悩んでいます。県外に住む女性の友達

2 46 akkun 1 ヶ月前

今大変悩んでおります。県外(都会)に住む女性と共通の趣味のつながりでSNSで知り合いこの前一度、実際に会って遊んできました。その日は普通にその方の住む県を案内してもらい昼食を食べたり、観光スポットにいって、最後は夕食を食べて、自分が車で行っていたのでドライブして帰りました。
そして、また今度会う予定になったのですが、今度は電車で行こうと思っています。それもあって次の日自分が仕事が休みなのもあったので終電早いからゆっくりしたいしホテルに泊まると連絡したところ、私も次の日休みだから一緒に泊まると言ってきました。SNSで知り合ってまだ1度しか会ったこともなくお互いの事をそんなに知らないのに急にホテルに一緒に泊まるといわれた時には驚きました。
軽い女性なのかなとも思いますし、なによりやっぱり危険ですかね?もし、ホテルに泊まることになったとして、本当は彼氏がいて面倒なことになるのではないのかなど色々考えてしまっています。考えすぎなのでしょうか
遊ぶだけならまだしも2回目でホテルに一緒に泊まるなんてやめたほうがいいですかね?

関係ないかもしれませんが、他にもお昼のパートの仕事を8時間していると言ってるのにブランド物を財布、携帯カバー、バッグなどが全部ヴィトンやプラダなどの高級ブランド品であることなど気になる部分はたくさんありました。

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』リリース!
ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 2018/11/14 12:54

    言われているようにブランド物は格安で中古の可能性も高いですね。

    そういうものが好きだと言う人が苦手なら距離を縮めるのは止めた方が良いかもしれません。
    彼女は一回会っただけで気に入ったのだと思いますよ。
    それ以前に会話だけはしてきたのですから、既に好意があったのだと思います。
    ですから、ご自身がこのまま進むのに抵抗があるのであれば
    無理して一緒に出掛けるのは難しいのかなと思います。

    男性と女性がSNSで知り合って一対一で会うのですから
    お相手が意識していると考えるのはごく当たり前の事なのかもしれません。
    友人として、と思うのなら一緒の部屋はきちんと断る方が良いですね。

    軽いのかどうかはわかりませんが、そんなに軽薄な行動だとは思いませんよ。

  • 2018/11/14 08:01

    女性の方から一緒に泊まるという提案をしてくるのは、なかなかですね。

    もし伝えられそうであれば、
    「一緒に泊まるのが嫌なわけではないけれど、
    まだ会うのは2度目だし、もう少し様子をみても良いと思うよ^^泊まりは、また今度にしない?」など、できるだけ明るい感じでお断りしてみるのはどうでしょうか。

    持っているものがブランド品ばかりというのも
    それははたして本物でしょうか?
    もし、気分を害されたら申し訳ありませんm(_ _)m

    今は、かなり厳しくなっているという話しも聞きますが、偽物が出回っていて
    それが「偽物」とわかっていながら買う人が
    あとを立ちません。

    偽物でも、ある程度のお値段がするものもありますが、本物よりもはるかにお安く購入できますし、素人がパッと見ただけでは、本物と区別つかないものも多いです。

    もしくは、過去にお金があるときに購入したとか、本物を中古屋さんで比較的に安く購入したとか、頑張って貯金して買ったとか、色々なことが考えられますが、
    パートさんでも、ブランド品(偽物でも)を身につけられる方法はいくつかあるよ、ということです。
    学生さんなんかが持ってるのは、
    親からのプレゼントでなければ
    ほぼ偽物の物だと思います。

    参考にならなかったら、すみませんm(_ _)m

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

ただいま注目されているブログ

ココトモメンバー募集中!

◆誰かのための私になれる
ココトモは相談に訪れた方がやがてメンバーとして相談にのる立場になる、そんなふうに助け合える場所を目指しています。「誰かの力になれた」という経験が「自分の自信」にも繋がるので自信をつけたい方にもぜひ力を貸してもらえたらなと思います。「自分にできるかな…」という不安がある方にもバッチリのフォロー体制を整えています☆

▽メンバー募集ページはこちら
http://kokotomo.com/volunteer/