出産のことへの重く強い悩み

9 124 なな 4 ヶ月、 1 週前

何度も心無い意見で悲しい気持ちになったので、強い言葉は本当に言わないでいただきたいのですが、悩んでいることがあります。
同じ女性から見ればイライラするかもしれません。
でも、とても傷つくので心無い言葉は投げ掛けないでほしいと思っています。

一度離婚を経験して、今は独り身です。
もう離婚をしてから6年も経っていますが再婚など考えたこともなく、独りで淡々と、ぼんやり、生活のために働くなど、出来ることだけをして、他はなにもせずに生きてます。

最近は両親がだんだんと心配してくれて、結婚はどうか、そろそろ子供が産めなくなるのでは、という話ばかりをします。

ただ、わたしは実は小学校六年生の頃から子供を産むことに強い恐怖があり、そこからとにかく逃げて逃げて今に至っています。
歯を抜く時ですら医師が血圧を見て中断したほどです。
とてもじゃないけれど、産む気になどなれません。

とても繊細な話題なので、こういうことを言うと必ず他人からは罵倒されます。
誰でもやってるんだから、とか、そんな贅沢な、とか、産めない人もいるんだよ、とか。
ひどいと、「パートナーも居ないのにそういう相談するのは病院としてもどうかと思うしやめたほうがいい」とも言われました。

でもわたしは真剣に悩んでいるんです。

無痛も考えました、帝王切開ってなんだろうとかも自分なりに調べました。

ただ吐き気がするばかりで。

結婚した時の話はいろいろと経緯がありすぎるので省きますが、もしかしたら妊娠したのでは、という場面があり、その際はパニックになってしまって………

母親ですら、わたしを否定する気がしてまだ本当の事は言えず、結婚したくないとだけ言ってはぐらかしています。

でも最近同い年の仲間がどんどんお母さんになって、焦っています。

6年前は正直、人の奴隷になって生きるなんてもう御免だと思っていましたが、今はみんなが子供の写真をのせてLINEしてくるのが焦りをうんでいます。

先日も、電車の中で無痛分娩の話を調べていたら吐き気をもよおしてしまいました。

それくらい重いです。

でも、みんなの写真を見てたら自分の子供っていいなと思ってしまいます。

もちろん、子供はいつか大きくなってオバサンオッサンになります。
可愛いだけじゃない。
それは分かっています。

こんなふうに考えて、もう32歳。体は高齢です。

両親も、無理強いはしませんが、「自分達が死んだ時に、初めて本当の孤独を感じるかもしれない。怖くなるかもしれない。それがとても心配だから。子供はもちろん、親の道具ではないから、自分の老後の世話のために産むなんて事を言いたいんじゃないよ?でも、そうやって人間の社会はずっと回っているから」と言ってくれています。

だから余計に申し訳なくて。

わたしは、一体どうすればいいんだろう、と。

きっと否定や、お叱りの言葉がたくさんあるのでしょう。

分かっていても、わたしは悩むことをやめられません。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)
  • motherlandさま

    返事がおそくなってしまってごめんなさい。
    親身になってコメントいただいて、ありがとうございました。

    同じように悩み、わたしの今の年齢を過ごされてきたんですね。
    歯のほうは、口が小さいことから嘔吐反射も出やすく、先生がたちにはご迷惑をおかけしました(笑)
    それでも先生のおかげで4本、すべて乗り越え、抜くことができました。

    歯と違い、無痛分娩は産む頃にならないと本当に無痛分娩が出来るのか分からない(計画無痛でも入院日は5日前にならないと告げられない)、というところがもう無理で、とてもじゃないけど10ヶ月安心して過ごすなんて出来ません。
    たぶん、そのストレスから鬱や流産になる可能性もあると思います。

    こんな心配をして、周りにもいろいろ言われるくらいなら、早くこの歳が過ぎてしまえばいいのにと思います。

  • motherland
    2019/06/08 22:42

    はじめまして。
     わたしはあなた様より年上で、結婚経験も子もいません。
    わたしも小学生から 考えるだけで吐き気とか、自分には無理だわと考えすぎた時期がありました。
     まわりが適齢期だからと、どんどん結婚したりママになり、わたしはどうしようと、焦る経験もありました。
      自分の幸せを考えられないくせに、人と比較してしまうんです。 
     
     あなた様にはすてきなご両親がいらっしゃいますね。うらやましいです。 
    怖いし痛いし無理だーってなること、それもあなたの一面ですし、受け入れて自分を責めないでください。あなたが悪いわけではないですよ。吐き気もお辛いですよね。

    慰めるわけではありませんが、同じように悩んでいた子がシングルマザーで出産できてます。心配しすぎて入院期間が長かったけど、このように人それぞれの方法があるものですよ。 
     女性だもん、心配や不安をたくさん考えてしまいますよね。 
     あなた様がいまできることとしたら、あなた様が安心のおける産婦人科を探してみることかなぁとおもいます。この病院は無痛分娩があるなとか調べたり、
    実際に行って病院の雰囲気をみる、実際に体調がわるくてとかなんとかで診てもらうのもありかなとおもいます。先生の相性もありますものね。 
     
     歯 わたしも同じです、、
    だから 無痛をアピールしてる歯科をめぐりまくり、やっと
    自分にあう場所をみつけられました。 
     それでもある程度はもう仕方がないんだなと受け入れましたが。。。

     あんまり焦らずに、無理せずに過ごしてくださいね。
     あなたの幸せをみつけてもらいたいです。 
        
     

  • Kukka
    2019/06/06 13:07

    ななさん
    こんにちは。

    ななさんが感じておられるものについてですが、少し思い当たる節がありますので書かせてください。

    出産については小学校6年頃から保健体育などの授業がありますので、自覚されたのがこの時期という事ですよね。
    出産の痛みは1つのキッカケに過ぎない可能性が高いです。何故なら、歯を抜くという事についても恐怖心で身体が反応を示しているからです。また、痛みを伴わずとも、自分の肉体に何か強い衝撃が起こる事にもの凄く恐怖心を抱いている事が気になります。
    恐怖の元となっているものは、もっと原初的なものかもしれません。それこそ、物心がつかない、赤ん坊の時や母親の胎内での影響も考えられます。
    肉体に纏わる恐怖心は、知識や技術も洗練された方に肉体への正常なアプローチを掛けてもらう事が、最善であり、最短な方法となります。それによって、精神が安定し、今より生きる事が楽になると思います。(「原遺障害」で少し調べて見てみると良いかもしれません。)

    自分の身体は、自分の気持ちにとても素直です。まずは、産む、産まないという選択肢以前に、ご自分の身体と気持ちの繋がりにきちんと向き合う事をおすすめします。

  • 2019/06/06 09:29

    そうですね、産む気が無くて子供が欲しいのなら前回もお話ししましたが
    養子縁組でも良いのではないでしょうか。

    出産って、命がけで産んでいる人って多いんですよ。
    もちろん凄い安産で楽だったという人もいます。
    どんな方法であれ命を宿し産むって事は簡単ではないと思います。

    トピック主さんがどうなるかはわかりませんが
    想像だけだと不安と怖さばかりになると思うんですよ。
    案ずるより生むが易しという言葉もあるように、こればかりは
    想像で判断できないものだと思います。

    お腹に命が宿ると産んであげたいという気持ちも強くなります。
    これも想像ではわからないものだと思います。

  • nakisunaさま

    お返事ありがとうございます。

    「わたしが出産できる方法」と何度もおっしゃいますが、
    無痛ですら話を読んで吐きそうになってる時点で無理だと思います。

    それでも欲しかったらもう死ぬしかないですね

  • nakisuna
    2019/06/06 06:40

    あなた自身が子供を欲しいなら、自分と合う相手を見つけて結婚して子供を作ったらいいと思います。もちろんあなたが出産できる方法を探してのことですが。周りに感化されようとされまいと、肝心なのはあなたの意思です。たとえ出産できたとしても、自分の予想していた子供とは違う可能性もあるし、それでも育てていく義務があると確認したうえで望めばいいのではないでしょうか。

  • トピ主です。

    お二方ともアドバイスありがとうございます。

    「周りに感化された」と受け止められたようですが、
    ではもし、そうではなく、わたし個人として本当に子供がほしかったら、わたしはどうしたら良いと思いますか?

    そこが聞きたかったです。

  • 2019/06/06 01:48

    私の友人は結婚したけど、子供は作らないという人生を選びました。
    二人で話し合って決めた事です。
    そういうパートナーも捜せばいますよ。

    子供は寂しいからとか、周りが産んだから、なんて理由ではとても育てられるものではありませんよ。
    それこそ怪我をする事もあるし、大きな病気をする事だってあるし、歯を抜いてあげる事だってありますから。

    周りと同じ人生を歩みたいと思うのなら、この人の子供を生んであげたいと強く思える人に出会ってからでもいいのではありませんか?
    そもそも、本当に子供を育てたいのなら養子という選択肢もあります。

    自分の人生ですから、周りは代わりに生きてはくれません。周りの価値観は周りの価値観でしかないのです。
    自分が本当はどうしたいかが大丈夫ですよ。
    子供がいなくても夫婦仲良くやって行くだけでも十分幸せだと思います。
    自分の気持ちを大事にして下さいね。

  • nakisuna
    2019/06/05 22:31

    こんばんは。私は友人たちが皆結婚するのを見送ってきて、アラフィフになっても独身の女性です。私だけ独身ですが、友人たちと違うことに焦りはありません。逆に焦って相手を探して結婚して急いで出産してもそれは自分がしたかった理想の形ではないから、きっと後になってああしなけえばよかったと後悔すると思うのです。だから、現在も独身ですが、出産のことだけ考えなければ結婚自体は何歳になってもできると思います。縁ですから。あなたが出産のリスクも出産した後も子供を育てていく覚悟があるなら、いろいろ悩んでいいと思います。ご自分の体調のことも考えて、可能な出産方法を選択すればいいと思います。大切なのは、あなたの意思だけです。

9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP