生きる意味

39 732 derutamiru 6 日、 8 時間前

※2019年5月10日の投稿です。

今年で25歳になります、福岡在住の男性です。
とにかく何か吐き出しておかないと、自分自分でいられなくなりそうになったので、ここに投稿します。
はなからコメントを頂けるとも思ってませんし、おそらく運営の方が削除されると思いますので、ただのキチガイの独り言だと思って流して頂いて結構です。
かなりの長文になりますので、それでもよろしければどうかお読みください。

ここ最近、俺は一体何なのか分からなくなってきました。

生まれつき目の障害も持っていて、両目ともあまりよく見えていません。
ろくな家庭環境で育っては来ず、常に人の悪意に晒されて生きてきました。

小学生の頃、束縛、罰則、体罰、虐待といった劣悪な家庭環境に嫌気がさしていた俺は、悪い少年たちとつるんで色々な人に沢山の嫌がらせをしてきました。
まるでそれを娯楽のように感じていたんでしょうね。
人が傷つく姿を見てその時はスッキリしていたんです。

でも、段々とそんな自分が嫌になってきて、次第に誰とも関わらず、自分の世界に閉じこもってひたすら自由帳に創作で物語を書き綴っていました。
当時流行っていたゲームやアニメのキャラクターたちをそのままオリジナルの世界に引き込む、つまり二次創作のようなことをやっていました。
辛いことも、悲しいことも、その世界では自由にコントロールできるから、作者の自分自身もその世界に浸れば、もう何も怖くなかった。
そのはずでした。

しかし、自由の利かない毎日が苦痛で仕方なく感じていた数年後、小学5年生になったある日、俺は3階の教室のベランダからコンクリートを眺めていました。
物凄く距離が近く感じて、『このまま落ちたらあっという間かな』なんて考えて……
手すりを乗り越えてそのまま身を任せようとしたその時、おそらく生徒たちが呼んだのか、駆けつけた先生によって俺は取り押さえられました。
「なんでこんなことしたんや?!」って物凄い剣幕で怒られて、俺は吐き漏らしたんです。
「今の家庭が辛い」と。
先生は「ごめんな、そればっかりはどうにもしてやれん。けどな、死んだらあんたが一生懸命に書いてる自由帳も、書けへんくなるで? それでええんか?」と説得されて、俺はずっとその場で泣いていました。

それ以来、俺のことを気味悪がったのか、誰も俺に寄り付かなくなり、俺は孤独になりました。

やがて小学6年生になって、親が離婚して家庭環境が変わり、福岡に戻ってきてようやく自由になれたと思いましたが、その頃にはもう人とろくなコミュニケーションも取れなくなっていました。
でも、母と兄、祖父母と5人で暮らす生活は、とても温かいもので、その時は気にしていませんでした。貧乏ぐらしでしたが、不自由はなかった。

でも中学生に上がって、色々な人たちからいじめられるようになって、初めて人の痛みを知った俺は、小学生の頃の自分のやってきたことが恐ろしくなって、自分が憎くて憎くて仕方なくなってきました。
その人たちの顔と名前が鮮明に思い出され、その度に罪悪感に苛まれました。

色々な人からの罵詈雑言を浴びて、自分は要らない存在なのだと思い始めると、もうこのまま独りでいいと思うようになったんです。

大きな転機が訪れたのは高校生に上がった入学式の日です。
独りで帰路を歩こうとしていると、ある男子生徒が俺に話しかけてきました。
まるで小中学生みたいに無邪気で、明るい少年でした。
しかし、その人も俺と同じように生まれつきの障害を持っていました。足の障害です。

でも、彼と少しずつ話をしていくうちに段々仲良くなって、初めて友人に恵まれたと実感しました。
それからの毎日は楽しかったです。色々なところに遊びに行って、沢山の思い出を作りました。
でも、学年が上がるにつれて、俺は将来のことが不安になりました。
その時俺はすでに知っていたからです。
いかに今の社会がとても厳しく、冷酷なものであるかを。
弱肉強食で、お金や力を持っている人が優位に立てることを。
そして、この世のあらゆる不条理に屈した人は一気に社会から切り離されることを。
人は平気で嘘をつき、人を騙し、奪い合うことを。
色々なニュースや記事を見て、俺は知っていました。

だから怖かった。
このまま卒業したら、また独りになってしまうのかなって。
そして高校三年生から始まった就活に俺は失敗し、就職先を見つけられないまま高校を卒業しました。

次の転機が訪れたのはその翌月のことでした。
俺の祖母が自室で首吊り自殺をしました。
祖母もまた、足の障害で苦しんでいて、鬱になっていたそうです。
手術に失敗し、一生足の痛みに苛まれることや、誰もその苦しみを理解できなかったことに絶望した祖母は、遺書に『孫たちのことをよろしくお願いします』と残し、逝ってしまいました。
その時になって初めて、俺は祖母の自殺の動機を母から聞かされたんです。そして俺は手術に失敗した医師や祖母を厄介者扱いした人たちを恨むに恨みました。
どんなにお金や力を手にしていても、助けられない命があることを嘲笑いました。

時が経って、俺は学生の頃に通っていたゲームセンターの店員として働き始めました。
そこで先輩たちにとても親切にして頂きました。

でも、ある日祖父に食道癌が見つかり、祖父は入院することになってしまいました。
発見が遅く、年齢も年齢だったため、もう手術は出来ず、このまま死を待つのみとなっていたそうです。
俺たちは弱り果てていく祖父を最後のその瞬間まで看取りました。

それから俺は一生懸命考えました。
自分が今何が出来るのかを。
自分だからこそ出来ることが何なのかを。

『創作』をしようと願ったんです。
自分が何よりも力を発揮できたのは『創作』だったから。
『創作』だけでなく、歌や声劇の活動をしてみたいと思った。
それで誰かの力になれたらいいなと願って……

そこから数年間同人活動を続けて、卒業後も仲良くしていた例の友人とカラオケに行った日のことです。
友人のちょっとした行動によって、その友人が繋がっていたとある女性と俺は繋がることになりました。
それから友人とその女性と俺の三人で毎日のように通話して楽しく過ごしていました。
その女性はとある精神的な問題を抱えていましたが、俺と友人で支えつつ、関係を深めていきました。

しかし、ここ最近になって、その関係はがらりと変わることになりました。
友人とその女性が恋仲になり、ご家族と挨拶を交わしたそうです。

その時、俺の頭の中で色々な考えが走り始めました。
お世話になっていた先輩には子供が生まれ、この友人はついに心の底から愛し合える人を見つけて、周りの人たちはどんどん前に進んでいくのに、俺はいったい何をしているんだろうって。
好きな人も出来ず、創作活動も進展せず、ただ日常に甘えて……
家族や周りの人たちの負担になって……

また独りになるのが怖くて、俺はその友人とその彼女と何度も衝突して揉めました。
彼らは口を揃えて『俺のことを大事に思ってるよ』『嫌いになったりしないよ』と言ってくれますが、俺はそれを信じることが出来ないんです。
信じたくても何故かできないんです。
周りの人たちはいつも俺のことを邪険に思ってるんじゃないかとか、自分がいない方がみんなにとって幸せなんじゃないかとか、一度それが頭に出てくるともう溢れ出して止まらないんです。
昔からずっとそうでした。
常に悪いことばかりが頭に駆け巡って苦しむんです。
大好きなはずのその友人や彼女のことまで憎み始めている自分が怖くて怖くて仕方なかった。
なんでこんな卑屈な考え方しかできないんだろうと思うと、自分に対してイライライライラしてたまらなくなりました。
やがて仕事中にも胸の中でもやもやとした冷たい感じがするようになって、創作活動も出来なくなってしまいました。
仕事から帰ってシャワー浴びながら独り言を叫んで、ご飯を食べて寝る。
そんな日々をずっと送るようになりました。
突然気分が良くなったかと思うと急に憂鬱になったりして、いよいよ自分はおかしくなったのだと思いました。
今この瞬間でもイライラしてたまらないんです。
自分なんていなくなってしまえばよかったと思い始めて、昨日は職務中にスタッフが休憩でいなくなったタイミングを見計らって傍にあったカッターナイフで左手の甲を10数回ほど切りつけました。
その時初めて心の病で苦しむ人の気持ちが分かったような気がしました。

誰にも聞いてもらえず、理解して貰えないというのはとても辛く、寂しいことだって。

俺は人格に障害があるのでしょうね。
しかも被害妄想が強く、自虐的になりやすいタイプ。
異常者なんですよ、俺は。
だからきっと、独りになったんですね。
周りの人たちから見放されてるんです。友人もいずれ俺のことなど忘れて楽しく過ごすでしょう。
また俺は孤独になるんですよ。
家族? 家族が俺のことなど理解出来るはずもないでしょう。

「家が暗くなるからやめて」「たったそんなことで悩んでどうするの、馬鹿じゃないの」「まだこの年齢で情けない」

こんな言葉しか返せない人たちが傍にいても、生活上の支えにはなるでしょうが、根本的な解決に何一つなり得ません。
だから家の中にいても独りなんです。

友人は良いですね、苦労の末にその恋人と結ばれたわけですから。
今でさえも俺のことを嘲笑っているのでしょう。
「大事」だとか「大好き」だとか、本心でそんなことこれっぽっちも思ってないくせに。
見放したら良いんだよ俺のことなんか。
迷惑だと思ってるでしょうから。
所詮上っ面の言葉を並べ立てられても、信じられるわけがないじゃないですか。

結局俺はそういう人間なんです。何も変われないし、誰もこの苦しみから解放してくれる人はいないんです。
助けてほしい。
誰でもいいから、俺を楽にしてほしいんです。自分が自分でいられなくなった時、俺は自分に何をしてしまうのか想像したくない。
誰か助けてください。
俺はどうしたらこの呪いのように付き纏ってくる苦しみから解放されるんでしょう?
いつもいつも繰り返して、こんな風になってしまうんです。
もう嫌なんです。楽になりたいんです。
俺も本気で誰かのことを好きになってみたいんです。
その誰かと色んな思い出を積み上げて行きたいんです。
困難はあれど、色んな苦楽を共にしたいんです。
素直な自分でいたいんです。

だから、自分が自分であるうちにこのメッセージを残しておきます。
もしこの願いが誰かに届いたなら、どうかお願いします。
あなたが大事だと感じている人がいたら、その人を愛して幸せにしてあげてください。
こんな俺の真っ黒な文章を最後まで読んでくださったあなたは、きっと心優しい人だと信じています。
このトピックがいつまで存在するかは分かりませんが、この願いが、祈りが、誰かに届きますように。

※2019年5月17日より以下追加文章

友人たちに全てを打ち明けました。
自分自身に起こっていた異変について。
でもちゃんと友人たちのことを大事に想っていることを伝えました。
そして友人たちと何とか和解することができました。

自分の中で何が起こっているのかちゃんと確かめたい。
身近な人たちやこれから出会う人たちとちゃんと向き合うためには、自分自身についてもう一度しっかり確かめようと思います。

俺の本音はただ一つだけ。

『自分に出来ることを一つずつ一生懸命にこなして、誰かの力になりたい。誰かを幸せにして、自分も幸せになりたい。それこそが俺の明日を願う気持ちであり、いや、明日を信じる意志であり、俺の生きる意味』です。

もしも、『自分自身が不幸になりたがろう』としているのなら、俺は全力で否定します。
『幸せになりたいのだ』と。
沢山人を好きになって、ちゃんと明日を掴み取るのだと。
また暴走しそうになった時は、その都度吐き出すようにしようと思います。
抑え込もうとするのではなく、自分自身にもちゃんと寄り添おうと……

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

20件の投稿を表示中 - 1 - 20件目 (全39件中)
  • あまぐもさんへ

    コメントありがとうございます。
    はい、俺は信じ続けます。
    ふとした時に恐怖が込み上げてきたとしても、それは我慢せずに沢山吐き出して……
    無理のないようにまた一歩ずつ進んでいこうと思います。
    その中で、様々な縁と出会いたいですね。

  • 2019/05/20 19:05

    憎しみや葛藤、青ざめる様な急激な寒気、やり場の無い怒り。。
    読んでいてとても辛い思いが込み上げてきて、何度もため息をついてしまいました。。
    そして、ここまで読んでくれた人は優しい人だと言ってくれて、
    ありがとうと思い少し泣きそうになりました。
    辛い現在と過去が全て報われる日が来ると信じ続けてください。

  • kireihana
    2019/05/19 23:03

    derutamiruさん、今晩はっ。

    こちらこそ、私の話を最後まで読んでくださったことを心から感謝してるわっ、本当にありがとう〜(*´∀`*)

    >何をするにも『失敗』した時のことばかり考えて、自分を追い詰めていた。
    周りの視線や評価ばかりが気になって……

    うんうん、そうなのね。難しく考えてしまったりね、何かするにも失敗した時の事ばかり考えてしまったり、自分を追い詰めてしまったり、周りの視線や評価が気になってしまうのね。

    あのね、それでも「いい」のよ〜(*´▽`*)

    だって、ふとね、そんなことを考えてしまうのだものね。止めたくてもね止められないのだものね。勝手にね、ふと頭に浮かんでしまうことで怖くなっちゃったり、不安になっちゃったり、焦っちゃったり、イライラしちゃったりすることもあると思うの。

    それでもね、「いい」のよ〜。

    そうなった時は「うんうん、今は◯◯な気持ちになっちゃったんだね、分かってるよ。」って、自分の気持ちに自分自身が耳を傾けてあげて、まずは自分が自分の気持ちの「味方になってあげてほしい」の。

    素直に出てきた、あなたの中から溢れる気持ちに「今、こんな気持ちになってるんだね。うんうん、いいんだよ〜(´▽`*)」って頭を優しくナデナデしてあげてちょうだい。

    前回お伝えした「拗ねたあなた」はね、本当は他の誰よりも「あなた自身に、自分の気持ちを知って欲しいと思ってる」から。

    周りの人達がね、例えあなたの気持ちや考えが分からなくても「それでも、あなたの気持ちには素直でいてもいい」の。

    周りの人と違っても、それでいいのよ。

    君はそう思ってるんだね、俺は今、こんな気持ちなんだ〜。

    って、自分の気持ちを、ただ「伝えるだけ」でいいの。

    その後のことは「相手に任せるだけでいい」から、あなたは、その後も「優しく自分を大事にしてあげていい」の。

    そうすることでね、例えば相手が「自分と違った考えや気持ちだった」としても「それが、今、あなたの中から素直に出てきた気持ちなんだね〜」って、優しく理解してあげることができるようになるわ。

    自分と周りの人達が、気持ちが、考えが違ってても大丈夫。

    「それでも、どうせ俺は愛されてるし、受け入れてもらえてるし、幸せだから。だからもう大丈夫なんだ」と、実際に声に出して、この台詞をこれから何度も呟くことで、本当にあなたが愛されていて、受け入れてもらえていて、幸せなんだという「証拠が目の前にどんどんやってくる」からね。

    そうやって、拗ねた自分と本音の自分と「仲良くしていく」ことで、自分にはもちろん、徐々に他の人達とも仲良くしていけるようになるわ〜(´▽`*)

    >友人がいつも俺に問いかけていたのは、ちゃんと本音を聞かせてほしかったからなのですね。
    >今の俺がどういう状態になっているのか、友人は知った上でそばにいてくれていた。

    本音をね、相手に伝えることで、それでも傍にいてくれる人は「宝」よ〜(´▽`*)

    でね、もし逆に伝えることで離れていく人がいれば「それはそれでいい」のよ。

    その人にもね、その人の考え方や気持ちがあって、あなたにはあなたに合った考え方や気持ちがある。

    違うことで離れることがあっても、それはそれで良くて、相手も自分も「自由でいていい」のね。

    そうすることで、自然と素直になった自分に合った人間関係や世界に出会うことができるようになるのね。

    >『明日を信じる意志』を持って、自分にも、周りの誰かにも素直な気持ちになって、これから歩んでいきたいと思います。
    >だって幸せになりたいですからね。

    うんうん、大丈夫よ!

    でね、もちろん少し凹む話もするけど、これからも生きていく中でね「嫌なことがあったり、辛いこと、苦しいこともある」のよね(笑)

    でも、私達は「辛いことや、悲しいことや、苦しいことがあってもいい」の。

    それでも「嫌なことがあってもいいや、辛いことがあってもいいや、どうせ私達は、それでも幸せになっちゃうから(笑)」

    そう、私達はね、そんなことがあっても「幸せになれちゃう」の、それをね「信じる」の。

    それを信じるようになると、これが不思議なもんで…なんか、自然とうまくいくようになるのよね(笑)

    ハッキリ言うと、うまくいかんでも「うまくいっちゃってる」のよね(笑)

    これはね、口で説明するのが本当に難しいので、あなた自身が実際に体験して欲しいなーって思うわ。私が今、実際にそうなってるので(´▽`*)

    そしてね、人ってね…やっぱり忘れた頃には「不幸になりたがる」のよ(笑)

    私もそうなんだけどね、気づいた時には…不幸になりたがっちゃうのよねー!(´▽`)ハハッ!

    でね、何で不幸になりたがるかってぇと…「幸せだから」なのよ(爆)

    幸せってね「すんげぇ暇で、つまらない」のよ。

    だから、刺激を求める為に「不幸に身を置いて、刺激を求めちゃう」のよね。

    だから、元々ね私達は「幸せになれるように出来てる」のね。

    何もしなくても幸せなのに、幸せは暇で、つまらないから、不幸に身を置くことで刺激を求めて、ドキドキすることで「人生を楽しもう」とするのよね〜(^_^;)

    こういった考え方がね、私達の中には「もう出来上がっちゃって、癖になっちゃってる」から、忘れた頃にはスリルを楽しもうとしちゃうのよ。

    >月日が流れて、また困難に襲われた時、この時の自分の気持ち、そしてそれに一生懸命応えようとしてくださった方がいらっしゃったことを忘れないために。

    うんうん、↑でお話させていただいたように、忘れちゃうから(笑)忘れて不幸になって人生を楽しもうとしてる時は「こういったきっかけを作って、何度も修正しながら、人生を進むしかない」のよ〜(爆)

    何度も軌道修正をし続けることで、今までとは少しずつ違う場所に行けるようになるわ。

    不幸に身を置くことで、スリリングな人生の楽しみかたよりも「暇だけど、のんびりとした、優しく、まったりとした時間を楽しめる、そんな人生の楽しみかたもある」し、そっちの方が心と体に優しいかと思うので(笑)ぜひ、そちらの世界で楽しんでみてちょうだいね(´▽`*)

  • ひなぽかさんへ

    返信いただき、本当に感謝いたします。
    きっと俺は難しく考えているだけなのでしょうね。
    何をするにも『失敗』した時のことばかり考えて、自分を追い詰めていた。
    周りの視線や評価ばかりが気になって……

    本当の気持ちに素直になって良かったんですね。
    友人がいつも俺に問いかけていたのは、ちゃんと本音を聞かせてほしかったからなのですね。
    今の俺がどういう状態になっているのか、友人は知った上でそばにいてくれていた。

    『明日を信じる意志』を持って、自分にも、周りの誰かにも素直な気持ちになって、これから歩んでいきたいと思います。
    だって幸せになりたいですからね。

    このトピックやコメントはこのまま残しておこうと思います。
    月日が流れて、また困難に襲われた時、この時の自分の気持ち、そしてそれに一生懸命応えようとしてくださった方がいらっしゃったことを忘れないために。

  • kireihana
    2019/05/19 01:51

    derutamiruさん、今晩はっ。
    お返事が遅くなってごめんなさいね〜(;´Д`)

    >今こうしてコメントをしている自分は『本音の自分』なのでしょうか?
    >それともひなぽかさんの言う『拗ねた自分』なのでしょうか。

    私のお話が、derutamiruさんに分かりやすく伝わるように、前回は「本音の自分と拗ねた自分」と分けてお話したんだけど、どっちもね「あなた自身」なのよ〜(´▽`*)

    だからね、どちらの自分が「本当の自分で、どちらが偽物の自分でなのか?」という風に難しく考えなくてもいいのよ〜(笑)

    本音の自分も、拗ねた自分も、どちらも「derutamiruさん自身」なの。

    でね、拗ねた自分っていうのはね「どうせ俺なんか◯◯だし…」という風に拗ねることで「本来、自分が本当に思ってることや、本当にやりたいこととは、正反対のことを一生懸命に頑張ってしまう」のよね。

    自分が本当に思ってること、本当にやりたいこととは、正反対のことを頑張ってやってしまう…だから「心が疲れる」の。

    だって、言葉通り「正反対のこと=自分がやりたくないことをやってる」から、そりゃあ心が疲れて、どうすればいいのかも分からなくなっちゃうわよね(笑)

    だから、すごーーく大切なのは「どうせ俺なんか◯◯だから…」と「拗ねる前の本当の自分の気持ち」なの。

    どうして拗ねてしまったの?

    どうして自分のこと嫌いになっちゃったの?

    どうして自分のこと、消えてしまったほうがいいんじゃないかって思ったの?

    だって…。

    「どうせ俺のことなんか、誰も本気で愛してくれていないから…。」

    「どうせ俺なんか邪魔で、いなくなって欲しいって思われてるんだろうから…。」

    「どうせ俺のことなんか、誰も心配してくれてないから…。」

    「どうせ俺の話なんか、誰も聞いてくれないから…。」

    「どうせ俺のことなんか、誰もわかってくれないから…。」

    だから、皆にひどいことを言ったり、ひどいことをしちゃったんだ。

    本当は、すごくすごーーく怖くて、悲しくて、寂しかったんだ。

    怖いって言いたかった、やめてって怒りたかった、悲しいって叫びたかった、寂しいよって声に出して泣きたかった。

    俺は本当は、あの時、こう思ってたんだ。こうしたかったんだ。

    でも、それをやって怒られたんだ、嫌われたんだ、責められたんだ。

    だから、それが出来なくなってしまって、我慢して、堪えて、無理して、自分を強く見せるために、相手を攻撃して、弱い自分を責めてたんだ。

    本当は怖かったよね、悲しかったよね、悔しかったよね、寂しかったよね、怒りたかったんだよね。

    もう、いいんだよ。

    弱い自分を、これからは見せてもいいんだよ。

    怖いって思っていいよ。怖いから、もう止めてって言ってもいいよ。

    もう止めてって思ってもいいよ、もう止めてって怒ってもいいよ。

    悲しいって思ってもいいよ、悲しいって言ってもいいよ。

    寂しいって思ってもいいよ、寂しいって言ってもいいよ。

    だって、弱い自分を見せても「これから俺は、どうせ愛されるし、大事にされるから。」

    だからもう「どうせ俺なんか愛されてないんだ…」って、拗ねなくても大丈夫だよ。

    だって、俺、本当は「自分のことを、めっちゃ大好き」なんだもの(笑)

    だからこれからは、もっと自分のことを大事にしてもいいんだ〜(´▽`*)

    ってね、これからは自分に「言ってあげて」ちょうだい。

    怖いと思ったとき、悲しくなったとき、寂しくなったとき、嬉しいとき、楽しいとき、怒ったときは「こわーい!((( ;゚Д゚)))」「悲しいー!寂しいー!(TДT)」「嬉しいー!ひゃっほーい!(*>∀<*)」「楽しいー!(((o(*゚∀゚*)o)))」「怒ってるどー!(*゚ε´*)」って素直に感じて欲しいの。

    でね、それを他人にも否定されたとしても「いや、でも俺の気持ちは今こんな感じだし!否定されても、こんな気分になってるし!だから、ごめーーんね!(*>∀<*)テヘペロ♪」って、まずは「自分優先」になってちょうだい(笑)

    だって、自分の中から素直に出た気持ちや感情を否定されても「素直に出ちゃってるモンは仕方ない」もの(笑)

    否定されても、今、出ちゃってる素直なものだから、仕方ないがな、知らんがな。だって勝手に出ちゃったんだものって笑ってスルーしてちょうだい(笑)

    今まで、実際に拗ねてたあなたでも、あなたを大事に思ってくれる人は「間違いなくいて、あなたはそれに単純に気付かなかっただけ」なのだから。

    拗ねたあなたでも、愛されて、大事にされていたんだから「素直な、弱いあなたでも愛してくれる人は間違いなくいる」のよ。

    そんなあなたを助けたくて、大事にしたくて、守りたくて、愛したいと思う人もいるの。

    拗ねていれば、そんな素敵な人達に気付くことはできないけれど、拗ねたあなたも、拗ねる前のあなたも、あなた自身で、そんなあなた自身でも「こんな自分でも、良かったんだ!」と思えるようになれば、必ずあなたの周りの世界は、今とは「真逆の世界」になるはずよー。

  • ようやく精神が落ち着いてきた。
    体調も元に戻ったようだ。
    しかしこうして自分の文章を見返してみると……すごく荒れていたのだなと思う。

    『今ここにいる俺』は小学5年生の時、自殺を図った瞬間に生まれた自己防衛用の自分ではないかと思う。
    その時はまだ『本音の自分(おそらく本来の自分)』と『拗ねた自分?(自己防衛用の仮面としての自分)』と一つだった。
    段々自分自身で変化が分かるようになってきたのは、中学生の時に味わった酷いいじめ。
    その時に俺は『本音の自分』を『棄てた(あるいは隠した)』のだ。
    そこから三年に渡って『偽りの自分』として時を過ごし、例の友人と出会い、『本音の自分』を一時的に呼び戻した。
    しかし学年が上がるにつれて、『本音の自分』は再び活気をなくし、『偽りの自分』が表に出るようになっていった。
    最終的には祖母の事件によって、俺は完全に『本音の自分』を封印した。
    そしていつの間にか『偽りの自分』は無意識のうちに『本来の自分』に成り代わっていたのだろう。
    真っ黒な感情だと思っていたそれは、呪いだと言っていたそれは、『本音の自分』の叫び声だったのだろう……

    ずっと俺は『真っ黒な感情』だと思い込んでいた。幸せになれるはずがない、この世は敵だらけなんだと叫んでいるのはかつて捨てたはずの自分だとそう思っていた。しかし実際は逆で、『今ここにいる俺』こそが『呪いの根源』だったのだ。
    『本音の自分』が顔を出す度に苦しくなったのは、『俺』が無意識のうちに抑え込んできたから。
    他の人に助けを求めたのは『今ここにいる俺』ではなく、感情を爆発させた『本音の自分』……

    だが仮面としての自分がいなければ、間違いなく『俺自身』は壊れていただろう。
    それは『本音の自分』も分かっているはず。
    『本音の自分』がSOSとして作り出した仮面としての俺もまた、人並みの心を持ってしまった。しかしそれは万全ではなく、自分ではそこまで痛みを感じてないように見えても、『本音の自分』にとっては激痛だったと思う。

    仮面の役割として生まれた『俺』はやはり消えるべきなのか?
    『本音の自分』は『月明けになったら精神科に行きたい』と強く思っている。前に進みたいからと。
    では……『俺』はどうしたいのだろう?
    気付かぬうちにまた『本音の自分』の負担を増幅させてしまうくらいなら、『俺』はいなくなるべきではないのか?

    これから幸せになりたいと願っているのだから、もはや『俺』は必要ないのではないか。
    こんな仮面がなくても、『本音の自分』は上手くやっていけるのではないのか?

    きっと、そうではないのだろう。
    『仮面としての自分』も『本音の自分』も、二つで一つなのだ。
    それが『俺』という個性なのだというなら、それを信じればいい。
    月明けの精神科で何か言われたとしても、それを嘆く必要はないのだ。

    彼がよく口にしてくれていた。
    『どんなことがあろうと、お前はお前だよ』と。
    そういうことなのだろうな、きっと。

  • 2019/05/18 16:21

    大事なご友人とちゃんとお話しできて、本当に良かったですね。
    器の大きいご友人です。そんな友人を持てて幸せですね。

    本当に良かったです。

  • udo-greenさんへ

    本当にありがとうございます。
    さっき友人たちに全てを打ち明けました。
    このトピックでのやり取りのこと、自分自身に起こっていた異変のこと、『友人たちのことを大好きであり、大事であることには変わりはない』と。
    『どうか、これからもそばにいて欲しい』
    『必ず、自分に何が起こってるのかちゃんと確かめるから』と伝えました。

    彼らの返答は変わっていませんでした。
    『お前のどんな一面を見たってそれでお前と別れようだなんて思わないし、お前が言ってくれた「大好き」「一緒にいたい」って言葉があるから、俺は揺るぎなくそばに居るよ』と。

    手遅れになる前に、三人の絆を壊さずに済みました。
    もしこれ以上俺が暴走していたら、本当に取り返しのつかないことになるところでした。

    だから、本当に感謝しています。
    他にコメントを下さった方にも感謝しています。

  • 2019/05/17 22:35

    derutamiruさん

    穏やかになられたのは、ひなぽかさんのアドバイスもありますが
    ご自身が変わろうと努力を諦めなかったからだと思います。

    ご友人はご自分の意見(あなたが好きで大切に思っているという気持ち)を
    受け取って貰えなかった事を言われているんだと思います。
    でも、相手の話など聞く耳も持てないほど辛かったのですから
    それを素直に伝えられると良いのではないかと思います。
    ご友人も苦しいのだと思います。
    そこまで受け止められる程の余裕がなくなってきてしまったのかもしれませんね。
    少し向き合い方が変わってくるかもしれませんね。

    これから誰よりも幸せを噛み締めて貰いたいなと思います。
    みんなと分け合いたいって、素敵ですね。
    思いやりと優しさが溢れています。

    心を立て直すのには色んなやり方があると、巷では言われています。
    人の個性が皆違うように、立ち直り方も皆違います。
    何か信じたものが、上手くいかなくなっても
    ご自身が悪いのではなく、合わないだけです。

    私個人的には、derutamiruさんは病気ではないと思っています。
    心が少し病んでしまう事も、感受性が強いが故に感情が暴走してしまう事も
    個性であるのだと思っています。
    でも、ご自身が苦しいから何か治療をと、探されるのであれば
    無理して合わない治療を続けて心を磨り減らさないで欲しいなと思います。
    話を聞いてくれる信頼出来る先生とご縁があると良いなと思います。

  • udo-greenさんへ

    ありがとうございます。
    こうして呼びかけてくださる方がいるというだけで、ここまで安らかな気持ちになれるものなんですね。
    ずっといないものだって思ってました。
    話を聞いてくれる人、教えてくれる人なんて身近にいる誰かしかいないって。
    でも実際にこういった場所でも確かにいらしたのですね。
    あなたのように寄り添おうとしてくださる心優しい人が。
    友人は俺のことを『独りよがりだ』と言いました。
    『一方的で自己完結させている』と。

    その通りなのかもしれません。

    希望、あるのかな。
    これから俺は沢山の幸せを手に出来るでしょうか……
    手にできたらいいな……
    そしたらその幸せをみんなで山分けできるのにな……なんて。

    ひなぽかさんへ

    的確なコメントを頂けたなって思います。
    幸せになりたいと願う自分と、幸せになれるはずがないという自分。
    それが今ここにいる俺の姿なのだと思います。
    医学的にはどういう病名が考えられるんでしょうね……今こうしてコメントをしている自分は『本音の自分』なのでしょうか?
    それともひなぽかさんの言う『拗ねた自分』なのでしょうか。
    近々、ちゃんと精神科に行った方がいいのかなとは思っていますが、ひなぽかさんから見た意見を聞いてみたいです。
    一種の発達障害なのか、精神障害なのか……
    俺はちゃんと知りたいです。自分の正体をちゃんと知って、受け入れたい。
    そうしたら……今度こそ前に進めそうな気がします。

  • 2019/05/17 08:19

    derutamiruさん

    優しい返答をありがとうございます。
    私にとってderutamiruさんの叫びは、どこかでわかる気がするのです。

    こういう場所でお話しするのって、勇気がいると思うんです。
    それでも勇気を振り絞って投稿するのは、それ程に苦しいからなんだろうと思うのです。
    他に打ち明けられない切実な苦しさと向き合う辛さ痛みを、少なからず理解出来るつもりでいて
    昔の自分に話し掛けているような気持ちになる事があります。

    人を救えるなんて思っていないんです。
    でも見知らぬ人でも、誰かが話を聞いてくれたというだけで
    ギリギリの糸を繋ぎ留める事もあるのかと、ただそれだけの理由で
    こうしてお話しさせてもらう事があります。

    ギリギリでも良いんです。
    今は何も見えなくても、良いんです。
    生きていれば、希望が見える事だってあるんじゃないかって思っています。

  • kireihana
    2019/05/17 01:36

    (ごめんなさい、編集したらコメントが消えてしまったので
    もう一度投稿させてもらいました(;´Д`))

    derutamiruさん、今晩は(´▽`*)
    こちらこそ、お返事ありがとうー!

    >きっとそうなのだと思って俺は何度も進んで、また失敗しているのですよ。

    多分あなたは「失敗してはいけない、失敗することはダメなんだ」と、そして失敗した自分を「激しく責めてない」かしらっ?

    あのね、失敗しても「いい」のよ。何度も失敗してもいいし、失敗することはダメではないし、失敗する自分を責める必要はないのよ。

    責める変わりに「自分はよくチャレンジしたな、頑張ったな、偉かったな」と「頑張った自分を、優しく労う」ことが大事なの。

    実際にね、自分で色々と考えて、悩んで、試行錯誤しながら、すごーーく努力して、頑張ってこられたかと思うわ。

    でね、そんな中でも思うようにいかなくて、思うような反応が返ってこなくて、失敗したと考えることで、上手に出来なかったと、そんな自分を責めてきたんじゃない?

    そんな頑張ってきた自分に厳しくするのもいいけれど、たまには少しだけでも「労いの言葉をかけてあげてもいい」かと思うの。

    自分が頑張ったことは、あなた自身が一番よく分かってるんじゃないの?

    他人が思うような反応を返してくれなくても、誉めてくれなくても、それでも、あなたは「自分自身で、頑張った自分を労って誉めてあげてもいいんじゃない」のかしらっ?

    そしてね、こんな風に頑張った自分を誉めて、労いながら、何度も、諦めずに、やるしかないとしか、お伝えすることが、私にはできないの(^_^;)

    >人に復讐したくてたまらないという本音

    うん、これもね「あなたの拗ね」から来てるものではないかしらねっ?

    本音を言いたくても言えない、伝えられない、理解してもらえない、わかってもらえない、だから「同じ目に合わせることで、自分と同じ土俵にあげてやりたい」と「拗ねているだけ」なのではないかしらっ?(^_^;)

    復讐することで、同じ目に合わせてやりたい。そうすれば「他人が、俺の気持ちを理解できるはず」だから。

    そう、あなたは復讐したい訳ではなくて、自分の気持ちを「理解して欲しい、わかって欲しいだけ」なのよ(爆)

    そしてね、ここで気づいて欲しいのは、あなたは自分のことを…。

    ・どうせ俺なんか、本音を言ってはいけない、伝えてはいけない人間なんだ

    ・どうせ俺なんか、本音を言っても理解してもらえない人間なんだ

    ・どうせ俺なんか、本音を言っても分かってもらえない人間なんだ

    なんて思っていない?

    これは、私がderutamiruさんのお話を拝見したことで思ったことなので、あなたが自分のことを「どんな人間」なのかと考えているのかはわからないけれど、もし心の何処かでそう思っているのなら…。

    怖い話するけど、ほんとにその通りになるわよ?実際に、そうなってるかもしれないけれど(^_^;)

    だって、自分は「こんな人間なんだ」って思って信じちゃえば、そんな自分になっちゃうのは当たり前なのよ(笑)

    >俺だってほんとは分かってるんですよ。

    それだけでも、すごく大きな進歩だと思うわ〜〜!( ゚Д゚)b ナイスっ!!

    そこに気づくことに、すごく勇気もいただろうし、分かっているのに思うようにできないことで気持ちが焦ってしまったり、不安になってしまうことでね、落ち込んでしまったり、それこそね自分を責めてしまったりしたこともあったかと思うの。

    >俺が抱えている負の感情は間違いなく、かつて捨てた自分自身であると。それを俺は呪いと呼んでますけど、
    それが今でも俺を呪っているんです。

    うんうん、それを自分では「呪い」だと思っているのね。

    これもね、今は「自分のことを呪いたい、呪わないとやってられない、わかっちゃいるけどやめられない」と思うのであれば「それでも構わない」の(爆)

    きっとね、ここで私がどんなことを言っても、今のあなたには「届かない」と思うの。それは「あなたが拒否している」から。

    でね、拒否するのは、あなたが「まだ不幸になりたい」からなのよね(爆)

    そういった状態で「じゃあ幸せになろうぜ!」って言っても、それは酷な話だし、幸せになろう、既にもう幸せなんだと言っても、イライラしちゃうわよね(^_^;)

    だからね、まずは「あー!俺、すっげぇ不幸になりたぁーい!」って、口に出して言ってみて欲しいの。←(※実際に口に出して言うのが重要ね)

    「俺、この呪いを使って、これからもどんどん不幸になりたいし、不幸になるぞー!!」って「飽きるまで」実際に口に出して言ってみて。

    でね、ここで「この言葉を言うと、胸くそ悪くて腹が立つ」のであれば、それは「本音のあなたが、不幸になろうとしている拗ねたあなたに、胸くそ悪くなって腹が立ってる」のよ(笑)

    呪いを使って不幸になる?!バカいってんじゃねぇよ!ふざけんな!!俺は不幸になりたくなんかねぇんだよーーー!!(`皿´)

    って「本音のあなた」が「拗ねてるあなた」に「本気で怒ってる」ってことなのよ。

    うん、本音のあなたはね、本当は「幸せになりたい」のよ。本音のあなたは、幸せに対してすごく貪欲で、幸せになることで、自分も、他人も、幸せにしたいと、めちゃくちゃ意欲満々なのよー?(笑)

    でも、拗ねてる今のあなたは、それを受け入れたくない、認めたくない。だって自分の呪いで不幸になりたいから(爆)

    だから、本音のあなたは、拗ねたあなたじゃ「これじゃあ、どーにもならん!」と思って「他人に助けを求めてしまう」の。

    でも、ここで厄介なのが(笑)他人が本音のあなたを認めようとしてくれても、それを拗ねたあなたが認めずに、押さえつけようとするから、他人と衝突しちゃったり、そんなことをする自分を責めてしまうことで、自分でも「どうすればいいのか、分からなくなってしまう」のよね(^_^;)

    なので、今回の私へのお返事を拝見している限りだと…「本音のあなた」が「拗ねてるあなた」に対して「不幸になりたいわけねぇだろー!俺は幸せになりたいのー!(`皿´)」って叫んでるように見えたけど、どうかしらっ?(笑)

    あなたは本音を「二面性」といっているけれど、本音は「ひとつ」なのではないかしらねっ。

    拗ねたあなたも、本音のあなたも、本当は「自分が大好きで、そんな自分を、自分で認めて、受け入れて、大切にしたいだけ」だと思うの。

    でも、拗ねたあなたが自分の本音を認めたくない、受け入れたくない、そんな自分は許せないことで「二面性をもってる」と表現することで、言い分けてるだけなのかもしれないわよぉ〜。

    拗ねたあなたが、本音のあなた「過去に捨てたあなた」を、受け入れることができない、受け入れることができない、認めることが、今はまだできていないだけ。

    それは「過去のあなた」が、特定の人達から思うように受け入れてもらえなかったことで、とても悲しくて、寂しくて、辛くて、苦しい思いをしたことで、そんな自分は人から受け入れてもらえない、認めてもらえないからダメなんだと、ほんとは捨てられないのに押し込めてしまったことで、現在深く傷ついてしまったから。

    素直な自分を、本音を表現したことで、ある特定の人から自分が思っていた反応とは違うものが返ってきてしまったことで、そんな自分を「ダメな自分」として考えて欲しいのはしまって、押さえ込んで捨ててしまったでしょうね。

    あれ?何で僕はこんなに怒られなきゃいけないの?責められなきゃいけないの?僕は何か悪いことをしたの?どうしよう、どうしよう…。

    おかしいな?何で?どうして?何か僕は悪いことをしたのかな?

    そんな怖い顔しないで、怒鳴らないで、ごめんなさい、ごめんなさい、もうこんなことしないから、こんなこと言わないから、だから、僕のことを嫌わないで、見捨てないで。

    過去に何処かで、こんな風に悲しくて、寂しくて、辛くて、苦しい思いをしたことで、自分が悪いんだと激しく責めて、自分を押さえ込んできたと思うの。

    そして今も本音の自分が顔を出す度に、拗ねたあなたが自分を険しい顔で怒鳴って、怒って、消えろ、いなくなれ、そんな自分は嫌いだと罵って、自分を奮い立たせてきたと思うの。

    自分が嫌いな自分を、呪いを、今は消せなくてもいい。

    人のアドバイスを、今は素直に聞くことができなくてもいいのよ。

    あなたには、あなたに合った「幸せになれるタイミングがある」から。

    今は、まだその準備をしているだけであって、幸せになれるきっかけや方法は分かるけれど、それを実行に移せなくても今はいいのよ。

    今はね、なかなか自分のことが受け入れられない、人の話を受け入れることができなくてもいいわ。

    少しずつ、不幸になることに、呪いにかかっていることに飽きてきたら、幸せになることにも興味を持ってみてもいいかもしれないわよ(´▽`*)

    私が、あなたにお伝えできるのは、ここまでだけれども、最後まで私の話を読んでくれて本当にありがとう〜。

    あなたが、不幸になることを、早く諦めてくれることを祈ってるわね!

  • ひなぽかさんへ

    すごいですねあなたって。
    まさかそこまで読み解くことができるなんて。
    頭おかしいヤツと思われるかもしれませんが、正直にここに書き記しますね。

    『今ここにいる俺(あなたと話している俺)』は、きっと『本来願った自分の姿』なのでしょう。そして暴走した自分は『かつての自分』です。
    よく独りになると会話したものですよ。
    『かつての自分』は『今ここにいる俺』を飲み込もうとしています。
    なぜなら、『今ここにいる俺』は外からの攻撃や苦しみから守るために生まれた存在だから。
    人から攻撃を受ける度に『今ここにいる俺』が前に出て、その苦しみを『かつての自分』に押し付けた。
    喜怒哀楽その全ての感情を捨てて(おそらく一部は残ったか?)ずっと痛みに耐えた。
    しかし、『かつての自分』はその痛みに耐えきれず、憎悪を膨らませたのでしょうね。
    だから毎度怒るんです。

    『ふざけんな、何で俺がこんな目に合ってるのにお前だけ幸せになろうとするんだよ? 俺は周りからクズ呼ばわりされて、散々嫌がらせを受けてきただろうが。今さら人を信じるとか言うなよ。絶対にゆるさないからな』と。

    でも『今ここにいる俺』は彼に対してこう告げました。
    『もう解放してくれ。これ以上誰かを憎むのも、傷つけるのも嫌だ』と。
    その瞬間『かつての自分』は嘲笑いましたよ。
    『それならもっと苦しめ』と。
    表に出ていなくても、それが無意識の拒絶反応として現れていたのかもしれない。
    『今ここにいる俺』に復讐しようとしている。

    『かつての自分』は何を望んでいるのでしょう?
    『今ここにいる俺』は、彼に何をしてあげたら良いのでしょう?

    それとも、逆なのでしょうか。
    『今ここにいる俺』というのが『かつての自分』で、『かつての自分』と言っているのが『今ここにいる俺』なのでしょうか。

  • 幸せになりたいのは間違いない。
    沢山の人を憎んだけども、今でも憎いことには変わりないけれど、沢山の人に幸せになってほしい。
    俺自身もまた幸せになりたい。
    俺はどんな人間なのか、俺にも分からない。
    誰かの負担になりたくないし、誰かを傷つけたくもない。
    何が正解で何が不正解なのか分からない。

    俺はいてもいなくても変わらない存在なのではないかと思う。
    無力だし、何も役にも立てない……

    でも『明日を願う気持ち』だけは、どんなことがあっても手放してない……
    今でもまだ、心の片隅で疼いてる。

    『自分に出来ることを一つずつ、一生懸命にこなして、誰かの力になりたい、誰かを笑顔にしたい。それこそが明日を願う気持ちであり、俺の目指すべき未来、生きる意味』だと……

    でも力が出ない。
    また真っ黒な感情に押さえつけられてしまう……
    前に進みたい。生きたい。足掻いて足掻いて、その先にある未来を掴み取りたいのに……
    自分が情けないからこんなことになるのか……
    もう一度立ち上がらないといけないのに……まだ、やるべきことが沢山あるのに……

  • ひなぽかさんへ

    コメントありがとうございます。
    えぇ、きっとその通りでしょうね。
    あなたとまったく似たようなことをかつて誰かも言っていました。
    『考え方』がどうのとか、『自分次第』だとか、それも誰かが言っていました。
    きっとそうなのだと思って俺は何度も進んで、また失敗しているのですよ。

    積み上げてきたものが大きいから、何とかしたくてもどうにもならないのですよ。
    知ってますよそんなこと。
    『考え方』がおかしいことくらいもうとっくに分かってるんですよ。
    本音?
    俺の本音は二つですよ。

    人に復讐したくてたまらないという本音と、人を本気で好きになりたいという二面性を持った本音です。
    そのどちらも事実だから、こんな風になってるんですよ。

    俺だってほんとは分かってるんですよ。
    俺が抱えている負の感情は間違いなく、かつて捨てた自分自身であると。それを俺は呪いと呼んでますけど、
    それが今でも俺を呪っているんです。
    これから俺は幸せになっていいはずなんでしょうね。でも、なれないんですよ。
    その呪いが今でも顔を出しては邪魔をしてくるんですよ。
    だから結局、俺は何度も何度も繰り返しているんです。

    じゃあ教えてください。
    どうやったら俺はこの呪いから解放されるのですか?
    どうすれば楽になれると言うのですか?

  • kireihana
    2019/05/16 23:02

    derutamiruさん、初めまして(´▽`*)
    derutamiruさんのお話、拝見しました。

    >結局俺はそういう人間なんです。

    derutamiruさん、まず最初にお伝えしたいのは、実は、あなたのこの「考え方」が「あなたの回りの世界を作っている」のよ〜。

    何故かというとね、derutamiruさん自身が「自分が、そういう人間になりたい」と「実は思っている」からなの。

    自分は「そういう人間なんだ」と、きっとね「信じてしまっている」から「そういう人間になる為に、証拠集めをして、そういう人間になんだと自分に言い聞かせている」のではないかしらっ。

    でも…今ね、すごく苦しいんだよね?
    すごく辛いんだよね?

    自分は「そんな人間なんだ」って、そんな自分を「自分だと信じてきた」はずなのに、なんで今、すごーく心が辛いんだろうね?

    それはね、きっと「derutamiruさんが本音を隠してる」からだと思うのよね。

    心のどこかで、もしかしたら「本音を言えば、相手に嫌われるかも、怒られるかも、呆れらるかも、見捨てられるかも…。」

    ってか、そもそも本音なんか「言っても聞いてもらえないかも…。」といった気持ちも、抱えてるかもしれないわよね。

    そしてね、その本音っていうのはね…。

    子供のように「寂しいよ〜」「悲しいよ〜」「構ってよ〜」「話を聞いてよ〜」「優しくしてよ〜」「誉めてよ〜」といった「人に隠してきた気持ち」なの。

    子供の頃にね、そんな本音を出したことで回りの人(←これはね、きっと「ある特定の人達だけ」だと思う(爆))の反応が思っていたのと違ったことで、derutamiruさんは「すごーく傷ついてしまった」と思うのよね(TДT)

    そんな経験をしたことで…「僕は本音を言ってはダメな子なんだ…。」と「あなた自身が、そう決めつけてしまった」かと思うわ。

    本音を出す→思うような反応が返ってこなかったことで、深く傷ついてしまった(※ある特定の人のみ)→じゃあ他の人の前で本音を出しても同じなんでしょ?→じゃあ、もういいよ!俺は「そういう人間だから、じゃあ本音なんか出さない方がいいんでしょ?!もういいもんね!皆、大嫌いだ!この世の中は、嫌なことばっかりだ!(*゚ε´*)プーンダ!!」→あれ?でも、なんか心が…すごーく苦しくて辛いよ…→俺、そんな人間なハズなのに…なんかよく分からなくなってきたよ〜!どうすればいいの〜?!(´;д;`)

    って状態が「今のderutamiruさん」なのかもしれないわ〜。

    周りの人達から怒られないように、責められないように、今日まで「本音を隠すことで自分を守ってきた」かと思うのだけと…それがもう「限界を迎えてる」から、今すごく辛くて苦しくなってるかと思うの。

    でね「じゃあどうすればいいの?」ってことなんだけど…。

    derutamiruさんにとっては「最高に怖いこと」だと思うのだけど「本音を、諦めずに何度も出す」ことなの。

    そして、それを出すことを「自分で許してあげる」ことを「何度も、諦めずに、繰り返す」ことしかできなくて「derutamiruさんにしか出来ないこと」なの。

    これはね「心の訓練」であって、何度も繰り返して練習するしかないのね。

    そうすることで、少しずつだけど「derutamiruさんの周りの世界が変わる」わよ。

    あなたは自分のことを「どんな人間だと思っている」のか。

    そして、そんな人間だと思い込んでいる、信じてしまっている自分が、そんな人間になる為に「証拠集めをすることで、今の世界を作り上げてしまっている」こと。

    そんな自分だと思い込んで、信じてしまったのは「ある特定の人達前で、本音を出したことで思うような反応が返ってこなかったことで、悲しくて寂しい思いをした」ことから「本音を出してはいけない」と「自分で決めつけてしまった」から。

    そしてね、これだけは、ハッキリ言えるのだけど…。

    >俺も本気で誰かのことを好きになってみたいんです。

    あなたのことを、本気で心配してくれていて、あなたのことを「好き」だと思ってくれている人は「ちゃんといる」のよ?(´▽`*)

    >その誰かと色んな思い出を積み上げて行きたいんです。

    あなたとね「色んな思い出を積み上げていきたい」と思ってくれている人は「ちゃんといる」のよ〜?(´▽`*)

    >困難はあれど、色んな苦楽を共にしたいんです。

    あなたとね、人生の苦楽を共に過ごしたいと思う人はね「ちゃーんといる」んだってばよ!(笑)

    >素直な自分でいたいんです。

    今の「(*゚ε´*)プーンダ!!」って「拗ねてる自分」だと「そういった人達が現れても、あなたが拗ねてるから、はねのけてしまう」のよ(笑)

    だってあなたは、自分のことを「そういう人間だから」って「決めつけて、信じてる」から。

    あなたが「そういう人間」なのに「あなたのことを好きで、思い出を作りたくて、苦楽を共にしたくて、楽しく過ごしたくて、一緒にいたい」と思ってくれている人が現れても、あなたは「自分が決めつけて信じている自分ではなくなってしまうから、離れた方がいいんだ!」と「拗ねてはねのけてしまう」の。

    そう、今のあなたは自分を「自分で、ガンガンに不幸にしたがってるだけ」なのよ〜(笑)

    こちらの掲示板では、あなたの話を真剣に読んでくれて、あなたの力になりたいと思ってくれているけれど、あなたは自分でも気付かないうちに「不幸になりたいと思ってる」から「幸せにならないように、幸せになれる方法をはねのけている」のね〜(^_^;)

    あなたはね「もう、幸せになってもいい人間」なのよ。

    不幸になりたいのであれば、これからも「拗ねて、はねのけてもいい」けれど、それでもね、残念だけど「あなたは幸せになれちゃう人間」なのよ(笑)

    だって、もうすでに、ここの掲示板だけでも「あなたの力になりたい、幸せになってほしいと手を差しのべてくれる人はいる」のだから(爆)

    不幸になりたいのに残念だよねー。それでも、そんなあなたを幸せにしたいといった人達が現れちゃうのよねー。イライラしちゃうわよねー?はねのけたくなっちゃうわよねー?愚痴や文句言って、きつく当たりたくなっちゃうわよねー?(笑)

    「幸せになれるチャンス」は、こんな風に「何度も訪れてるハズ」なのに、あなた自身が「俺は不幸な自分が自分なんだってばー!俺は幸せになっちゃダメな奴なのー!(*゚ε´*)プンスコ!!」と、勝手に決めつけて、はねのけているから「本当は幸せになっちゃう人なのに、敢えて不幸な自分を選んでしまっている」のよー?

    この世はね、あなたを幸せにしたくてたまらない出来事や、そんな人達がたくさんいるのよ。というか、もう「幸せになっちゃう人」なの。(笑)

    今のあなたは、そこに単純に「気づいていないだけ」なのよ〜。

    だからね、自分はもう幸せにならないように、イライラしてまで、苦しくなってまで「拗ねて、頑張って不幸になろうとする」ことは、さっさと諦めてちょうだい〜(´▽`*)ウフフッ

  • udo-greenさんへ

    どうしてそこまで一生懸命になってくださるのですか。
    会ったこともなければ、話したこともない関係なのに……あなた様は何度も返信してくださっています。
    響いてますよ、何度だって。
    あなた様の暖かい言葉が何度も何度も響いて……

    でもそれ以上に払拭できないのですよ。
    自分が大きくしてしまった真っ黒な感情には勝てないのです。
    今は少し落ち着いています。
    おそらく友人たちの心を壊してしまった罪悪感で身体に不調をきたしているためでしょうね。
    それ以上暴走する前に、こういう形で止めたのでしょう。
    体のおもだるさと、頭がぼーっとするのが続いている状態です。
    でも、これが落ち着いてくるとまた暴走してしまうかもしれない。
    もう繰り返すしかないのかな……

    でも……聞いてくださる方がいるのはある意味幸せなのかもしれませんね。
    あなた様の仰る通りなのかもしれない。
    いつか、解放される日が来るでしょうか……
    この真っ黒な感情に苦しめられる日々から。

  • 2019/05/16 21:56

    また私がコメントしていいのか迷いましたが、、

    本当に辛いときは聞く耳なんて持てないですよね。
    それで良いと思います。
    私もウダウダ書きましたが、何一つ響くような言葉が見つからなくって、ごめんなさい。

    でも、吐き出したい事は幾らでも吐き出し続けて良いんですよ。

    少し長く生きて来ると、そういう何もかもを攻撃してしまう事や、誰も信じられないような経験の一つや二つはあるものです。
    私も20代の頃は毎日いつ死のうかと考える事が多かったです。
    それでも、今でも大変だと思う事もありますが、生きてて良かったと思えるような事もありました。

    自分の殻にこもるのが必要な時期ってあるのかなって思います。それでもきっとまた人と関わりたくなるんだと思います。
    思い詰め過ぎないで欲しいと思います。
    誰も責める事なんて出来ない、そんなに強くて立派な人ばかりじゃないと思います。

  • 分からない。
    どうすることが正しいのかもう何も分からない。
    思い返せば、色んなことがあったと思う。
    良い思い出は確かにあったけれど、それ以上に人の醜さばかり見てきたからなあ……

    そういう連中には絶対になりたくないって思って一生懸命に頑張ってきたけど、結局何もできなかった。
    まさか自分自身が、人を不幸にする化け物になってしまったなんてね。
    どこかの哲学者も言ってたな。
    『怪物と戦うなら、自分も怪物にならないように気をつけろ』と。

    人を信じず、人を憎むことを続けたせいで、もはや友人家族にですら恐れを抱くようになってしまった。
    また色々な人から責め立てられて、今度こそ俺は終わるだろう。

    そろそろ運営もこのトピックに目を付け始めた頃だろうし、危険人物だと判断すればこのトピックも閉鎖される。
    友人たちを追い詰めた罪を俺は償わなければならない。友人は理解していても、その恋人はもう限界だろう。

    出会わなければ良かったんだ。
    その恋人さんと繋がってさえなければ、密な関係になっていなければ、ここまで苦しい想いをさせることはなかったんだ。
    全部俺のせいだ。

    色々な方がこうしてコメントをくださっているのに、俺は何一つ変わろうとしていない。
    それどころか、どのコメントに対しても否定的だ。
    要するに俺は『聞く耳』を持っていないんだ。
    だからこんなことになったんだ。

    一人になると毎日のように死ぬことを考えて、色々な後悔を思い出して泣いています。
    こんなイカれた自分になってしまったことをずっと嘆いています。
    今でさえも、このままだと真っ黒な感情に押し潰されてしまいそうで怖いから、また誰かのコメントを期待してここに吐き漏らしてるんです。

    人生に奇跡なんてものはそうそう起こりうることではありません。

    友人と出会えたのは『たまたま』です。
    彼が話しかけてくれたから、俺は辛うじてこの年齢まで生きてこれた。
    その恋人さんと繋がれたのは『彼の絆』によるものです。
    決して俺が引き寄せたわけじゃない。

    そして俺が引き寄せてしまったのはいつだって『破滅』なんです。
    これまで何度も繋がりを破壊してきました。
    結局俺がその人たちを信じることが出来なかったから。
    だから一方的になってあらぬことを考えてそれを相手にぶつけて終わらせてしまった。
    今回だって終わらせようとしている。

    いや、彼らだけじゃない、このココトモでの関係でさえも、俺は終わらせようとしているのですよ。
    またこうして過ちを繰り返していくんですね、俺は。
    もうこんなの疲れた。

  • 2019/05/15 10:06

    在り来たりな事しか言えないのですが、
    ご友人にとってderutamiruさんは大事な人なんですよ。
    それはお互い大事に思っている。自分より相手が大事なんですね。
    きっとご友人はこれからもderutamiruさんを責める事は無いのでしょうね。

    ご友人みたいな人に出会えるのって奇跡です。
    それを引き寄せたderutamiruさんは、これからだって奇跡のような
    出来事が待っているんじゃないかって思うんです。

    大事な関係だから、壊れるのが怖くて、これでもかって壊そうとしてしまった。
    それは、そんなに大事なものを見つけた証でもあるのかと思うんです。
    自分でも、自分の暴走を止めたいって思っているのですから
    何度でもまた止めれば良いんです。
    ご友人が許してくれているのなら、ご自身も自分を許しても良いのではないでしょうか。
    それ以上自分を責めるのは、ご友人を苦しめるだけだと思います。

    本当に在り来たりな事しか言えませんが
    大丈夫、時が解決してくれる事もあるし、絶対成長出来る筈です。
    今度はderutamiruさんがしっかりして、ご友人を支える事だって出来るんです。
    ぶつかり合って、それでもまた繋がって、凄く深い関係だから出来る事です。
    そんな深い関係を築けた自分をもっと認めてあげても良いのかと思います。

    病院はご自身が必要だと思うなら、動かれても良いと思います。
    先生でも人ですから、理解してくれない事もあります。
    不信感を持つようなら納得行くまで探されてみると良いと思います。

20件の投稿を表示中 - 1 - 20件目 (全39件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP