尿取りパットのことを打ち明けたいです。

4 113 a8zgj2kc 3 週間、 1 日前

仕事中、車での移動が多い職務の関係で、お手洗いに行きにくいときが多いです。20代の頃は我慢をして、高速のSAや下道のコンビニに寄れたタイミングで済ませるのが苦ではありませんでした。30代に入り、我慢が苦しいと感じることも時々あるようになりました。そして34歳になった今年の春、肌寒い日の移動中、催した私は途中のSAでトイレに寄り、概ね間に合わせることはできたものの、少し我慢がうまくいかなかったため、思わずパンツを濡らしてしまいました。

それをきっかけに最近CMでも見かけるようになった男性用の尿取りパットを着けることを考えるようになり、選んだ上、CMで見かけるような薄手のものではなく、厚手で大判のものをパンツにしてみることにしました。もし我慢に失敗したら薄手のでは着けている意味がないので大判のものにしました。

最初は仕事中だけと考えていたのですが、慣れてくると、していることに安心感を覚えるようになり、休みの日も含めて毎日ブリーフに着けて生活しています。

そこで気になるのが、いつ、どんな話の切り口でこのパットをしていることを自分の恋人に打ち明けるかです。付き合って1年ほどの恋人で、かなり何事にも理解もある人ですが、どんなタイミングでこの話をしたらよいか、想像もつきません。何かアドバイスがほしくてここに投稿しました。よろしくお願いします。

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 2018/10/18 23:30

    大変なお仕事をされていますね。
    以前テレビでアナウンサーの方も実況中継などでトイレに行けないような場面では
    オムツをしていると言っていました。
    長時間のお仕事中に着用されるのは別におかしくないですし
    特に自分から打ち明ける必要も無いのかと思います。

    ただ、仕事中ではなく日常で利用されていると
    楽なようになってしまい、余計に機能が弱まるように思います。
    まだ34歳、そういったものに頼り切ってしまうには早いように思います。

    もし、私が恋人なら普段は着けないで貰いたいところです。
    多少驚かれ、引かれてしまう可能性もあります。

    今の恋人に打ち明けるのは、ちょっと待ってみて
    普段は着けないようにしてみてはどうでしょうか。

  • >普段は着けないようにしてみてはどうでしょうか。

    それが難しくて困っているところなんです。。

  • 2018/10/22 00:35

    まず貴方の気持ちを優先して考えると、
    着けたままでもいいんじゃないですか?
    「そういう夜」だけ外せる程度になれると理想的ですが。
    心療内科で相談などは…如何ですか?
    心理的な物なので泌尿器科ではなく心療内科だと思います。

    案外、彼女さんが受け入れてくれたら安心して取れるのかもしれませんね…。

    女性としては…私が彼女だったら「ご子息」が自分を今必要としているか知りたいので、
    なだらかだと少し寂しいです。。。
    お話するタイミングは一緒にTVを観たりしてリラックスした状況が聞きやすいかもですね。

  • >女性としては…私が彼女だったら「ご子息」が自分を今必要としているか知りたいので、
    なだらかだと少し寂しいです。。。

    白ブリーフとて、やっぱり男性器の膨らみを出していることって大事なのかな、と今改めて感じました。

    >お話するタイミングは一緒にTVを観たりしてリラックスした状況が聞きやすいかもですね。

    やっぱりデートっぽいタイミングではない方がいいですよね?

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/