結婚式の写真撮影の後悔

1 47 agubuta 4 ヶ月、 2 週間前

下らない悩みかもしれませんが、お許し下さい。
先日結婚2年目で結婚式をしました、1歳半の子供がいる主婦です。現在2人目妊娠6ヶ月です。

挙式はおおむね満足のいくものだったのですが、進 行で一点、私のイメージと大きく違う部分があり、そのときはショックを受けました。挙式後の、天気が良く急遽決まったガーデン写真撮影でも、気持ちを切り替えなきゃと思うものの、気になって心ここにあらず状態でした。

夫が、「走ってみる?(走ってるところ撮ってもらう?)」と軽い感じで私に言いました。いつもだと「うん、撮ってもらおう」と私もそれに乗るのでしょうが、「冗談なのかな」と真剣に取り合いませんでした。挙式でのことを引きずっていて、気持ちが切り替えられていなかったのも正直なところです。また、その日の気温は約32℃と、子供の体調が気になってもいましたし、私自身も「暑いな、長時間は厳しいな」と思っていました。

昨日、くだけた感じの写真が撮れなかったな…と思い返して、「走って撮りたかった?」と軽い気持ちで夫に聞いてみると、「うん、撮りたかった」と…。以前沖縄でのビーチフォトでも走って撮影しているため、今回もやりたかったそうです。それでも夫は、「まぁあれはあれで良かったんじゃない」と言ってくれていますが、夫が「~したかった」と言うのはそもそも珍しいです。あまりそのようなことを言わないのに珍しいねと言ったら、「まぁああいう機会だからね」と…。

後悔しています。
なんで夫の希望をもっときちんと聞いてあげなかったのか、なんで自分の気持ちをさっさと切り替えられなかったのか…。

もうビーチフォトも撮っているため、これが最後の機会だったと思います。もう今後、落ち着いた家族写真は撮れても、2人そんなイキイキとした写真を撮ることはないと思います。まして走ってるところを撮影なんて、プロのカメラマンさんがいるこんな機会でないと無理ですよね。

下らない悩みに思えるかもしれませんが、本当に後悔しています。読みにくい文章で申し訳ありません…。
いつまでも後悔しているわけにもいかないので、気持ちの持ちようを教えて下さい。

ココトモ認定「webカウンセラー資格」講座スタート!

ココトモが主催するwebカウンセラー資格講座は、日常生活からカウンセリングにまで使える相談スキルを3ヶ月で学べるオンライン講座です。講座修了者には全国どこでも使える「webカウンセラー」の資格が発行されます!

資格講座の詳細はこちら
ココトモ企画「webエンジニア養成スクール」スタート!

このたびココトモは、社会参加を応援する団体「ばなうた」さんとコラボしてWEBエンジニア養成スクールを開講!未経験&知識ゼロの方が、週1日×6ヵ月以内にwebエンジニアとして独立または就職することを目指すスクールです。講師はココトモ代表のゾノが務めます。

スクールの詳細はこちら

コメント一覧

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • Kukka
    2019/06/01 18:54

    こんにちは。
    まずは、式が大きなアクシデントに見舞われる事なく済んで良かったです。
    お子さんがいる中、準備を進めていたのですから、お二人にとってとても意味と意義のある大切なものである事に違いはないと思います。
    だからこそ、式の進行に対しても思い入れが深いのかなと感じますし、それを下らないとは私は思わないし、思えません。

    写真はその瞬間を映し出すもの。二度と同じ瞬間は撮れないかもしれません。ですが、イキイキした瞬間というのは、写真撮影だけに限った事ではないと思いますよ。旦那さまの希望に添えなかった事に関しての心残りは、これからの生活に活かす事ができます。切り替えや、相手の気持ちをできる限りしっかり聞いて考える事は、旦那さまや、これから大きくなるお子さんに対しても必要ですし、それを繰り返して生活していく事になります。

    写真に関して言えば、今は色んな希望に応えてくれるフォトグラファーさんもいらっしゃるので、ご家族のこれからの記念日に何かに挑戦する事も選択としてあっても良いと思います。
    これからだって沢山の思い出ができるのですから、その時間、瞬間を思う存分楽しんでみてはどうでしょう?自分を叱責するのではなく、次に活かすチャレンジとして捉えられれば良いのではないでしょうか?

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

ココトモメンバー募集中!

ページTOP