友達関係

1 1,551 退会したユーザー 4 年、 6 ヶ月前

kmbi

読んでくださってありがとうございます。

私は今、小学生の頃に自分が友達にした酷いことで悩んでいます。今は大学生です。

私には小学生の頃に、仲良くしていた女友達のグループがいました。
所謂、派手でクラスでも目立っていてクラスの中心的グループでした。そのグループの中には、一人だけ、親友といえる子がいました。
しかし、私の仲良くしていたそのグループ内では、順番に無視されたり悪口を言われたりする役割(役割という表現にしたのは、本当に何かの係のようにある一定の期間ごとにターゲットが移っていたからです。)があり、それが親友に回ってきました。リーダー格の子は親友を大っぴらに無視したり悪口をいったりはしませんでした。何故なら、その子は人間関係でよく問題を起こす子として、担任に目をつけられていたからです。なので、非常に地味に、しかし陰湿に、私の親友に嫌がらせをしました。そして、私に親友に「(リーダー格の子)ちゃんのこと好き?」と聞くように言いました。私はこの時、この質問をすれば親友が「嫌い」というと確信してました。そして、それをリーダー格の子に伝えれば、リーダー格の子は絶好の口実を手に入れて、親友を除け者にし、虐めるという予想もついてました。なので、親友にこの質問をしないつもりでした。でも、毎日毎日リーダー格の子とその取り巻きが私の家の前で私の帰りを待ち、「今日は聞いた?なんて言ってた?」と聞いてくるのが非常に恐ろしく、自分にあの役割が回ってきたらどうしようと怖くなり、ついにリーダー格の子の言う通りにしてしまいました。
その後は私の予想通りでした。親友は虐められ、私と彼女は絶縁しました。
あれから、中学生のころに泣きながら謝り、元親友は非常に良い子なので許してくれました。
でも、私はあれから自分が信じられません。私はあの時、親友よりも自分をとったのです。さらに言えばそこにリーダー格の子と同じように虐めを楽しむ気持ちが少しあったような気がしてなりません。あれから、自分は最低な人間だと思いながら日々を過ごしています。でも表面上はそれを取り繕い、友情を大切にする人のふりをして生きています。でも、友達もいつか私のように裏切るのではないかと疑っています。卑屈になっています。私の元親友の方が辛かったに決まっています。これは報いです。わかっていますが、いつまでもこの事が影のように私の今の様々な人間関係にも影響を与えています。友人はもちろん、恋人も信じられず、すぐに別れてしまいます。
こんな自分を変えたいです。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 退会したメンバー
    2015/06/14 21:32
    old
    ココトモメンバー

    親友を結果としていじめてしまったこと。大変辛い思い出になりますよね。
    でも、のちに、その親友はあやさんを許してくれたんですよね。その間のあやさんの葛藤を知ることはできませんが、許してもらえたことはあやさんにとって嬉しいことだったのではないでしょうか。
    少しその時の気持ちを思い起こしてみてはどうでしょうか。

    今、あやさんは、相手に信じてもらえない、裏切られる可能性がある、と思い込んでいるように思います。その思い込みを正当化する理由として過去の親友へのいじめを利用しているように感じます。

    中学生の時、親友がなぜ許してくれたのでしょうか。
    あやさんは、親友に許してもらったことを、今どう感じていますか?
    そこを紐解くと、あるいは気が楽になるかもしれません。

    相手を信じることは、あやさんのような過去がなくても難しいものです。
    「信じる」というのはかなり強い気持ちだと思います。強い気持ちだからこそ、失うとダメージが甚大なのだと思います。

    私たちは、相手の気持ちを知ることはできません。だから、会話などのコミュニケーションでお互いの考え方を知り、その過程で少しずつ分かり合えるようになっていくものだと思います。
    たぶん、この「分かり合える」というところが大切なのだと思います。私は、「分かり合える」とは「信じる」よりも相手との心の距離を置いた状態だと思います。これくらいなら、失ってもダメージは少ないでしょう。
    お互いを「信じて」いないといけない、と思わずに、「分かり合える」という付き合い方をしてみてはどうでしょうか。

    ちなみに、私は信じていると感じる人はいません。妻でも「信じている」までは行きません。やっぱり「分かり合えている」というところです。家族しかり。
    私がいじめられっ子だったからかもしれませんね。自分を含めて信じられる人はいません。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP