大学の体育の授業

2 82 Kyarorain 5 ヶ月、 2 週間前

大学1年女子です。

私は体育が大の苦手(高校3年間体育はずっと評定3でした)ですが、教職課程で必修なため履修しています。
初回の体力テストであまりにも私の出来が悪かった為に、体育の1人の先生から呼び出されました。
私は、軽い持病があるのでそれを説明したら、できる範囲で構わないから自分のペースでやってくれと言われました。
ので、前期はその先生のバドミントンを選択し、テストもなくひたすらゲームで特に困りませんでした。

が、後期で卓球を選択したら先生が変わり、授業内容もかなりハードなものになりました。
毎回ウォーミングアップとして、ハードルや小さな三角コーンをけんけんぱで飛び越えていくなどやらされます。
が、できません。
でも私ができないと、後ろの人達が詰まってしまうので、けんけんぱは諦めて普通に跨いでしまいます。
時間かかってでもけんけんぱ頑張るべきなのでしょうか?
また、卓球の方もバドの時と違く高校の授業の様に、テストもあり、フォアだのバックだのやらされます。
正直私にとっては、球を当てるのに精一杯なのにそんなことまでできません。
案の定先生からマークはされますが、大丈夫?とは聞かれますが、大丈夫というしかありません。
持病の事を話そうかとも思いましたが、先生が日本人では無いため、詳しく説明できませんし、別にドクターストップは出てないので、話していません。
ですが、このままだとテストは0点だし、毎回のウォーミングアップのハードルと三角コーンでは私のせいで授業が止まってしまうしで、授業妨害に当たるのではとすら思ってしまいます。
大学生にもなって、体育くらいうまくやり過ごせと思う方もいるかと思いますが、
高校までずっと体育は本当に嫌いでずっと悩みの種でした。
大学では、体育を好きな人が沢山いる事もあってできないのは私しかいません。
ちなみに、体育はあと5回授業があります。
ここまで読んでくださりありがとうございます。
もう体育が憂鬱過ぎて辛いので、何かアドバイスなり、経験談なりお願いします。

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • お返事が遅くなり大変申し訳ありません。
    コメントありがとうございます。
    確かにあと3回の授業で大事なことは、種目ができるようになることではないと思います。
    苦手なら苦手なりに単位がとれるように、自分から行動に移したいと思います。
    アドバイスありがとうございました。

  • Kukka
    2019/12/02 17:34

    こんにちは、Kyarorainさん。
    以前、グループ課題の投稿について書き込みをした者です。

    体育、嫌いな人にとっては辛いですよね。
    Kyarorainさんは前期の体育では、先生に説明をしてできる限りの事をやったのですね。
    説明をする前と、した後の気持ちに違いはありましたか?…たぶん、説明しなかった状況より大分気が楽になった状態で授業が受けられたと思うのですが、どうでしょう?

    確かに、できないものをできる様にする事も一つの手ではありますが、回数の限られている授業のためだけに、体育の種目を頑張るのはKyarorainさんにとって本当に為になる事なのでしょうか?
    前回もお伝えしましたが、教職の必須課程という事を考えれば、「体育の種目自体ができるようになる」事が本来の目的ではないように思います。
    後期の先生、日本の方ではないようですが、本当に詳しく説明しないと伝わらないでしょうか?

    前期の先生と、後期の先生のやり方が違うという事は単位を与える為の判断材料は各先生の方針によるものが大きい気がします。
    できない理由を詳しく説明するのではなく、「これならできるので、代わりにこれで判断して下さい」というやり方もあるのではないかなと思うのですが、どうですか?(この場合、体を動かすものだけじゃなく、動かさないものも含めて考えても良いかなと思います。例えば、レポートとか…)
    前期の先生は向こうから話を持ちかけてくれたようですが、今度は自分から先生に話を持ちかける方法だって取れると思います。
    三角コーンについても、Kyarorainさんがやりきりたいのであれば、そのままの状況ではなく、やりやすくなるような状況を提案できれば良いのではないかなと思います。
    憂鬱だと思う体育の授業が少しでも、Krarorainさんの中で「やれた」と実感のあるものだと良いなと思います。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP