法律系の勉強仕方

1 725 退会したユーザー 4 年前

国家資格を取得する為に企業法、監査論の勉強をしています。法律系の勉強は初学者の為、学習方法が分かりません。詳しい方がいたら教えてください。よろしくお願いします。7

元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!

ココトモがつくるにフリースクール『Riz』(東京目黒区)は、不登校を経験した大学生スタッフが中心になり、中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

Riz公式サイトはこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • makiyan
    2015/08/21 19:03

    こんばんは,どんぐりさん。

    勉強されているのは,企業法,監査論ということなので,公認会計士等を目指されているのでしょうか。

    企業法は,商法,会社法,金融商品取引法の知識が,監査論は会計監査の知識が,試験では問われるのでしょう。

    前者は,いわゆる法学部の者が大学で学ぶ分野(ただし,金融商品取引法を学ぶ者は,極めて少数)ですが,後者は法学部の者が大学で学ぶ分野ではないと思います。そもそも,法律系の学問ではないと思います(ある程度,法律の知識が必要だとしても)。

    企業法で学ぶことは,前述のとおり商法,会社法,金融商品取引法ですが,その前提として,民法の基本的な知識,考え方を身に付けることが必要です。

    ひとことで言うと,契約自由の原則(私的自治の原則)と取引の安全の調整を図ることを意識して勉強して下さい。

    また,条文に慣れ親しむことも大切です。

    「この問題は,あの条文の,あの文言に関するものだな」と,すぐにわかるようになって下さいね。とは言っても,いきなり,そうなれるものではないので,今は,「条文は大切なんだな」と思っておくぐらいでいいです。

    どの学問でもそうででしょうが,法学では論理的な思考をし,それを文章にすることが求められます。とは言っても,そんなに難しいことではないのですけれども。「論理トレーニング101題 野矢 茂樹」などでトレーニングをしてもいいかもしれません。ただし,ほどほどに。

    法学系だけでなく,専門文野に進んだときに面食らうのが,その文野の独特な語彙及び言い回しだと思います。もう,これは馴れるしかしょうがないので,少しずつ,慣れて行って下さい。

    商法の適用範囲では,民法のそれに比べて,取引の安全にウエイトを置いて,利害の調整を図ることになります。

    会社法で学ぶのは,株主の意思の自由と債権者保護の調整です。

    金融商品取引法は,昔は証券取引法と言っていたのですが,私的自治と株式など金融商品の流通の公正・円滑化による投資者の保護の調整の視点が必要です。

    監査論については,素人的なことは言えますが,ここでのコメントは,差し控えさせていただきますね。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP