狡猾ないじめ

1 1,335 退会したユーザー 4 年、 4 ヶ月前

いじめが極悪です。学校も生徒も劣悪です。小中高ランクが最低、クラスの数も人数も少ない、校則が過酷ということが共通しています。

クラスの人数が少ないせいで下級生に協力してもらったり合唱するとき人数が少ない分大声で歌えと先生に言われます。合宿の費用も高額でした。

教科書を順番に読んでいって私の番になて呼ばれたけど少し手間取ってしまってそうしたら飛ばされて他人に読ませてその次を読まされました。それが嫌でした。

先生が何故か生徒の母親のことを話したり我々の体は機械で出来ている等と訳の分からないことをいいます。

O、I、Yの3人が性質が悪いです。この3人が私の人生に大きな影響を与えました。Oとはゲームのロボットの真似をして拳骨を繰り出したらOに命中してOと喧嘩になりました。Oは逃げて後を追いましたが追いつけませんでした。それからOはいじめてくるようになりました。

IとはOと逆です。土曜日に学校の催しの準備をしていて私が機材をふざけて覗いていたら転校生のIが急に話しかけてきて触ってきました。私はやり返してOと同様に喧嘩になりました。Iも逃げて追いかけたらGが来てIを庇う発言をしました。それからIはいじめしてくるようになりました。

Iと中学は一緒になってIが馴れ馴れしく呼んできたので手を上げたらIが私のクラスに押しかけてきていじめてきました。先生がそれを目撃してIを叱っていました。その後合宿へ泊まりにいくと私以外全員が極悪でした。傍若無人にやりたい放題やってました。夜中の3時まで騒いでいて寝るれませんでした。

最後の日にある生徒から突然水筒を渡されて持っていたらYと鉢合わせになってYがいきなり「俺の水筒盗んだんだろ!?」と言ってきて言い訳をしたらYは野糞と十数回連呼し続けました。それ以後Yに卒業までいじめられました。
Yのせいで部活を中止したりやりたくない仕事をやって後悔しました。中3最後のマラソンでYが圧倒的な余裕を見せ付けて私を抜き去っていきました。屈辱です。

中2の担任の生徒は猫を被っていて最初は優しかったけど修学旅行の出来事が起きてから豹変しました。卒業まで冷酷な態度は変わりませんでした。

中学と高校の時喋ったり文字を書いたりしたらいじめられました。英語で喋っても同様です。英語をいじめの道具に使います。英語のテキストの内容をそのまま言ったり、ビッグボイスを和訳させて小声なのを遠回しに責めます。後で調べたらラウドボイスが正しいことが分かりました。

英語を話したり書いたりすると英語の先生を呼んで訳させます。英会話すると周囲の人間が勝手に誤解して咎めます。

それらのせいで日本語と英語以外の言語を独学で学んで喋るようになりました。無論周りの人間には通じません。だから使ってます。

女子が私を毛嫌いします。小4の半ばにある女子が突然私から離れました。それを皮切りに殆どの女子が私から距離を置くようになりました。私が近づくと磁石の同じ極同士のように離れていきます。
私自身だけではなくて私の私物や私が一度でも手を触れた物も避けるようになりました。プリント回収の時自分達と私の間に他人のプリントを挟んだり私が掃除をした場所は私の陣地だと決め付けてそこには一切誰も近づきませんでした。
私が席に着こうとすると「すわんな」と言われました。毛嫌いする理由を聞いても存在自体が嫌とか無理な言い訳をしてきます。中学を卒業するまで続きました。

Dが厄介です。何かと言えば私の悪口を言ったり手を出したりしてきます。Dは執念深いです。やられたら必ずやり返します。私の言動に対して因縁を付けてきます。やられた以上に執拗にやり返してきます。

学校の先生は大半が冷酷です。特に特定の教科の先生は最低です。いじめが目の前で起こっても見て見ぬ振りをします。話を馬耳東風に聞き流します。頼れません。

いじめをなくすのは非常に困難です。実際は足が遅いのに異口同音で足が速いと言われます。某マラソン選手より速いと超大袈裟に言われます。
絵が幼稚園児並みの下手さなのにプロ並みだとやはり異口同音で言われます。正反対のことを言われ続けます。そのせいで自惚れて自慢して言い触らされたり
強制的に競走させられて敗北して軽蔑されます。別のいじめも引き起こします。

ちょっと体が触れただけで謝れと強要されます。詫びないといじめられます。その後も尚根に持ってます。執念深いです。1回や2回じゃなくて頻繁に起きます。
もううんざりします。

9教科の勉強が全く出来ません。数学ができません。一番得意な理科でさえ60点台です。100点取れません。100点を取ったことが一度もないです。一教科に搾れないです。全教科で100点を取るのは至難の業です。親に勉強に打ち込むよう鞭打たれます。勉強のことだけを頭に押し込まれます。常に好成績を修め続けるのは不可能に等しいです。生徒にも成績が低いことを揶揄されます。

それでも勉強のみを頭に叩き込まれます。勉強が出来ないせいで最低ランクの劣悪な学校へ行かされます。いじめや勉強の重要度がより一層加速されます。達筆で書けとか交流しろとか無理難題を押し付けます。農業系の学校へ行かされました。ある出来事のせいで飼育と栽培が大嫌いになりました。そのために農業の授業に抵抗がありました。真剣に取り組みませんでした。留年しました。
嫌です。

元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!

ココトモがつくるにフリースクール『Riz』(東京目黒区)は、不登校を経験した大学生スタッフが中心になり、中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒・スタッフどちらも募集中!

Riz公式サイトはこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • はじめまして。こんにちは。凱さんの相談が投稿されてから一週間以上経つというのに、未だにコメントが寄せられていませんね。世間の冷たさの縮図がこんな所にも表れるのだなあと、このトピックを発見してつくづく実感しました。みんな薄情で根性無しですね。

    さて、凱さんの相談ですが、私の回答の便宜上、大まかなポイントに区分させていただきますね。そして、かなり長くなります。でも、これだけの長文で投稿してくれた凱さんなら、きっと苦も無く最後まで読めるはずです。

    大まかなポイントとは、ざっとこんなものです。

    1.環境への不満。

    2.人間関係への不満。

    3.勉強への不満。

    ここで明確にしておきたいことは、凱さんの抱いている感情は「不安」ではなく「不満」であるということです。

    「うんざり」「嫌」

    これらの言葉を要所で使用していることから、凱さん自身も自覚しているかと思います。

    「不安」と「不満」は全くの別物なのですが、これは後に説明しますね。

    1の「環境への不満」。凱さんがこの不満を感じている原因はただ一つ。それは「学校という狭い世界が与える圧迫感」です。

    外と隔離されている学校という環境は、自ずと人間関係も閉じたものとなってしまいます。そこで波風立てずに生き残る為には、うまく、狡猾に立ち回る必要があります。

    そういった立ち回りには、人によって向き不向きがあり、ある種の才能も関わっていきます。凱さんは、どちらかといえばそれが苦手なタイプですが、負い目を感じる必要は全くありません。完璧な人間などいないのですから。

    そして、さすが良く分かっていらっしゃる、いじめは決して無くなりません。

    だからこそ、苦痛を感じずに生き延びることは人生の命題なのです。

    「学校の外の世界を見つける」

    こうしてみてはいかがでしょう。学校以外のコミュニティで生きるということです。

    地元のスポーツチームでも、ボランティアでも構いません。とにかく学校を自分の人生の全てにしないことです。

    学校の外の世界を発見してください。そして楽しんでください。それができれば、

    「学校はクソだ。でも○○があるから人生は楽しい」

    と思えるはずです。

    そして、学校と世界の狭さと下らなさを実感できるでしょう。

    ・・・大丈夫ですか?ついて来れていますか?ここで読むのに飽きてしまっているようでは、こんな辺境のサイトまで相談しにきた甲斐がありませんよ?

    2の「人間関係への不満」です。

    いやあ、クソ野郎ばっかりですね。嫌になっちゃいますね。これも、学校という檻の孕んでいる病理の一つです。

    では、こんな考え方はいかがでしょう?

    「地球に派遣調査に来た宇宙人の気分になること」

    ・・・別にふざけてはいませんよ?僕は大真面目です。

    簡単に言い換えます。周囲の人間を徹底的に見下して、面白がりましょう。

    OとIとYとDも女子たちも、愚かな地球人の末端に過ぎません。

    「へえ、この地球のナントカって学校にはこんなアホみたいな人間がいるんだ。あとでメモしよっと」

    最低ランクの学校なら、進学校以上に色んなヤツがいるでしょう。

    凱さんの相談文から一貫して伝わることですが、必要以上に深刻になっているような気がします。恐らく、根は真面目なのでしょう。

    辛いのは痛いほどわかります。悲観的に、下を向いてしまうのも当然です。

    しかし、辛いことを辛いと捉えてしまうことで、さらに自己暗示がかかり苦痛は一層増します。メンタルコントロールの一種ですが、困難を楽しめるようになるだけで人生はガラリと変わります。大丈夫。凱さんならきっと出来ます。

    それと、友達なんかいなくても問題ありません。要は、「自分が何を考え、どうするか」が重要なのですから。どうも学校の中にいると、友達がいなければ社会的に抹殺されてしまうと錯覚する傾向があるようです。みんな。

    さて、三つ目です。ここまで読めたのなら、文章アレルギーは持っていないようですね。安心しました。最後まで頑張りましょう。

    「勉強への不満」。ここでも凱さんの根の真面目さの側面が表れていますね。100点を取る必要なんて全くありません。「テストは100取れるように出来ている!」とバカ教師やバカ親は言いますが、ウソです。構造上は100点満点ですが、大抵の教師は100点を取られないように必ず引っかけ問題等を用意しています。浅はかですね。

    少し考えてみてください。

    「全てダメ」「全て中途半端」「ある部分ではダメだが、別の部分では優秀」

    この三つの内ならどれが一番印象が良いですか?

    はい、三つ目ですね。

    残酷ですが、勉強というものにも個々の才能があります。でも、それを言わない大人はもっと残酷ですし、汚いです。

    なので、全教科100点を取ろうだなんて考えなくていいです。80点で充分、それも全てでなくて大丈夫です。

    気のせいではない、明確な「得意」を見つけて、勉強に対する自信を身につけてください。

    極端に言ってしまいますが、はじめの内は数学で0点を取っても構いません。そのかわり、理科で80点を目指してください。60点取れたのなら、80点なんて余裕です。

    手応えを掴んで、「あっ、俺イケるわ!」と実感できるようになれば、100点を目指しても良いと思います。

    とにかく、最初からパーフェクトなんて求めないでください。「千里の道も一歩から」です。

    ・・・これは実質四つ目のポイントなのですが、今の凱さんがここまで苦しんでしまっている根本には、あなたのご両親の存在があります。

    もし「こんな親なんてクソだ!嫌だ!」と思っているのなら、「第二・第三の親」を見つけてください。

    これは、他の家の養子になれと言っているのではありません。

    「心の師匠」を見つけるということです。

    会ったことのない人でもアリです。

    小説家でも漫画家でもミュージシャンでも俳優でも映画監督でも構いません。

    歴史上の偉人でも、なんなら近所のおじさんでもいいです。

    誰でもいいから心から尊敬できる人を見つけて、その人の言葉を信じてください。そして教わってください。

    親の考えが絶対的に正しいことなんて絶対にありません。

    世の中には様々な考え方、価値観を持っている人がいます。

    それを知ってください。

    親の言うことには適当に相槌でも打って、心の師匠を信じてください。

    そうすれば、少しでもあなたの世界が広がります。

    ・・・最後になりますが、人生で大切なことは「自分の世界」です。他人に縛られ、苦しむなんて馬鹿らしいでしょう?自分は自分、他人は他人です。

    覚えていますか?最初のほうに書きましたが、凱さんの感じているものは「不安」ではなく「不満」です。

    「不安」ではないということは、あなたの気持ちはまだ負けていないということです。

    現状の逆境を跳ね除けられるポテンシャルを、凱さんは持っています。

    辛かったら、誰かに甘えてください。こんな人生の序盤で潰れてしまっては勿体ないです。留年くらい、もっと大人になった時には大したことなく思えるでしょう。

    ここまで僕は書いてきたものは、あくまで「提案」です。「正解」ではありません。

    もし僕の回答に何一つ納得が出来なかったとしても、それは凱さんがしっかりと自分の考えを持っているということです。

    自信を持って。

    凱さんだけの人生なのですから、凱さんだけの楽しみ方で生きてください。

    ここまで本当に長くなってしまいました。最後まで読んでいただけたのなら、それだけで本当に嬉しいです。

    ありがとうございました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP