sissy

空いた穴が大きすぎて

1 108 sissy 8 ヶ月、 2 週間前

私は昔、マメな人でした。
人や物に細かく気を配って、趣味に関してはオタク気質があるほどでした。情報を集めたり、好きな物をとことん追ったりする度に色んな発見があって、もっと愛おしくなって、もっと好きになって、もっと深みにハマっていく。
そんな日々を送っていました。

ところが鬱になってからは、見るかげもないほど、趣味も仕事も人間関係も何もかもが億劫になり、怖いくらい興味・関心がなくなり、ほとんど手つかずで、日々の暮らしはなんだか空っぽのスカスカで、色がなくなってしまいました。

音楽やゲームが大好きだったのですが、それらを追い求めたりのめり込んだりすることを辞めてしまって数年が経ち、それらと私との間が大きく開いてしまいました。

中には、解散や引退をしてしまったアーティストもいました。
あんんなに大好きだったのに、失ってからその気持ちを思い出し、改めてその尊さを感じました。
でも遅すぎました。
あまりにもショックで、自分を相当責めました。
もうその光景を観ることは叶いません。
ありがとうを伝えることもできません。
ごめんなさいを伝えることもできません。
さようならを伝えることもできません。

そういう経験から、追いかけて穴を埋めることが辛くなってしまいました。
今から追いかけても、また間に合わないんじゃないか、既に手の届かないところにまで行ってしまっている気がして、果てしなく遠く感じてしまうのです。

まぁ、趣味だし、難しく考えてもしょうがない。それでもいいから、好きなものは好きなまま追いかけよう。
自分のペースで楽しもう。愛そう。
そう気楽に考えるようになった矢先、今また、失いそうなものがあり、ああ、また届かないのか…とまたショックを受けました。

何より、サボっていた期間、彼らはどう過ごしていたんだろう。
今思えば(そして関係者も言っていた)、人気が停滞しかねない危ない時期だったようで、そんな大変な時期になんで応援してあげなかったんだろう。
エゴかもしれませんが、なんだか罪悪感を感じてしまいました。
ごめんなさい……また改めて……って思っていたら、無期限の活動休止発表。

またあの時の喪失感の再来か…。

それでも「『ファンはこうあるべき』なんてものはない」「自分のペースでいい」「あなたはあなたらしくいてくれればいい」と言っていて、泣きました。
こんな私でも受け入れてくれるのかな、そうだったら嬉しい、ありがとう。という気持ちと、今まで支えになれなくて、今更戻ってきてごめんなさい。という気持ちが入り交じり、もう!ほんと!自分がムカつくうう!!
なんでいつも、失うときになって気づくんだろう!?遅いんだよ!!てか、自分だけいい思いさせてもらっておいて何のお礼もしないとか、すごく失礼なんじゃない?!何考えてんの?!アホなの?!!もうほんとこんな自分がいやでたまりません…。

せめて今追いかけているものだけでも、大切にしたいです…。
今から想いを返していくのは正直かなり大変ですが、ファンとして責任を持って愛し抜くつもりです。
そして戻ってくるのをちゃんと待ち続ける所存です。今度こそね。

誰にも言えていなかった私の人生最大の恥でして、どこに吐き出したらいいのか、吐き出してなんになるのかわかりませんが、すみません、ここにかかせていただきました。
私の長い懺悔です。

ばかやろう!!!!!

あなたのチャレンジを支援する無料コミュニティ開始!

ココトモの提供する無料コミュニティ『Cree』では、みんなでお互いの目標や取り組みをグループチャットで共有したり、みんなで一緒にサービスを作ってみたり、繋がりをつうじてあなたのチャレンジを支援します。一歩を踏み出したいかのご参加をお待ちしています!

Creeの詳細はこちら
ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • nakisuna
    2019/09/17 14:01

    sissyさん、

    私も20年以上うつ病生活していると、できていたこともたくさん
    できなくなり、人に対して返せていたものも返せなくなりました。
    失ったことも多かったですが、そこで見つけられたこともありました。

    失ったからわかることってあるんです。失うまでは空気みたいに
    普通に身近にあったのに、なくなった瞬間に息ができなくなるくらい
    苦しいんです。当たり前の大切さに気付いていなかったんですよね。

    あなたが自責の念にかられる気持ちも分かります。
    それは、あなたが責任感の強い人だから。
    しかし、人は万能ではありません。
    できないものはできないのです。

    病気を抱えた身でできることを考えながらやっていくしか
    ないんですね。
    あなたがファンのアーティストも、ファンが頑張ればどうにか
    なるというわけでもないのです。
    誰が何をしようと、結局はアーティスト自身が自分たちの進む道
    を選んでいくわけです。ファンはそれを見守ってあげれば
    いいと思うのです。

    私は病気になってから、できないことを数えるのではなくて、
    できることに目を向けるようになりました。
    今日はこれができればOKだ、とか。そうしたら毎日自分に失望
    しなくていいですから、自分を褒めてあげられます。
    そういう生き方もいいですよ。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP