Chloe55

先生

4 60 Chloe55 1 週、 4 日前

母親がとても怖い家庭で育ちました。
母親と背格好と声、挙動が似ている学校の先生を目にするだけで母親への恐怖がフラッシュバックし、頭がぐらぐらして汗が止まりません。涙目になりながらその先生の授業を受けることもあります。

その先生の授業はとても面白く、たくさんの生徒に人気があります。
私(高校生)の母親と同じくらいの年齢であるにもかかわらず、男子と軽口をたたきあえるような素敵な先生です。
でも、私にはその軽口が恐怖でしかないんです。例えば、先生が「ちゃんと勉強しなさい!(笑)」と生徒を優しく注意しているだけでも、私の脳裏には「しっかり勉強してろって言ったよね?」と母親に叱られた記憶がよみがえってくるので、恐怖でしかないです。

すごくいい先生なのに、いざ目の前にすると委縮してしまって声も出ません。
とても失礼だと思っているし、失望されててもおかしくないと思っています。
どうにかして先生を見ても嫌なことを思い出さない方法を見つけたいです。

あと、声が小さくて目も合わせてくれない生徒に先生は失望するでしょうか。
その先生と話したことはまだ数回しかないです。

元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!

ココトモがつくるにフリースクール『Riz』(東京目黒区)は、不登校を経験した大学生スタッフが中心になり、中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

Riz公式サイトはこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • sara0707
    2019/11/29 00:02

    お返事ありがとうございます。

    回復の順序としては、

    弱さを感じていた当時の自分の感情をいったん認める(怖さをしっかり感じて解放する) 
    の後に
    自分の強さを育てる

    です。

    感情って、押し殺したり、抑圧して、なかったことにしてしまうと
    逆にいつまでも残るのです。
    逆に、あえて感じる、と消えていきます。。
    時間をとって、やってみてください。
    何か安心できるものを、傍らにおいて。

  • コメントしてくださったお二方
    本当にありがとうございます。

    今まで怖い感情を押し殺すことばかりに夢中になっていたので、「怖い記憶を塗り替えて打ち勝つ」「強い自分を想像する」という発想はありませんでした。

    ノートに気持ちを書き留めていくこともやってみようかなと思っています。
    時間はかかっても、私の考えていたことをしっかり母に伝えられる大人になります。
    まだ母親は怖いですが、愛情をもって育ててもらったのは確かです。
    いい親子関係を築くために、自分は母親が何をすると恐怖を感じ、何をすると安心するのか分析しようと思います。

    授業中苦しくなったら、落ち着いて周りを見ようと思います。
    その先生に教えてもらっている科目は将来受験で使うので、テンパらずに頑張って勉強しようと思います。
    すぐには母親に言い返すことができるようにはなりませんが、母親のことを今自分が考えてるよりも対等な立場にいる人として認識できるのが理想です。

    今後私が関わるであろうたくさんの人のことを考えても、まずは先生に対して「この人はお母さんじゃない、怯える必要はない」と判断できるようになります。
    いずれは、母親本人に対しても「怯える必要はない」と思えるように頑張ります。

  • sara0707
    2019/11/28 20:29

    こんにちは。
    お母さんが怖い、という記憶がとても強いのですね。
    トラウマは、自分がどうしようも出来ない状態(弱い状態)の記憶に、強烈な感情が焼き付いてしまっているのだと思いますが、
    セラピーなどでは、当時の自分に寄り添って、感情をよく感じて感じきってしまう、という作業をします。
    そしてイメージを書き換えます。お母さんに言いたいことを言ったり、自分を守る行動がとれるイメージが出来るようになれば、もう弱い自分ではありませんから、
    そうしたら実物のお母さんにも言い返しやすくなるかと思います。
    実際のお母さんは変わらなくても、自分はもう弱くない、言いたいことを言い返すこともできる、というふうに感じられることが大事だと思います。
    一回で書き換わらなくても、だんだん強くなっていければ、大丈夫です。

    とはいえ、今でもつらいようですので、ご無理がないように。
    授業中に思い出して恐怖に陥ったら、目をしっかりあけて目玉を動かしてまわりを見たり、何か物に触ったりして、現実に戻ってください。あと床に足をしっかりつけたり、ゆっくり息を吐いたりして、やりすごしてみてください。

  • 2019/11/28 15:59

    はじめまして。35歳の男です。

    お母さん、怖かったんですね。
    その記憶が、トラウマとなって心に焼き付いていて、頻繁にフラッシュバックしてしまうんですね。

    頭がぐらぐらして、汗が止まらなくなるなんて、とても辛いですね。

    先生を見ても大丈夫になるには、すぐには難しいと思います。

    時間をかけて少しずつその悪い記憶を塗り替えるか、それに打ち勝つ方法を見つけるか…。

    詳しいことは分からないのですが、例えば、お母さんに、
    「お母さんが怖かったせいで、お母さんと似たような先生を目の前にすると汗が止まらなくてめまいもして大変なんだよ!どうしてくれるの?」
    と思い切って言ってみるとか…。

    もしくは、直接言うのがハードルが高いなら、ノートに気持ちをつづるとか…。

    恐怖から逃げてもどこまでも追いかけてきそうなので、打ち勝つしかないかなと。

    そして、今言えなかったら大人になってからでいいので直接言ってみて下さい。

    子供を持つお母さんは、愛情を持って子供を育てます。しかし、そのやり方に絶対これ!という方法はありません。

    あなたのお母さんも、あなたを愛情を持って育てたと思いますが、そのやり方は必ずしも正しいとは限らないんです。

    事実、あなたがそのような普通の人にはない恐怖を感じてしまうことは、その点においては正しくなかったんです。

    お母さんのためにも、それは言ってあげて下さい。

    だって、それを隠して社会人になってからずっと、お母さんと同じような人にビクビクしていたら、あなたの人生が台無しです。

    それを直接本人に話して、その事実を知ってもらうのがお母さんのためであり、あなたのためでもあるのではないでしょうかと私は思います。

    悩み解決の糸口になれば嬉しいです。
    応援しています。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP