お願いします、誰か声を掛けて下さい(*長文ですみません。)

5 176 rokurouokajima 1 週、 5 日前

今日初めて来たのですが、かなり皆さん若くて、正直ここでこんな話をして良いのか迷いましたが、とにかくこの気持ちを一刻も早く整理する為にもどうか聞いて下さい。
40代で一応管理職です。パートナーと子供が居ましたが、十年ほど前に離婚しました。

今ひとりで暮らしています。もともと田舎暮らしが合ってたのですが、仕事の都合で転勤で東京都内に数年前に引っ越してきました。
最初の頃は良かったのですが、環境の変化になじめず、最初の心療内科通いが始まりました。折り合いをつけながら何とかやってましたが、ここに来てビッグプロジェクトの責任者になってしまいました。
40にもなって情けない話ですが、自分には荷が重すぎです。しかも、一族経営にありがちな気分屋役員。降りたいと言っても、周りに適任者(単に年齢だけでの判断です)が居ないから、と断られる始末。
すると、症状が悪化してきたのか、最近手足が震える、寝付けない、寝ても夢でうなされ発狂して起き上がる、頭痛、肩こりなどが現れ出しました。
多分辞めるか、休むべきなのでしょうが、どうしても今の給与は稼がなければならない状況なのです。
心療内科に貰った睡眠導入の薬はありますが、アルコールの機会も多く、先方のご機嫌を損ねない為にも少量ながら飲んでしまいます。そうなるともう薬は怖くて飲めなくなり、浅い眠りの中床に就く、という悪循環です。
これまで社交的な性格でなかったもので、ここまで全て話せる友人はおらず、職場にも相談相手が居ない日々の中、もう検索画面に「死」の言葉を入れ続ける状態で、苦しくて苦しくて仕方ありません。
気が晴れるかと大声で泣く真似しても苦しくて涙が出ません。
心臓はバクバク、頭はズキズキ。吐き気を我慢しながらパソコンに文字通り噛り付いています。
こんな情けない、気持ち悪い年寄りの話を聞くだけで嫌な気分になられたと思います。
お詫びします。
でもどなたか良ければ声を掛けて下さい。どうしたら良いか教えて下さい。
もし出来たら余り強くない表現でお願いします。

心なのか、仕事なのか、人生なのか迷いましたが、こちらの板に上げさせて頂きました。
長文・駄文にお付き合いいただき有難うございました。

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら

コメント一覧

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • おはようございます。
    離婚や環境の変化、責任のある仕事とたくさん大変なことがあり、ストレスを抱えているんですね。
    そんな中、心療内科に通いながらも、きちんと仕事を続けてこられたのですね。

    rokuroukajimaさんは、すごく頑張れる方なのだと察します。
    だから色々なストレスの中でも頑張りすぎて、パンクしてしまったのだと思います。

    リラックスできるような趣味などをやってみてはいかがですか?
    忙しいかもしれませんが、体を動かしたりおいしいご飯を食べたり、五感を大切にすることはストレス軽減だけでなく自立神経を整えることにもつながると思います。

    仕事を辞めるかどうかですか、辞めるのではなく病気休暇などで申請すれば、いくらか手当ては貰えませんか?お金の心配があるのなら、いきなり辞めるのではなく、心療内科に通っていることを仕事先の方にきちんと話して負担を減らして貰うか、病気休暇を使うのも手だと思います。

    1人で抱えこまないで下さいね。
    共感したり、一緒に悩んでくれる人はいます。
    また何かありましたらココトモを利用してください。一番信頼できる人に相談するのもありです。
    応援します。

  • cameo
    2018/12/04 11:01

    僕は、何が何でも乗り越えてほしい、と思います。
    <荷が重すぎ>なプロジェクトだからこそ、絶対に絶対に絶対に乗り越えてください。

    まず、rokurouokajimaさんの敵は「自己肯定感の欠如」です。
    齢40まで勤続する中で、養育費等の義務を全うしながら、管理職の地位を得て、プロジェクトの責任者に抜擢されるまでになりました。
    いかに<周りに適任者がいないから>等の理由で誤魔化したとしても、とにかく実績として以上のようなものを獲得されています。

    であれば、本来ならば、立派に誇れるはずだろうと思うのです。
    しかしrokurouokajimaさんの場合は、それらを重荷としか感じられないというのが問題です。

    この問題を解決するためには、血反吐を吐いてでもプロジェクトを乗り切った、という達成経験が絶対に必要です。

    結婚しても離婚した、上京したら心療内科、プロジェクトを任されたら不眠症、そんな情けない気持ち悪い年寄り……だなんて言うのはこのプロジェクトまでで終わりにしましょう。

    飲みたくもない酒だろうが、眠剤だろうが飲んでしまいましょう。ネットに『死』を打ち込もうが、相談掲示板に書き込もうが、どんどんやればいいです。格好良くなくたっていいじゃないですか。僕はマイナスの感情、怒りであれ絶望であれヤケクソであれ何であれ、そういうものを代謝して燃料に変えて生きることは実に人間らしくて素敵だと思うのです。

    ただ、出口の見えない夜の森を歩くのではなくて、向こうに出口がきちんと見えるトンネルを行くイメージで挑んでください。プロジェクトを乗り越えた時点で全て解決です。

    プロジェクトを乗り越えた先は、結婚しても離婚したけど、上京したら心療内科に通う羽目になったけど、プロジェクトを任されたら不眠症にもなったけど、それでも何とか乗り越えた不屈のrokurouokajimaの誕生だということです。

    大型プロジェクトの具体的なこなし方が分からないというのであれば、rokurouokajimaさんが嫌う東京がきっと味方になってくれます。そういったノウハウ・ハウツーの情報を得るためのセミナーや講演会、もしくは経営者本人にアクセスすることが恐らく地球上で最も簡単なのが東京です。その気になれば、強力な相談相手を見つけることは難しくないはずです。

    メンタル面での相談事は、まさしくこうしたネット上のサービスを利用したり、先にJUN様がコメントしてくださったような療法、無手勝流の工夫(僕はお気に入りの香水を見つけてから仕事中の集中力が3割増しになったりなどしました)を発見するなど、とにかくあの手この手で戦いましょう。

    数々の困難に挫けることなく、どうにか達成されますように応援しています。

  • JUN様
    ご回答に感謝申し上げます。
    そうですね、上手に他者と進めて行ければ良いのですが、元来の性格が内向的で、
    且つ、能力不足の役立たずなものですから、そもそもの進め方がへたくそで、
    役員に小言を言われる毎日です。
    そのせいでしょうか、益々顔色を伺うようになり、最近では発言するのが怖くて仕方ありません。とにかく嫌われないように、怒られないようにと考えるばかりです。

    リラックスの方法はご指摘の通りだと思いました。
    昔から気持ちの切り替えが下手糞でしたが、最近ますますダメになってます。
    こう言っては何ですが、田舎者の自分に東京の景色が馴染めなくて居ます。
    こちらに来る前は、現在と同じ会社ではありますが役職も重責もそこまでは無く、
    休日は気晴らしに周りに広がる田んぼや山などを見ながらリセットをしていました。
    今は息が苦しくなるような街中に暮らし、休日に最低限の家事をこなしたらもう動く気力が湧きません。

    給与が無いとダメな理由の一つは別れた子の養育費。それと借金の返済です。
    養育費はそれほど多くなく、むしろとても少ない金額です。
    それよりは借金の返済です。
    本当にダメな男ですが、東京での寂しさを紛らわすため、遊び呆けてしまいました。
    偽物の埋め合わせだと分かりながら、心がポッカリ空いた感じを必死に忘れようとした結果です。愚か者です。

    ここまで全てを晒す自分もどうかと思いましたが、
    それでも今日初めての方に「一人で抱え込まないで周りに助けを求めて大丈夫」とおっしゃって頂いて本当に嬉しかったです。有難うございました。

    この歳でありながら精神弱すぎる自分を何とかしなきゃいけないんです。
    まずは自分との向き合い方、気持ちの切り替え方ですね。

  • 2018/12/03 21:52

    苦しそうな叫びに、とにもかくにもと書き込みさせて頂きます。

    私は50歳の女性です、同じような立場を経験してはいませんが、
    私の場合、子供の時に父も厳しく、継母にはひどく虐待されて、
    鈍器で殴られ血を流す毎日、食事もまともに貰えませんでした。
    大人になってからも精神的に後遺症で苦しみました。子供の時には毎日泣いてばかりいました。
    友達関係は一切禁止。学校でも虐められました。
    毎日シンデレラのように家の手伝いをさせられ、お風呂にも湯船は入らせてもらえませんでした。ずっと死にたいと感じてきました。

    高校生の時あまりのストレスに、夜寝ようとすると金縛りと、
    この世のものとは思えない激しい耳鳴りが押し寄せてきて、恐怖で慄きました。
    数日同じような恐怖が続き、闇の中でありったけの思いつく名を上げて祈りました。
    だれか!助けて!
    御釈迦さま、観音様、神様、マリア様、イエス様!!!
    その時に、
    強烈な一筋の光が目をつむっている私の目に見えたのです。
    そして、助かった!という思いに包まれました。

    それから30年ほどたってから、人生が辛くて、救いを求めて通い始めたオーラ治療というもので勉強するうちに、
    あの時助けてくれたのは、真実の神様である天地創造の神様であり、
    イエス・キリストだったのだと悟ったのです。

    もっと溯って、小さい頃に見た夢を思い出しました。
    それは実母が離婚する前後だったと思います。
    森の中で彷徨っている私が居て、二股の道に差し掛かり、木の上に人が架かっていたのです。
    起きてから、何だか怖い夢を見たのだと、その情景を父に話した記憶が有ります。
    その時に見た木の上の人は、イエス・キリストという人だと分かったのですが、
    特に私は教会にも行ったことはありませんし、知識を持っていたわけではありません。

    ですが、今はっきりと魂で分かったのです。真実の救いをもたらすために
    神様が人間の罪の身代わりとして、あえて十字架に架けられたイエス様が
    私を助けてくれて、人生を導いて下さっていると。
    そして苦しみにも意味があったことを悟りました。

    教会に行かなくてもいいんです。宗教は毒されていますから所属する必要はないです。

    でも、騙されたと思って、試しに「助けて!!!」と言ってみてください。
    扉を、心の中で叩いて下さい。
    やってもやらなくても、苦しいんだったら
    藁をもすがる思いで、
    天地創造の神様と、イエス様に「助けて!!」と祈ってみてください。

    どうか間違って八百万の神には祈らないで下さい。動物霊に入り込まれるかもしれません。

    本当にその会社を辞めるべきだとは思いますが、出来ないならば、
    奇跡を願うしかありません。
    そのような奇跡を何度もオーラでは見てきました。
    考えられない展開を、私も何度も経験して救われて今があるんです。

    死を覚悟して、家出もしました。 ちゃんと救われました。
    その時はオーラには出逢っていないし、天地創造の神様も知りませんでしたが導かれました。

    離婚もしました。5年間昼も夜も働き続けて、身体は消耗しましたし、
    深夜のファーストフードのバイトでは変な御客さんに苦しんだりしましたが、
    神様はちゃんと助けて下さいました。
    どこかお参りするわけでもありません。
    心底、信じるだけです。
    教会には行きませんが、聖書は読みました。
    騙されたでもいいから、読んでみてください。

    聖書はキリスト教という宗教の本ではありません。宗教に利用されていますが、
    人類に贈られた、人を創造した父なる神様の、
    人間へのラブレター、ダイレクトメールです。

    人間には魂が在ります。それは神様から自ら分かれた、分魂です。
    それを自分と言います。
    もとは一つだったのです。
    そこへいつか帰るのが魂の目的です。
    信じることで、繋がることが出来ます。

    どうかこれを読んだだけでも、恐怖や、不眠や、重圧から少しでも守られるようにと、
    このメールに私が祈りを込めたいと思います。

    神様の光であるオーラを乗せて送ります。

  • JUN
    2018/12/03 21:20

    こんばんは。

    転勤後から心身の不調を感じて心療内科に通われて、最近ではプロジェクトを任されてしまい、ハードな業務とやらなきゃいけない責任の重さなどから、動悸や吐き気、頭痛、悪夢、絶望的な気分があるという感じですよね。とてもしんどそうですね。

    適応障害や自律神経失調症の可能性を感じます。今のままだとそのうち心身が壊れてしまうのではないでしょうか。そうなると治療の為に仕事を休職あるいは退職することになると思います。そういった方を何人も見てきました。無理しないでください。

    プロジェクトの負担を軽くすること、あるいは、プロジェクトから外れること、それが必要なように思えます。また、考え方を適応的に修整したり、リラクセーションなども重要です。

    プロジェクトの負担を軽くするには、他者(会社の人、外部の専門家、友人など)に助けてもらうように相談するか、プロジェクトの責任を感じ過ぎない考え方を持つことが方法として考えられます。

    プロジェクトから外れるには、心療内科で適応障害や自律神経失調症の症状の兆候が出ていることを伝えた上で、プロジェクトを別の人に任せるか、休職させて欲しいと上司や社長に伝えることが方法として考えられます。

    また、プロジェクトとは別に自律神経を整えたり、心を落ち着かせる為に、リラクセーションが役に立つと思われます。具体的には、呼吸法、漸進的筋弛緩法、自律訓練法、マインドフルネスなどの療法があります。忙しくても1日5分は行ないたいところです。

    大変なときは一人で抱え込まないで周りに助けを求めて大丈夫だと思いますよ。

    それと、今の給与がないと困るというのはどういったことでしょうか?休職や退職しても手当はもらえるのでしばらく生活できるはずですが。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/