お悩み婚活/りんご編~抹茶事変~

4 92 なな 8 ヶ月、 2 週間前

こんばんは。
絶賛婚活中の、バツイチメンタル激弱30代女です。
いつも見てくださっているかた、初めて見てくださるかた、覗きに来てくださりありがとうございます。

今週は水曜日から発熱、喉の炎症、加えて仕事で少々イジワルな教えられ方をして、それをクスクス笑われ、なんかもう死ぬ寸前だ、という感じだったのですが、他チームの方たちはみなさん優しいのでなんとか精神的な薬には頼らずに過ごしておりました。
半年後、今のご契約を終えたら、脱退させていただこうか、考えつつの日々です。
相変わらず情けないですね。
女性はもっと強くないとです。
それでも、すぐ辞める無理!などといって会社に迷惑をかけない程度には、前職で成長させていただきました。

終わりが見えているなら、がんばれる気がします。

こんなふうに悩んでいる気弱な女性がいたら、少しは心強いのですが。

さて。

本日は以前からのりんご編が順調に進んでいるので、新しい章には入らず続編です。

抹茶事変。

とある超大型ショッピングモールで婚活2回目デート。
コースは買い物→映画→食事。
風邪は半休と薬をうまく使いながら是が非でも治し、元気に過ごすことができました。

14時の待ち合わせ、広い施設内も歩きにくいほどの客入りでしたが、おしゃべりしながらウィンドウショッピング。

約束していたディズニーストアに寄ったりして、映画前に少しお茶したところで事件が起こりました。

副題の抹茶事変。
起こったのではなく、わたしが起こしました。

抹茶のあれこれがたくさんあるカフェだったのですが、退店する際お盆の返却口があるのかしらと思って、持って立ったんですね。
最初は向こうが持ちかけてたのですけど、よくわからない気遣いでわたしが持ったのです。

その時「そのままでお帰りくださーい」と。
店員さんがすごく遠くから声をかけてくださって。

がっしゃーんと音がするまで全く気づいておりませんでした。
ひっくり返したこと。

救いは、わたしの足以外に被害が無かったこと。
誰にも怪我がなくて、本当にそれだけは良かったです。
一年に一回くらい、やってしまうんですね、こういうポカ。
店員さんは全然大丈夫ですよーと笑顔で。
大変大変、申し訳ありませんでした。
深くお辞儀をして、退店。

ただ、「ほんとにやっちゃったなー」とは思っていたのですが、申し訳なさはあっても不思議と恥ずかしさはなくて。
(それはそれで良くない)

もしかしたらその事件後、映画館までの道中彼のほうから「自分の人生で一番恥ずかしかった話」をしてくれたからかもしれません。
某ハンバーガーチェーンで起こった話、失礼ながら確かにその話は人生で一番恥ずかしいと思いました。
爆笑してしまってあとで反省しましたが、本当に気が楽になって感謝でした。

映画は今流行りの「天気の子」を観て号泣。
そのあと食事をして、ディズニーの計画をゆるく立てて、向こうの買い物に付き合ったり。

あっという間に21時でした。

そういえば、今月の東京勤務は9月19日から25日と聞いていたような。
ふと思い出し、駅のホームで今日は実家に帰るのか聞いてみましたら、寄らずに別場所に宿泊し、翌日青森に帰るのだとか。

わたしは三連休ですが、彼は月曜日仕事のようです。

………ん。

てっきり、実家に顔出すために戻ってきたついでのデートだと思っていたので、〝え、これ今日のために自費で来た?そんなまさか〝と冷や汗。

青森⇔東京って、往復3万円以上するのです。
翌日は学友に会われるそうですが、それでも、もはや頭を下げるしかなく。
わたしの勝手な希望ですが、できる限り経費で落ちるタイミングで来て、そのついでで会ってほしいと思っています。

わたしの収入では、返せるものが何もないので。
カノジョでも無いのでどこまで気遣っていいか分かりませんが。

夜道、ぼんやり考え込みながら帰宅。
しかし作っておいたお礼の文面をLINEで送ると、まったく同時に向こうからも文面が。
それでまた笑えました。

相変わらず敬語なままで、今日も距離はあんまり縮まらずこのまま仲の良い友達になりそうだなぁと思っていましたが、

「ちょっと、病み上がり、と思って言わなかったのですが、来週元気残ってたら地元とかで良いので飲みに行きませんか?(あまり飲めないですが)と思ってました!」だそうで。

少し安心したわたしなのでした。

来週は3回目、もう少し距離感がつめられるよう、相手の反応見つつがんばろうと思います。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • udo-greenさま

    こんにちは。
    追加でのお話、ありがとうございます。
    お友達もudo-greenさんも、人の感涙ポイントを分かっていらっしゃいますね……

    感受性、ってやつでしょうか。
    おっしゃるとおり、最近よく聞く「生きづらい人」というやつなのかもしれません。
    人の悪意に気づきやすいし、歩いているだけでも疲弊してしまうことがあります。
    ただその反面良いこともあって、こうして素晴らしい人に出会えた時に喜びを何倍にも感じられます。
    今はそれがとても嬉しく思います。

    自分で「そういうのを抱えている人間なんだ、だから仕方なくもあるんだ」って思っておけば、少しはラクかもしれませんよね。
    弱くないんだよって言ってもらえるのが、何より安心します。
    ありがとうございます。

    udo-greenさん、事故に遭われていたのですね……今も体に負荷があったりするのでしょうか……。
    わたしと同じく実家から逃げようとされていたとのこと、少し驚きました。
    今はご実家と関係、良いのでしょうか。
    どんなに家族でも、やはり違う人間の集まりだから……どうしても馴染めない瞬間だってありますよね。
    どうやら彼もそうらしく、さらにudo-greenさんからもこうした話を聞いて、自分と同じ人はこんなに多くいたのだなと今思います。

    どこかのコラムで読んだのですが、男性は絶好調の時に結婚したくなり、女性は絶不調の時に結婚したくなるそうです。
    当時のudo-greenさんの「予感」には、それも関係しているのかもしれませんね。

    気持ちの大きな転換期って、もっと盛大に訪れるのかと思っていましたが、それとなくやって来てじわじわ変えてゆくのだなぁと実感中です。

    先生(と女友達のことを呼んでいるのですが)からも実は、「シンデレラ城の前で告白だったら私は笑っちゃうけど、まぁ大丈夫よ!」とからかわれておりまして………なるべく意識せぬようにと今から手汗を拭いております。

    そういえば数ヵ月前に、西野カナちゃんの「Bedtime Story」という物語風の曲を聞いてから大好きで、そのお話に出てくるような男の子に出会えたらなぁなんて思ってました。

    そんな大きな幸せがわたしに似合うのか分かりませんが、ちょっとだけ期待して、欲深くならず、つつましく生きていきます。

  • 2019/09/16 13:02

    ななさん

    お友だちの感性の鋭さに気付けるななさんもまた、感性の鋭い人なんですよ。
    余り自分で言っていると痛い人みたいに思えますが、でも自分でそれを認めて置くと良いと思います。

    周りの人の感情に人一倍共感出来る、察してあげられる器用さがあるのだと思います。
    それは周りの悪意さえも人一倍敏感に察知して痛みさえ感じてしまうぐらいです。
    だからこそ、人一倍疲れやすいし傷付き易いのだと思います。

    悪いことばかりではなく、人の優しさにも敏感でいられるんです。
    そういう自分を理解出来ていると少しは楽かもしれないですね。
    弱い訳じゃ無いんですよ、人一倍悪意にも敏感だからこその疲弊です。

    りんごさんの優しさが理解できるななさんはとても素敵ですよ。

    私もわかりますよ、もっとグイグイ来ないのかなって気持ち。
    これって端から見てるとよくわかるんですが、ななさんとっても大事にされているんですよ。
    婚活で知り合ってデートを重ねているのですから友だちって事は無いと思いますよ。
    たまにはこんな恋愛もドキドキして良いんじゃないかなと思います。

    個人的には次回のディズニーで彼は一歩出てくれるように思っています。(意識し過ぎないように言わなかったのですが)

    人生のターニングポイントって結構辛い時が多いですよね。
    私は婚活に疲れ、実家も嫌で逃げようとしたら交通事故にあい、仕事も失ったんですよ。
    慰謝料も取れなくて、どん底でした。
    その時なぜか「ああ、やっと結婚する時が来た」って思えたんです。
    実際その後復帰後の職場で旦那と出会ったのです。

    ななさんもきっと大きな幸せがもうすぐだと思いますよ。

  • udo-greenさま

    こんばんは。
    いつもあたたかな感想をありがとうございます。
    聞いてくれる人がいるって、すごく幸せです。

    りんごさんが電波に乗って人々に感動を……!
    本当に貴重なかただと思います。
    どこかの回でお話したわたしの厳しい女友達も、「今回はほんと何もダメ出ししてないのよね私」と呆けながら言っておりました。

    ゆえに。

    人生で初めて「好かれているのか不安」という気持ちになっております。

    今まで露骨な好意(というか下心)しか見てこなかったので、これは彼のなす親切心なのか、天然力なのか(今回かなり天然なところを見れました)、楽しそうにしてる表情から「恋情や好意」が見えず、自分に自信が持てません。

    「楽しそうにはしてるけど、友達としてかも……」

    何か思ってくださっているなら早く打ち明けてほしい、でも絶対に急かしたくない、そんな不安と対峙する日々です。
    (きっとわたしからは駄々漏れなのだろうな……)

    ただ、udo-greenさんも、そしてわたしの婚活を見届ける友人も、全く同じように「そこまでしてくれてることに自信持って!」と言ってくれています。
    感性鋭い女性が二人も同じことを述べてくださるならば、それにしがみついて今を踏ん張りたいと思います。

    費用に関しては、映画代とお茶代は得意の素早さで押し付けたのですが、食事代は出させてもらえませんでした。
    また、TDLのパス代も当日過ごす費用込みで1万円ほど出したのですが「丁度の金額あるときに貰えればよくて、その代わりチケットを預かってほしい」とのことで、借金状態になっておりモヤモヤしております……朝8時のゲート前で再奮闘せねば……

    あくまでアプリ内での自己申告ですが、2つしか歳が違わないのに、相手のほうが私より400万円くらい年収が上で、そこらへんも含めていつかはわたしの今の仕事のことを話すつもりです。

    心折れそうな環境にいるって、実は何一つ話してなくて、相手もあまりわたしの仕事の細かなところは突っ込んできてないので。
    忍耐のない自分を受け入れてもらえるだろうか……
    自分の情けないところ話すのって、怖いですね。
    彼の素直さを見習いたいです。

    逃げて自分を守ってねと、その言葉だけで、わたしはとてもうれしいです。
    生き延びて、自分らしい幸せがいつか作れたらいいなと思います。

  • 2019/09/15 22:10

    こんにちは!

    今回は読んでいて泣きそうになりました。
    自分の恥ずかしい話しでフォローしてくれる大きな包容力、りんごさんすごく素敵、何て優しい人なんでしょう。
    ななさん、本当に素敵な人と出会えましたね。
    良かったですね。

    彼がもしななさんに会う為にちょっと無理をしていたのだとしても、今は彼のその気持ちに感謝出来ていれば良いように思いますよ。
    そこまで彼を動かしているという自信にしてみてはどうでしょう。

    いや~、りんごさん本当にブラボーです。

    そしてお仕事、とても酷い状況ですね。
    周りの方は良い方みたいで良かったです。
    逃げずに踏ん張れる、その気持ちが持てるだけで十分強いです。全然弱くないですよ。
    私は逃げるのが得意でしたから、尊敬しちゃいます。
    でも、本当に限界だったら逃げて自分を守って下さいね。

    ディズニー楽しみですね。
    一緒に楽しめるって、本当に素敵ですね。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP