子宮全摘しています。

1 366 KFR 6 ヶ月、 3 週間前

こんにちは。21歳の女子大生です。

私は元々生理痛がひどく、鎮痛剤を飲んでいても動けないほどでした。そんな中、一年ほど前から生理の出血量が増え、生理周期を過ぎても出血が止まらない、秋口になると血の塊が大量に出たり、2時間でタンポンと夜用のナプキンから血が溢れてスカートまで汚れるくらいで毎日かなりの貧血に苦しんでいました。

その前の年の冬から、持病(SLE)の薬の関係でピルの服用(生理痛が酷すぎて服用していました)をやめていたため、そのせいかと思い個人の婦人科を受診したところ、精密検査を勧められ日赤にかかりました。数回の検査やCT、経膣手術などをして、去年の12月に診断が出ました。手術は必須と言われました。

その結果、子宮内膜間質肉腫と判明し子宮と卵管を全摘しました。
手術中の迅速診断で決定し、麻酔から覚めると子宮がなくなっていました。

妊娠が不可能になったことに対しては、かなりショックでしたが手術から4ヶ月経っているので立ち直っていますし、この時代、(倫理的な問題はさて置き)子供を持つことは難しくないと思っています。私自身、確率は低い中でも移植や代理母など様々な手段を知り、諦めてはいません。

そんな中、つい1ヶ月ほど前に病気判明前から付き合っていた彼氏に振られました。大きな理由としては妊娠出来ないこと、と言われました。
私より4歳年上で社会人の彼だったので、同級生が結婚していく中で、彼も将来の事を考えているだろうなとは思っていましたし、いつかはそう言われる日が来てもおかしくないとも思っていました。
しかし、実際言われてみると思ったよりもつらくて、これからの私の人生を諦められた気がしました。そんな理由で振られるなら私は一生結婚出来ない、と遠回しに言われている気もしました。

私は手術をして、体調は本当に良くなりました。その点は後悔していません。しかし結果論ではありますが、浅はかだったのかなとも思います。

彼に関しては吹っ切れていますが、これからも付き合っていく自分の身体なので、女性としても自信を持ちたいです。母親にもなりたいです。でも事ある事にネガティブになってしまいます。
何か明確な解決策がある訳では無いと思いますが、私はこれからどうすればいいのでしょうか。

抽象的ですが、主治医や看護師さんの意見だけでなく、同じ女性方の意見を是非教えてください。

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 2018/05/23 10:43

    とても辛かったと思います。
    私も若い頃はキツくて、薬も体に合わなくて、本当に辛かったです。

    結婚して子供を産む為に生きている訳じゃないのに、そういう固い考えの人は多いですね。
    仰る通り、子供が欲しいと思うのなら養子だって良いと思います。

    結婚して、不妊に悩む女性は実はとても多いのです。
    それが原因で別れたり、体を酷使したり。

    女性は子供を産める体を授かりましたが、産むのが当たり前なんかではありません。
    私の友人でも、敢えて子供を作らないという選択をした夫婦がいますが、
    結婚して15年以上になりますが、今でもとても仲が良いですよ。

    その元彼のように固い頭の男性も女性も、残念ながら多いように思います。
    でも、あなたを一人の女性として、パートナーとして大切にしてくれる人もいますよ。
    そういうお相手と出会う為の、今回のお別れだったと思います。

    偏見のある人なんて何処にでもいます。
    でも、そんな意見など気にしないで、大切にしてくれる方とうーんと幸せになって下さい。
    ホルモンバランスが崩れやすいですから、どうぞお体大事にして下さいね。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/