だめでした

10 193 あめ 1 年、 2 ヶ月前

母に今どうしたいのか言ってと言われたので、
今はもう何もしたくない、暫く休みたいという趣旨の返事をしたら、
私の今の狭すぎる視野では何も分からないのにそんな決断をするなと言われ、
結局私が何をどう思おうと選択は決まっていて、
逃げられないし、あとはただ時間が過ぎるのを待つだけ、

それならせめて受ける大学を減らして欲しいと言えば、
それは全落ちしたら晴れてニートになれるから?というような皮肉が返ってくるし、
それに私が傷ついた表情をしたのか、
悪いけど自分は口悪いから、と開き直るし、

なんかやっぱ無駄だったんだなあって、
精神科行く?薬でどうにかした方がいいんじゃない?と心配の欠片も無い声で聞くし、
ああこの人は母親では無い、と思ってしまったり

大学受験なんて人生長い目で見たらほんの一瞬の苦しみだし、
そこまで大げさに考えなくて良いって分かってはいるつもりだけれど

機嫌がいい時に話を合わせれば話せない訳では無いのもまた厄介だし
母と私では性格が合わなかったというだけ、
早く家を出たい

私がおかしいのかな、
傷つけられたい、と過去思っていたのは事実で、
傷つけられてから思い切り甘やかされたい、とか、
傷つけられていれば泣いていい理由ができるのに、とか、
母の言葉は傷つくのに丁度良いから、
支配されているのか私がされにいっているのか分からない

始めから全部無かったことにして消えてしまいたい

ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

10件の投稿を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)
  • inoue
    2018/07/09 16:15

    「風と共に去りぬ」を読むと元気づけられて、良くなります。

  • ninahyanさん、いつもお返事ありがとうございます。
    ご自身の体験のお話もしてくださって、ありがとうございました。
    私も推薦を考えたことがありましたが、行きたい学校もなく楽だからというだけだったので、その頃から自分の意志を強く持っていたninahyanさんは本当にすごいなと思います。
    私は今はセンター利用で合格した学校と、一つ補欠という状況です。
    先日の国公立の試験も、行けませんでした。
    本当に行けなかったのか、行かなかったのか、自分でもわからないし、最悪な子どもだなと思うし、
    申し訳ないというより、お金を出したり、ここまで面倒を見ていた親が可哀想だなと思うようになりました。
    落ちた所は成績開示の方法を調べてと言われ、欠席したところは請求できないのでいずれバレるのかと思うと心から憂鬱です。
    自分が悪いだけなのは分かってはいるのですが…忘れてほしいなと都合の良いことを考えています。

    そして教えてくださった 共依存 と ダブルバインド の言葉を調べてみました。
    私の 自立して生活できる気がしない というのは、私に頑張って生きていこうという気力が無いから というだけなので、親への依存かは分かりませんが、
    ダブルバインドというのはまさに当てはまるなと思いました。
    心理学を学んで、何か自分の中で解決策が見つかればいいなと思います。

    長い間相談にのってくださり、本当にありがとうございました。

  • ninahyan
    2018/02/05 20:13

    あめさん、久しぶり♪
    どうしてるかなぁと、たまに思い出していたよ。
    また書きに来てくれて、ありがとう。

    受験真っ只中だね。
    文転したんだね。いろいろ考えたんだろうね。
    心理、哲学系、いいね^ ^

    私立、受けられなかったんだね。
    よく、引き返す決断ができたね。
    それも、大切な決断だよ♪

    「大学に行って何が変わるんだろう、
    生きてくのが辛いのは変わらないんじゃないか、」

    そうだよね。
    大学に行って、何が変わるんだろうね。

    他の人はきっと、周りの人が行くからとか、将来のためにとか、周りに流されて行っている人が多いと思う。

    あめさんは、それを自分なりに、考えて結論を出そうとしてるんだもの…
    えらいと思うよ。

    でも、なかなか結論も出ないし、他の道も見つからないから、
    きっと苦しいんだよね。

    実はね、私も、昔、大学に進学した時、希望通りにはいかなかったの。

    私は、行きたい大学があったんだけどね、
    受験前に、急に先生から、推薦の話が来てね。笑って断ったんだけど、
    それが、親に伝わってね。
    1ヶ月くらい、親とバトル…
    女の子は、リスクのある受験しなくても、この位の大学に行っておけばいいのだと、
    父から叩いたり蹴ったり、暴言も浴びてね。
    私は気が強くて、なかなか言うこと聞かなかったんだけど、
    結局、1ヶ月後位に、疲れてOKしてしまったんだよね。
    とりあえず、もう大学の心配をしなくても、いいのだと…

    でもね、大学に進学しても、やっぱり違和感があってね。
    再受験しようと、大学1年の夏、高校の先生に頼みに行ったの。
    親もね、憔悴した私を見て反省したんだと思う。
    一緒に、先生に頭を下げてくれたの。
    でも、学校推薦だから、高校に迷惑かかるからって、結局叶わなかったのね。

    それから、大学1年が終わる頃、やっと吹っ切れてね、
    私は、大学で勉強したかったので^ ^、ベストを尽くしたよ。
    ちょっと物足りなかったけどね^ ^

    それから、普通に就職して、今度は、人が変わったように、社会人生活楽しんでね。

    そして、バリバリキャリア志向だったんだけど、
    結局、結婚して、家庭に入ってしまった。

    私も、高校のときは、進路、いろいろ迷ってね。
    結局、潰しがきくと聞いて、法学部に行ったんだけど、
    就職には、なんにも影響なかったと言うか、
    主婦で再就職しようとしても、学歴なんて全く意味がない。
    評価されるのは、資格とキャリアよ。

    学歴が評価されるのは、最初の新卒の時だけだね。

    そして、今、まさに行きたかったなと思うのが、心理学なのよ…
    高校のときも、心理行きたいなと思ったけど、就職に不利だろうなと思って行かなかったの。
    でも、心理学取ってたら、カウンセラーの資格とかも取れるし、
    いま、やりたいことに結びついてたなと思う。

    下手に、就職のこと考えて、法学部行ったのが、大間違い^ ^
    女の子はね、特に、専門職につけるような、資格を取っておいた方が、
    年を取ってからも、良いよ。
    仕事もあるし、時給もよい♪

    そして、
    進路を選ぶときのコツは、
    好きなことを選ぶこと♪

    変に就職のこと考えて、好きでもない方に進むと、
    後から、やっぱり違ってた…と思うようになるよ。

    自分が楽しいと思うこと、好きなことが、
    人生の方向を、指し示してくれるよ。

    今、あめさんは、心が疲れてしまって、
    どちらの方向に、自分の心が向いているのか、分からなくなってしまっていると思う…

    でも、できたら、
    心を落ち着けて、自分の心に問いかけてみてね♪

    そしたら、きっと、心の中から答えが聞こえてくると、思う…

    「自分が自立して生活していける気がしないからどうせこの家族と生きていかなくちゃいけないのに、と思います。」

    あのね… あめさんと親御さんは、
    「共依存」の関係になっていると思うの。
    心理学用語だよね。ネットでもすぐ調べられるから、調べてみて♪

    あめさんも、親御さんも、離れられない関係にあって、
    しかも、お互いに良い方向へいかない関係なんだと思う。

    親御さんは、過干渉すぎて、
    しかも、「ダブルバインド」と言う言動を使って、無意識に、あめさんの心を縛って疲れさせてしまっている…

    前にあめさんが言っていた
    「あなたの為を思って…」
    と言う言葉も、子供の心の逃げ場をなくして追い詰めてしまう、典型的な「ダブルバインド」
    (↑これも心理学用語ね、調べてみて♪)

    そこから、抜け出すには、どうしたらいい?
    もしかしたら、あめさんは、心理学科に進むと、その答えを自分で見つけられるかもしれないね。

    そして、
    こうやって、親子の共依存で悩んでいる人は、とても多い…
    あめさんは、自分の経験と知識で、みんなの力になることが出来るかもしれない。

    でも、まずは、自分の人生を楽しむことね♪

    いま、悩んでいることは、決して無駄にはならないよ。
    私も、昔のことは、もう自分のことのようには、感じないもの^ ^
    親のことも、許せた…

    あめさんにも、きっとそんな日が来るよ…

  • ninahyanさん、お久し振りです。
    お返事遅くなりすみません。

    あれからの経緯ですが、文転することになり心理、哲学系に進もうと決めました。
    ただ、確かにその道に進みたいと思った瞬間はあったのですが、今は何故かそんなエネルギーが残っていないように感じています。

    文系になった以上ただ頑張ればいいだけだ、と自分でも思うのですが…
    試験も全部他人事に感じます。
    早く全部終わればいいのにとか、頑張って生きていくの大変だし面倒だしやめたいなとか、ずっと考えています。
    ついこの間、私立の試験があったのですが、行けませんでした。
    朝早く起きて、電車に乗ってしんどいなって思って、あと少しで最寄り駅に着く時にもう無理だ、耐えられない、となって引き返してしまいました。
    母には言えないし、なんで普通にできないんだろう、怒られるの怖い、ばれそうになったらどう誤魔化そう、本当に駄目な人間だな、と考えています。

    大学に行って何が変わるんだろう、
    生きてくのが辛いのは変わらないんじゃないか、
    自分が自立して生活していける気がしないからどうせこの家族と生きていかなくちゃいけないのに、と思います。
    仮に私が今うつ状態だと言われたとしても、だからといって今の状況が変わる訳でもないし。

    ただ、事実大学に合格すれば憂鬱な気分の大元は取り除かれるのだろうとは理解しています。
    だからやればいいだけなのに、それは分かってるのに。

    長々と書きましたが、ただもう疲れたし、全部辞めたいなあって思います。

  • ninahyan
    2017/11/23 13:23

    あめさん
    よく頑張っているよ^ ^

    まず、お母さんに気持ちを伝えられて、よかったね。
    そして、お母さんも、あめさんの気持ちを聞いてくれて、よかった。
    たとえ、意見が違っても。

    「自分は子どもの為を思っている」
    と言う言葉は、ほんと難しくて、
    たしかに、そうなんだろうけど、
    考え方が違うと、どこまでも平行線で、時に負担になるよね。

    あめさん、聞いていい?
    あめさんは、どんな道に進みたかったの?
    支障がなかったら、教えてね♪

  • 思ってることを言えと言うので正直に
    今は行きたいとは思えていない、休みたい、
    でも行った方がいいのは分かっているから
    と言いました

    前回は
    私が何を思おうと関係ない
    と言い切っていたくせに今回は 行きたいと思えていない という事を執拗に掘り下げてきます

    母が将来を考えてくれているのも分かってる、
    私が先のことを考えられていないことも、
    でも苦しいものは苦しい、
    でも母にしたら苦しいのは当たり前でそれから逃げるのは甘えで逃げようとする私は視野の狭い子どもなんだそうです

    そうじゃないと言い聞かせても、
    文理を決めるはじめの段階から私がやりたいと言ったことを否定して潰してきたのはお前じゃないかと思うのをやめられません

    自分は子どもの為を思っている、嫌われても恨まれても構わない、と言われましたが
    そんな言葉で美化しないで欲しいと思ってしまいます

    みんなと同じように頑張れない私がおかしい、
    甘えて逃げているだけ、社会に出たら苦しくてもやっていかなくちゃいけない、そういうことなんだと思います

    いつも母に怒られてからここに来るので愚痴の様になってしまいます、ごめんなさい

  • ninahyan
    2017/11/22 21:51

    あめさん
    今、あめさん、どうしてるかな?…と考えていたところです。

    耐えていたのね。辛いね…

    お母さんが、
    「言っても分かってもらえないから、もう言わない、と言うのは人を馬鹿にしている」
    と怒ってたんですね^ ^

    お母さんも、あめさんの気持ち聞きたいんですね!
    どんどん、言ってみましょう^ ^

    お母さん、どんなふうに、あめさんの話を聞いたらいいか分からないけど、
    「聞いてあげたい、聞いた方がいい」と、内心思ってらっしゃるのよ。

    あめさんも、
    「言ってもわかってもらえない」と、
    今までのように思わず、言ってみましょう。

    突破口が、開けるかもしれません。

    傷ついてしまう自分を、責めないで…
    傷ついている自分を、いたわってあげましょう。

    進学した後のことは、また、その時考えましょう。
    今のことで、手一杯だからね。

    合唱やピアノ、お寺や神社…
    わたしと趣味がかぶりますね^ ^
    なんだか、うれしいです。

    私は、コーラスをやっていて、今、余興のクリスマスソングを練習してますよ♪

    音楽は、癒されますね^ ^
    心に、歌を…♪ どんな時も

  • コメントありがとうございます。
    耐えろ、耐えろって言い聞かせながら過ごしています。
    言っても分かってもらえないから、もう言わない、と言うのは人を馬鹿にしていると、先程も怒られました。
    そうなんでしょうか。

    自分がいちいち傷ついている事柄は冷静な時に考えると他のもっと辛い人に比べたら大したことないと思えて、普通にできない自分が嫌になります。

    進学しても、四、五年はこの人と暮らさなくちゃいけない

    色々ぐちゃぐちゃと考えすぎて脈絡の無い返信になってすみません

    音楽をやっていたので合唱やピアノの演奏が好きです
    本を読んだりお寺や神社に行くのも好きです
    なかなか時間が取れませんが、休める時間も作りたいと思います

  • ドラ5
    2017/11/19 20:43

    何がネックになってるのかなーーーと考えているんだけど、自分の人生はお母さんに左右されていると思い込んでるのかな?? そういうことじゃなくて、自分の人生なんだから自分で決めて行く心持ちを持ってはどうでしょうか? そりゃぁ…各々の家庭には色々と制限があると思いますが……、そこをどう利用させてもらって、独り立ちするかが鍵なんではないでしょうか…。親はそれはそれは文句も言うでしょうが、どんな結果になろうと独り立ちしてくれれば安心しますから。大学も受かる事を目標とするんじゃなくて、それをどう利用するかだからねぇ。とりあえず、待ったなしで動ける人になるか、引きこもれるか?どちらにしろ自分自身が救うしかないよね…。

  • ninahyan
    2017/11/19 08:32

    あめさん
    大丈夫? 今の状況、書いてくれて、ありがとう。
    お母さんに、自分の気持ちを伝えたんだね。勇気がいったと思います。
    なかなか分かってもらえないかもしれないけど、少しずつ、前へ進んでますね。

    子供が、お母さんに愛されたいと思うのは、あたりまえ。
    あめさんが、お母さんに対して、なんとかして振り向いてほしいとしてきたことも、全然おかしいことじゃないですよ。

    ただ、お母さんは、結構、手強いね^ ^
    お母さんは、お母さんなりの信念と、お母さんなりの愛の結果、今のような言動になってると思うから…

    ひとつには、あめさんが考え方を変える、と言う方法も、ありますね。
    残念だけど、ここは、あめさんが一歩譲る、受け入れる…と言う方法

    お母さんは、なかなか変わらない。
    なら、私が合わせていくか…と言う考え方

    いま、お母さんのやり方も、お母さんの描いた将来も、あめさんの希望に合わないし、抵抗を感じるんだよね。

    心理的に抵抗があるから、苦しみが生まれる…

    なら、お母さんのやり方に乗っかって、今の時期を乗り越えていく…やり過ごす

    受験が終わって、進学すれば、
    少し、お母さんと距離が出来るかな。

    そうしたら、少しずつ、あめさんの思い描く将来へと、路線を寄せていく…
    お母さんからも、心も自立していけるかもしれません。

    いま、心が疲れてしまって、大変だと思いますが、
    いま、出来ることを、ひとつひとつしていきましょうか?

    先を見てしまうと、不安に駆られるけど、

    目の前のひとつひとつを、クリアしていくことに集中すると、落ち着くと思います。

    そして、お母さんを敵じゃなくて、味方にしましょう^ ^

    強大な敵は、強力な味方になります♪

    そして、私たちも、ここで見守っていますから…

    心が疲れたときは、
    あめさんなら、どんなことをすると、心がほぐれますか?

    私は、青い空を見るのが好きです。
    青い空に、白い雲がふわりと流れていくのを見ると、心が軽くなります。

    あめさんなりの、リフレッシュの仕方を見つけて、
    上手にガス抜きしながら、
    この時期を、乗り切っていけるといいですね♪

10件の投稿を表示中 - 1 - 10件目 (全10件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP