は今日をもって解決とし、副題ではなく次回から何かあれば主題に上がることになりました。
という結論を前に述べつつ。
今日は最後のりんご編を残していこうと思います。
本編非常に長いと思われますので、お暇な方は続きをどうぞ。

目次:
■はたらく
■やくびょうがみ
■ゆめをみる
■いきてみる

■はたらく
まずは仕事のほうから。
相変わらず責任が重くプレッシャーのかかる業務で心は常にぎゅっとしている状態ですが(産業医からはやはり受診を勧められました)、最近は後輩として入った超マイペースで立ち回りのうまい子が、意外なことにわたしを救ってくれています。

今までの人生ずっとそうなのですが、あまり上のかたには好かれないわたしも、下の子にはすごく好かれる傾向があるようで(都合よく使われてるだけですが)、生真面目すぎるわたしが自由奔放な下の立場の子を見ることによって「もっとこんなふうに自由でいいんだ、そっかそっか」と思えるんですね。

本当はわたしが救わないといけないのに、お姉さんとして情けないですが、働き方の姿勢は下の子たちを見習い、その代わり質問への回答をわたしに出来る事として、恩返ししていってます。

人当たりが良すぎるせいか、4ヶ月しか居ないわたしに全て聞かれちゃうのはちょっとアレですが、それによって後輩のために苦手な先輩に勇気を持って自分で質問しに行くことが出来て、先輩との関係も少しずつ出来てきてる気がします。
お局様方は相変わらずではあるものの。

守るべきものというか。
下の子たちに習うことって、本当にたくさんあります。

それでもまだ3月に契約を更新するかは考え中で、もう少し時間があるので、毎日真剣に考えていきたいと思っています。

■やくびょうがみ
さて。
また前置きが長かったですが。
前回わたしがリスケさせてしまった夢の国の話をしようと思います。

夢の国=TDL。
10月12日を予定していました。
ご想像に難くないとは思いますが、予定していた12日(土)、被害予想がつかないレベルの台風19号に、オリエンタルランドはディズニーリゾートの休園を事前開示されました。

お住まいは無事でしたでしょうか。
わたしはあの台風が直撃した関東に住んでおり、川も氾濫しましたが、電気がフッと一瞬消えただけで家は持ちこたえ、生き延びることかできました。
21時からのピークはあまりの恐怖に手が震えたほどでしたが。

今も、罹災され不自由な生活を強いられている方が大勢おり、心しか向けられていない自分が情けないです。

と、少し話がそれましたが、そう、完全合致。
なな改め、疫病神ななの誕生でした。

12日はリベンジディズニー、13日はお友達さんのワンマンライブに参戦予定でしたが、まさかの2回順延。
ここまでくると32歳(早生まれ)の大厄女も真実味が増すというものです。
しかしながらハッキリと台風規模を出してくれたおかげで、ふたりとも被災せずに済みました。
今後もきっと天災は何度もやってくると思うので、人命第一で乗り越えてゆきたいですね。

そんなわけでもう一度ふたりの予定をすりあわせ、21日(月)に再会することとなりました。
月1バージョンの織姫彦星感覚でしょうか。

当日の話をする前に、その数週間前に起きた奇妙な話をしたいなと思います。

■ゆめをみる
10月の第1週、プチブラック企業で働くりんごさんが職場のかたと共に青森でロッククライミングさせられている休日(断りづらかったそうです)、わたしは岩ではなく生理痛と戦っておりました。

寝込むほどじゃないけどディズニーに被んなくてよかったなぁなどと思いながら鎮痛剤を飲んで眠りにつくと、その夜悪夢を見たんですね。
毎月のことなのですが、PMSや生理の時期になると決まって2回ほどつらい夢を見るんです。

その夢はこれまでずっと、小さい頃から悩んできた両親とのことが反映されて、喚きながら物を投げつけて泣きじゃくるのが定番でした。
もっとこういう愛しかたをしてほしかった、わたしのことをもっと見てほしかった、そんなような内容が爆発する夢です。
飛び起きると悔しい気持ちで泣いてる自分がいて、あぁまたこの夢か、と思いながら深夜に泣いて。
すごく疲れるんですよね。

でも、それが今月は違いました。
なんとも分かりやすい性格なのがイタイのですが、単純に、フラれる夢。
それも、元旦那との一番嫌だった事と同じ事が原因で。(それはここでは語りませんが)

は、、と目がさめて、3分、5分ほどでしょうか。
随分長いこと天井をぼんやりみつめて、ようやっと夢かと気づいたら、悔しいのではなく「ホッとして」泣いてる自分がいました。

ホッとして泣くなんて、今までの人生で無かったので、32歳になっても初めての感情経験ってあるんだなと、落ち着いてからしみじみと思いました。
わたしそんなに好きなのかい?と笑えてきたり。

早く安心できる環境にしたいな、とため息をついて涙をはらった朝でした。

■いきてみる
本日の本題です。
ディズニーが2回つぶれ、前に会った時からきっかり1か月、これはなかなか寂しくて死ぬかもと思ったウサギ年女でしたが、21日の月曜日にふたりで有給休暇を取って、スカイツリーで遊ぶことになりました。

頼りにしている女友達の「先生」には何度も「わたしから言うなんて無理そうで、でももし何も話が無ければ、いつ、どんな言葉で言うの?」と聞きまくっておりました。
「当日の雰囲気にもよるし、アンタの言葉で言わなきゃ意味ないんだから、字が綺麗なの生かして手紙でも書くとか?」とそっけないアドバイスでしたがそのとおり、やってみると不思議と「最後の砦」が出来て少し安心しました。

当日はプラネタリウムを見て、そのあと展望台で景色をみて、ごはんを食べて、彼は青森に帰るという予定。

タスクとして先生から手を繋ぐことを言い渡されていたわたしは、スカイツリーの450メートル地点で頭を抱えておりましたが、高所にびびる彼の手を半ば無理矢理取って引っ張り歩きました。
ガラス張りの床もなんのその、自分のたくましさが今はつらい。

その後は31階にある、お金持ちが行くとしか思えないガラス張りのレストランで東京を一望しながらめちゃめちゃオシャレなコース料理を食べ(3000円くらいだったのでオススメです)、ワインを3杯飲んでも酔わず、本当にあの最後の砦を使うしかないのかなと思いながら外を眺められる休憩ソファにふたりで座りました。

情けないけれど、やっぱり相手から言われたいという気持ちが抜けず、なかなか言い出せません。
眉間にシワを寄せた不細工な顔を見せたくなくて、景色を見るフリしてそっぽを向く。
「あの、ちゃんと話してなかったんで不安な思いさせてたと思うんですけど、」と言われたのはその時で、「青森から戻れる確証が得られてから言うべきかもしれないけど、それが難しいかもしれなくて、でももしそれでもよければ結婚前提にお付き合いしてほしい」といった内容のことを言ってくれました。

わたしの不細工な顔がガラスに映ってしまっていたのかもしれませんが、泣けば余計に不細工なので笑顔で了承し、手を繋いで「手汗すごいやん(笑)」と笑いました。

ホッとした、とはこのこと。
ふぅっと息が抜けていきます。

ただ、そろそろちゃんと言わないとと思ってくれていたのも嬉しかったですが、やっぱりわたしは小さな器だなとも思いました。
好きじゃないのに何となく一緒にいるのかと勘ぐったりして、そんな人じゃないと信じてあげられなかった自分が悲しいです。

9月に会社で面談があったらしく東京に戻れるように上司に相談されていて、それで遅くなったのだと。
青森は正直なところ慣れてない人が住んでゆける環境じゃないとおっしゃっていて(北国のかた本当にごめんなさい)、そこに連れていくのは避けたいのだそうです。
こんなに真剣に考えてくれてたのになぁと、嬉しい半分、自分への落胆半分でした。

日が落ちるまでそこでいろんなことを話して、新幹線のところまで見送って当日は終わり。
はじまりは終わって、でもこれからがはじまりで。
お悩み婚活はりんご編で終わりました。

再婚するまでが婚活かもしれませんが、婚活ではなくてここからはふたりで協力しての人生の歩みになると思うので、何か悩めば主題としてここで気持ちを整理し、意見を頂戴し、活かしてゆけたらと思っています。

長々とありがとうございました。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • udo-greenさま

    udo-greenさん……!
    udo-greenさん……!!
    udo-greenさん……!!!

    あぁ、そうなのですね、ご卒業なのですね………

    今まで、わたしの専属アドバイザーのような気さえしておりました。
    本当に本当に感謝しかありません。
    ありがとうございます………

    時に厳しく伝えてくださった時も、質問者であるわたしのことを考えてのことだとちゃんと分かっておりましたよ!

    画面からでも文字の彩りや温度が分かる素敵な方と出会えて、自分は運気に見放された人間だと思っていましたが、全然そんなことありませんでした。
    りんごさんとの出会いも含め、出会いに恵まれた人間のひとりです。

    自分のことのように喜んでくださって、わたしの嬉しさが二倍になりました。
    こちらこそ、ありがとうなのです。

    それにしても、天災だけはどうにもなりませんね。
    udo-greenさんは大丈夫だったのかな、日本まるごと心配でした。
    これからも災害とは共存し、予測がつく現代は自分達で最善の判断をしてのりこえてゆくしかありませんね。

    生理の時に見た夢のことは、もう少し仲が深まったら彼に伝えてみようかなと思っています。
    今後の付き合いで不安なことが1つだけ、実は残っていて、この夢の話にも通ずるものなので。

    いつか申し上げたように、どんな人でも全員に好かれることは不可能で、これからも、後輩のように自分を好いてくれる人や大事にしてくれる人にわたしのエネルギーを向けて、逆の人にはエネルギーを向けすぎないように気を付けてやっていきたいです。
    それも、今後はパートナーがいるのでポロポロこぼしながら悩んでいけるのかなと安心していますが。

    ちなみにりんごさん、あれだけ距離感保っておきながら付き合うとなればめちゃめちゃ手を繋ぎ始めました(笑)
    ほっぺにキスして帰られ、わたしよりずっと乙女じゃないかと笑えましたね。
    どうやらこの6年でわたしはたくましくなりすぎたようです。
    (大衆の面前でもよろしければ口にどうぞ!とか言っちゃうし)

    女友達も、よし!という感じで大きくうなずいておりました。
    彼女にもudo-greenさんにも、一生分の感謝を伝えたいです。
    同性の目線で、そして結婚生活されている先輩の目線で、大事なことをたくさん教えてくださり、とても勉強になりました。
    心のノートに書き留めて、何回でも見直して過ごしていきたいです。

    そして今後は彼とふたりで、一生を歩いてゆきます!

    udo-greenさん、いつまでもいつまでも、お元気で。

  • 2019/10/22 00:40

    ななさん

    ななさん!ななさん!ななさん…!!
    本当に良かったですね!!!
    とても嬉しい報告に胸が震えました。
    私もとっても嬉しいです。
    りんごさん、ありがとう!!

    勝手に何度も心配しておりました。
    嵐を呼ぶ男かよ、と突っ込んでおりましたとも。

    疫病神だなんて言っちゃダメですよ。
    優しいりんごさんが選んだななさんです。
    そして、この気難しく人を見る目がある私(自分で言っちゃった)が
    大好きなななさんなのですから。

    お仕事も漸く空気が変わってきたみたいですね。
    良かった良かった、、新人に懐かれるのって才能ですよ。
    人当たりの良さって、人柄だと思っています。

    生理前の夢は潜在意識から出てくるものも多いですね。
    幼少期の感情は未だに消化し切れていないのか、
    余程濃く残っているものなんだと思います。
    私も正夢を大きな区切りではよくみます。
    夢は自分の気持ちを知る手段でもあるのかもと思っています。
    時々自分なりに分析して、折り合いを付けるようにしてみるといいかもです。

    さて、りんごさんの事不安でしたよね、当たり前ですよ!!
    だって一度も好きって言ってくれないし、他にも連絡とっているのかもって思ったり
    当たり前の感情ですよ、これで心が狭かったら恋する乙女は皆心が狭い人になってしまいます。

    苦しいのも、怖いのも相手をそれだけ欲しているから、大事だから
    失うのが怖くて当たり前なんですよ。
    ななさん、ちゃんと恋してますね。
    そして先輩、素敵なアドバイス、最高な友人ですね。

    りんごさん、本当にちゃんと考えてくれる人ですね。
    ああ、こんな王子さま居たのですね。
    大丈夫だとわかっていても、心配でした。
    結婚を前提に…ああ素敵な響きです。
    色んな事、急いで答えを出さずに二人で一歩ずつ歩まれますように。

    最後になるかもなので、本音で言います。
    私はここでの相談でお世辞や嘘は言わないよう心掛けてきました。
    私自身少し敏感な体質でして、こういったメッセージでも相手の感情や波動が
    何となく伝わってくるのです。
    もちろん何も感じない人もいますが、ななさんはりんごさんと出会ってから
    とても柔らかい波動になりました。とても暖かいように感じました。
    もう大丈夫だなって、勝手に思っていました。

    人生は生きにくいと思うことも多いかもしれないですが
    それ以上に生きていて良かったと思えるものにも出会える希望があります。
    それは生きにくい人生を必死に生き抜いてきたご褒美のように。

    個人的な事で、、、
    私自身ここでのコメントはそろそろ引退しようと決めていました。
    ななさんの良い報告を聞けて、本当にもう満足です。

    私自身未熟で、随分失礼な事も言ったと思います。
    本当にごめんなさい。
    それでもこうしてそっと報告してくれるななさんの優しさにも気づいていましたよ。

    りんごさんとならとても幸せな未来が溢れていますね。
    ななさんもとっても幸せであるように祈ってます。
    こういう場でしたが、こうして出会えて本当に良かったです。
    ありがとう、ななさん。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP