退会したメンバー

嫌われたくなくて…

6 140 old 2 年、 9 ヶ月前

初めて掲示板を利用します。私は現在高校生です。中学生時代、高校生(つい最近まで)といじめをうけていました。それで「嫌われたくない」「もっと皆と仲良くしたい」と強く思うようになりました。高校生になり、1人友人ができたのですが、その友人を大切にしたい、嫌われたくないあまり「〇〇持ってる?」と聞かれた時に、持っていないのに「持ってるよ!」とこたえて、わざわざその商品を買って、その友人に貸したことがあります。ここからがいまの悩みなのですが、「〇〇お願いできる?」と半月前に頼み事をされ、正直難しいことだったのですが「いいよ!!」と返事をしてしまいました。いままでずっと嫌われていた自分にとって、その友人に頼られることがとても嬉しくて、安請け合いをしました。そしたら案の定できませんでした。「できた?」ときかれて「できた!!」と嘘をついてしまいました。とっさに言ってしまいました。「みせて」と言われたのですが、理由をつけて誤魔化していました。「本当にできるの?」とメールがきて、そこから「嘘つきってばれたら嫌われる。居場所がなくなる」と不安にかられ、メールを無視し、いま学校を休んでいます。嫌われたくなくて、良い格好をしようとした結果、自分で勝手に苦しくなってしまいました。こんな奴をどう思いますか?これからどうしたらいいでしょうか。情けない悩みで申し訳ないです。

ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • JUN
    2016/12/15 02:54

    返信ありがとうございます。
    友達に許してもらえて仲直りできたんですね。それで安心できたという感じなんでしょうかね。良かったですね。私も嬉しいです。
    また、紙に自分の良いところや頑張ってきたことを書いてみたら少し自信が再認識できるようになってきたんですね。ちなみに、自分の良いところや頑張ったことをノートや付箋やスマホなどなんでもいいので、毎日見るようにするとその自信を維持しやすいと思います。周りの人はなかなか自分を褒めてくれないですよね。でもそれはみんなも同様なんですよね。だから自分の良いところは自分で褒めていくことが大事なんじゃないでしょうかね。同時に、自分のそういう魅力や価値があることを良い意味で自分の頭に刷り込んでいけると思います。一応そういった方法もあります。
    また何かあればコメントできますので、ご自由にどうぞ。

  • 退会したメンバー
    2016/12/14 19:51
    old
    ココトモメンバー
    トピック作成者

    本当にありがとうございました(涙)友人には許してもらえました(涙)謝るように背中をおしてださったJUNさんのおかげです!私はいままでどうせ私なんか…とマイナスでした。自分に価値がないと思っていました。ですが、紙に言われた通りかいてみたら何個か自分の良いところ、頑張ってきたところがうかびました。するとこんな自分も悪くないかなって不思議と少し思えました。これからも、良いところをみつけたら、上手くいったら、どんどん紙に書いていきたいとおもいました!!少しずつ自分に自身を持っていきたいと思います!いままで話しかけられるのを待ってたり「自分は価値がないし、話題がないから人と話せない」と思っていましたが、JUNさんに教えていただいたテクニックを使って自分から話題をふっていきたいと思います!!あいづちもやはり大切ですよね…!!興味が出たので色々調べて、悲観的になるんじゃなくて、自分のテクニックをもっと磨いて、自信にしていきたいと思います!JUNさんも同じ経験をされたんですね。本当に私の気持ちに寄り添って真剣に考えてくださってありがとうございました!相手に興味をもって、もっと自分から世界を広げていこうと前向きな気持ちになれました!!もう大丈夫です!!本当にありがとうございました!!!頑張ります!!

  • JUN
    2016/12/14 03:25

    返信ありがとうございます。
    新しい気付きがあったんですね。それで、少し前向きにもなってきたんですね。良かったですね。周りの人の話を聞いて自分なりに納得できる気付きがあれば取り入れて活用していく、そういう柔軟な考え方ができるって素晴らしいと思いますよ。柔軟な考え方ができると、周りの色々な出来事を活かして自分の成長につなげていけるので、今後の成長の期待ができます。unomiさんの魅力の一つなのかもしれません。
    それと、unomiさんの今後の人間関係の為に重要だと思うことについて少し話します。unomiさんは多分友達に合わせたりゴマをすらないと嫌われるかもしれないという不安がこれまであったんですよね。それはおそらくありのままの自分には価値があまりないという考えから来ているのではないでしょうか。もしそうだとすると「自分はある程度魅力的な価値ある人間だ」という「自信」を持つことが大事かもしれません。その為に、自分の良いところや頑張ってきたことを紙にたくさん書き出して自分の魅力や価値を再認識することで自信を高めていくという方法だったり、あるいは、なんでもいいので努力して小さい成功体験を積み重ねていくという方法が考えられます。そうすれば、段々と自信を持つことができるようになると思います。そして自信が持てるようになれば、友達に合わせないといけないという強迫的な考え方が弱くなり、ありのままの自分でも友達から好かれることができるんじゃないかという考えに変わっていき、実際にありのままの自分で接して友達から受け入れてもらうという経験を積み重ねていくことで、「ありのままの私でも人から好かれることができるんだ」ということをはっきりと確信を持って自覚できると思います。私もそういう経験をしてきたので、人と接するときは相手のことを尊重するものの迎合はせず、ありのままの自分でいることができています。
    また、円滑なコミュニケーションにはテクニックが色々とあります。それを知り、活用できると友達と仲良くなりやすくなると思います。たとえば、テクニックとしては、「傾聴」「キドニタチカケシ衣食住」「アイ・メッセージ」「DESC法」などがあります。「傾聴」は相手の話を聞くとき、あいづちしたり、相手の言葉を繰り返したり、相手の気持ちを確認したり、相手に興味を持って質問するテクニックです。雑談のとき、傾聴しているだけでもかなり上手くやりとりできます。「キドニタチカケシ衣食住」は雑談の話題についてまとめた頭文字です。気候・道楽・ニュース・旅・知人・家庭・健康・仕事・衣服・食事・住居のことです。キドニタチカケシ衣食住を使いながら、雑談すると沈黙になりにくいです。興味があれば「傾聴」「キドニタチカケシ衣食住」「アイ・メッセージ」「DESC法」などの詳しいところはネットや書籍で調べてみると良いと思います。
    以上unomiさんの今後の人間関係に役立ちそうな「自信」と「コミュニケーションテクニック」についての話をさせて頂きました。長文すみません。必要なことしか書いてないんですけどね(苦笑)
    どうでしょう?もう大丈夫そうですか?

  • 退会したメンバー
    2016/12/13 08:08
    old
    ココトモメンバー
    トピック作成者

    すみません、JUNさんにもう一言コメントさせてもらいたいです。相手に合わせすぎず、ありのままの自分で接していて、お互いに不要な嘘をつかないことは本当に良い友人の大大前提だとおもいました。本当にJUNさんからのコメントではっとすることばかりで、高校生にもなって情けないです。もっとありのままの自分で生きていこうと思いました。上手くコメントできなくて申し訳ないけれど、JUNさんの言葉に救われました。本当にありがとうございました!

  • 退会したメンバー
    2016/12/13 08:04
    old
    ココトモメンバー
    トピック作成者

    JUNさん、本当に本当に私の気持ちを汲み取って、思いやりのあるコメントありがとうございました。そうなんです、やっとできた友人に気にいられようとして、嘘をついてしまい、バレた時に嫌われると恐れていました。私は友人と仲良くなってからずっと「嘘の自分」をみせていました。本当は嫌なのに「とっても良いね!流石〇〇〇ちゃん!」ととにかく友人の御機嫌をとっていました。「頼み事断ったら仲良くしてもらえないかも」とか考えていました。しかし、本当の友人について改めて考えてみるとたしかにまず「嘘はつかない」のが前提だと思いました。本当におっしゃる通りで私も友人に嘘をつかれていたら悲しいです。私は自分がされて嫌なことを大切な友人にしてしまっていました。御機嫌とりよりも嘘をつかないことのほうが大切ですよね。JUNさんのコメントを読んではっとしました。友人を利用する気はいっさいなくむしろ「いつも一緒にいてくれるからなんでもしてあげたい!」と大切に大切にしたいと思っていました。そのことを伝えてみようと思います。心から反省しているので、心から謝りたいと思います。相性の良い人、悪い人という考え方はしたことがありませんでした。許してくれる人、許してくれない人、相性が関係してくる問題なんですね。私は友人と相性が悪かったらどうしようとずっと不安になっていました。しかしもし許してもらえなかったとしても、いろんな人と関わって、相性が良い友人をまたみつけたいと思いました。コメントを読みその友人しか私にはいないから嫌われたくないと思っていましたが、自分でいろんな人と関わって、友人をつくっていこうと前向きな気持ちにもなれました。まずは友人に心からの気持ちを話そうと思います。
    ずっと「この気持ちを誰かに聞いてもらいたい」と思っており、「ネットは少し怖いけど、掲示板にかいてみよう」とふと思い、昨夜初めてこういうものに書き込みしました。拙い文章なのに、ちゃんとJUNさんからコメントをいただき、感激しました。ココトモって凄く素敵な場所ですね。本当にありがとうございました!

  • JUN
    2016/12/13 02:53

    ようやくできた友達と仲良くなりたくて、持っていないものを持っているとか、できていないのにできていると言ったり、相手に自分を気に入ってもらう為の嘘をついてしまっていて、だけど自分では実現できないことがあっていつまでも嘘を突き通すことができないと感じるし、嘘だとバレたときに大切な友達を失ってしまう可能性を考えるととても不安を感じるということですよね。それで、ひとまず嘘がバレないように学校を休んで一時しのぎをしているということなんですよね。
    そもそもなんですが、良い友達って何なんでしょうね?相手に合わせて無理して付き合う友達って良い友達ですかね?そうではないですよね。嘘をついて偽物の自分を演じて疲れを感じながら付き合わないといけない友達って良い友達でしょうか?そうではないですよね。逆に、嘘をついてくる友達って良い友達ですか?そうではないですよね。
    良い友達っていうのは、相手に合わせ過ぎず、ありのままの自分で接していて、お互いに不要な嘘をつかない、そういう友達のことではないでしょうか。だから、良い友達を作りたいなら、相手に気に入ってもらう為の発言や行動は程々にして自分の都合や意見も多少優先する姿勢が大事ですよね。また、自分を特別良く見せようせず、自然体のありのままの自分で相手と接することが大事ですよね。また、嘘は相手を傷つけない為の相手を気遣った嘘程度にとどめることや、嘘がバレたときは心から謝ることが大事ですよね。
    それで、今回自分を良く見せようとして嘘をついたけれども嘘がバレそうなんですよね。嘘はついてしまったけれども、それはその友達がとても大切であり、もっと仲良くなりたいという気持ちからきた嘘なんですよね?別に相手を利用して、用が済んだら捨ててやろうとかそういう気持ちからくる嘘じゃないですよね?それだったら、その友達とただ仲良くなりたかったという自分の本当の気持ちと、嘘をついてしまった事実を伝えて、心から謝って、もう今後そういう嘘はつかないと友達に約束する。そうすれば、その友達が相性の良い友達なら、それだけ誠実に反省していて振る舞いを改めようとする姿勢を信じて、許してくれて、また友達としてやっていけるようになると思います。もし、その友達が相性の悪い友達なら、何を言っても仲直りはできないかもしれません。でも、誠実に反省している友達を見捨てるような友達は、unomiさんにとって良い友達ではないと思います。だから、そういう相性の悪い友達とは仲直りする必要はそもそもないんじゃないでしょうか。
    だから、どちらにしてもただ仲良くなりたかったという自分の本当の気持ちと、嘘をついてしまった事実を伝えて、心から謝って、もう今後そういう嘘はつかないと友達に約束することで、相性の良い友達なら仲直りできるし、相性の悪い友達なら早く縁を切ることができるんじゃないでしょうか。
    ちなみに、相性の悪い友達であってもunomiさんにとって貴重と感じるかもしれないですけど、相性の良い友達ってどこかにちゃんといるものです。多くの人と関わるようにしていれば、必ず本当に相性の良い友達に出会えるときが来ます。だから、相性の悪い友達なんかにunomiさんの貴重な時間を割かないで、相性の良い友達に出会うことに時間を使い、相性の良い友達と話したり遊ぶことに時間を使っていく方が断然良いんじゃないでしょうか。だから、相性の悪い友達を失う可能性におびえず、その友達と向き合ってみると良いのではないでしょうか。つまり、仲良くなりたかったという自分の本当の気持ちと、嘘をついてしまった事実を伝えて、心から謝って、もう今後そういう嘘はつかないと友達に約束する。
    以上のことをどう思いますか?

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP