後悔だらけ

4 3,003 退会したユーザー 4 年、 2 ヶ月前

私は多くのことに後悔しています
初っ端が高校で、私の高校は進学校で勉強をいっぱいしたのですが、今思うとなんでそんながんばったのかわかりません
むしろ今、クリエイターを目指してるのでもっと色々なことを経験していっぱいストックとして貯めてそれを作品に生かしたりしたかったです。高校で入った部活も後悔しています。運動部でしたがハードで、おまけに全然上手くなくて最悪でした。体力はつくからと思って頑張りましたが今ではもっとやりたいことをその時にしておくべきだったと常日頃思っています。
大学では美大なのでひたすら作品を作ります。ずっと頭にそのことがひっかかってて何をしていてもどこかで悩んでいます。作品作りのときも作品のことだけに集中できません。
むしろ経験が糧になる職業につくのに私は何をしているのでしょうか。。毎日辛いです。誰にも話したことないです(><)(><)助けてください……

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 2015/07/26 17:36
    退会したユーザー

    私も何でも後悔ばっかりしています。自分は本当に情けないし、ダメだなとよく思います。
    でも、後悔するってことはこれからの自分に役立てると考えてみてください。後悔したらそれで終わりなんかじゃないんです。だからまだやり直せます。

  • アサリさん、はじめまして。

    ユウスケと申します。

    今までの人生に後悔されてるんですね、でも人生において無駄な事って、何一つないと思います。

    クリエイターを目指すのも、今まで生きてきた経験から導き出されたと思いますし。

    社会に出て働くと、自分がやりたくない仕事も、やらないといけない時が必ずやってきます。

    アサリさんは高校時代、嫌でも頑張ってこられたわけじゃないですか。

    その経験が、クリエイターになられてからも、必ず役に立つと思います。

    アサリさんの言う経験や、やりたいことは、やろうと思えば、今からでも出来るはずです!

    いいクリエイターになるには、クリエイターになってから、色々苦労して乗り越えてからだと思います。

    今は、作品の勉強が出来るわけですから、少しでも、自分のプラスになるように頑張って下さい。

  • 2015/05/12 19:46
    退会したユーザー

    こんにちは。

    あとで振り返ると
    あの時、、
    って思うこと、ありますよね(^^)

    私もよく過去を思い出します。

    一つ思ったのは
    アサリさんがするべきだと思っている経験って何でしょうか?

    文章からは読み取れませんでした。
    ぜひ、こんな体験したら糧になる!!
    というものをお聞きしたいです(^^)

    学んでいる方もいらっしゃるでしょうから、
    今からどんな経験をしたら糧になるのか、
    沢山沢山出てくるといいですね(^^)

    今この時をいつも一生懸命できるアサリさんだからこそ、体験はきっと沢山たくさん出来ると思います(^^)

    同じ、学生時代です。
    社会人の私は、学校に通うつもりはもうありません。
    将来の自分に必要だと思ったら、また通うと思いますが(o^^o)

    今、体験して、新しい体験ができたことを糧に集中出来るといいですね(^o^)/

  • 2015/05/09 22:32
    退会したユーザー

    アサリさん。
    はじめまして、nanaと申します。
    今までの生活について、たくさん後悔をされているんですね。
    わたしも、小さい頃から、後悔を何度も経験してきました。
    中学時代はいじめられっこで、不登校になり、毎日学校で受けるような勉学ではなく、自分の趣味にしか時間を費やしませんでした。
    部活も、やめた決定打はいじめですが、朝練などで体力がきつくて持たなかった、というのも理由の一つでした。
    その為、高校受験の際には、不登校で部活も無所属だったことにより、行ける高校の選択肢がだいぶ狭まってしまい、志望校3つを選ぶだけでだいぶ苦労した覚えがあります。
    その時は、どんなに辛くても、通っていれば「普通の生活」ができたのにと、とても後悔しました。
    その後、専門的な分野しか学べない学科を選んでしまい、選んだ当初は「ここだけでも専門的な知識があれば就職にも有利だ、それにやりたいことは学生時代の今しかできない!」と思っていたのですが、実際就活時には、専門的な知識しかないことが仇となった会社もあり、その時も痛切に後悔しました。
    ですが、本当にたまたま、わたしの中学時代に没頭していた趣味と、ごくわずかの専門的な知識が生かせる会社に、それも第一志望の会社に入ることができたのです。
    その2つは、その会社に入るまで、ずっと後悔してきたことでした。アサリさんのように、「わたしは何をしてきたのだろう、大切な時間だったのに、なにをしているんだろう」と思ったことが何度もありました。
    でも、今、後悔していることでも、人生でいつか、本当に意外なところで、糧となることもあるのです。
    たとえば、高校時代に必死で勉学に励み、部活も辛くても続けられたアサリさんには、持久力が備わっていらっしゃると思います。
    それは、例えばクリエイターとして働かれる場合でも、良い結果がなかなか出なくても、思うように進まない時も、あの頃、あんなに頑張った、という糧になると思うのです。
    また、クリエイターは内容にもよりますが、案外体力勝負な場面もあると思います。
    そんな時、部活時代に必死で頑張っていらっしゃったアサリさんには、少なくともわたしよりはるかに体力があると思うのです。
    そして、今。経験が糧になるとおっしゃっているアサリさんですが、美大でその「経験」をつめるこの時間に、過去への後悔で、その経験できる大切な時間を削ってしまうのは、今後の「後悔」につながってしまうのではないでしょうか。
    後悔は、いつ、良かったと思える経験に変わるか、わからないと思うのです。
    だから、どうにかできる今のこの瞬間を、後悔しないように、アサリさんの考え方で、素敵な時間に変えていくのは、いかがでしょうか。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP